旅々台北.com
台北日和 2005年5月2日
ドイツ生まれのヘルシーパン 馬可先生

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 医食同源という言葉に代表されるように、台湾では食べて健康になろうという伝統が息づいています。それはなにも中華料理だけではありません。天然素材にこだわったヘルシーなドイツパン作りにひとすじなのが、こちら馬可先生です。

 日本に比べるとまだまだ「ふんわり真っ白の柔らか〜いパンこそがうまい」と信じる人が多い台湾では、対極にあるようなドイツパンにお目にかかれる機会は少なかったのですが、ここ最近のヘルシーブームの波にのり、ドイツパンも注目をあびるようになってきました。台湾でドイツパンの先駆者として有名な「馬可先生」は、店長夫妻がドイツのパン職人「Mr.Mark(馬可先生)」に教わったドイツ伝統のヘルシーパンを提供するお店。1998年に台南に一号店をオープンさせて以来、今では台湾全土に15の直営店を持つまでに大きくなりました。

 この馬可先生のパンの特徴はなんといっても、その素材。有機栽培された雑穀を使い、カナダから直輸入された上質のオリーブオイルとメイプルシロップを使っているのが最大のポイントです。 砂糖は使わず、甘味はこのメイプルシロップとドライフルーツやナッツの自然の甘さのみ

優格香橙雑糧麺包

起士核桃司
。厳選された五穀麦を使用したパン生地は噛むほどに、旨みがじんわりとでてきます。ズラリと並ぶパン達はどれも茶色で、手にもつとずっしりと中につまったドライフルーツやナッツ類の重さが感じられます。パン以外にも、クッキーやタルトなどのスイーツ類もあるのですが、やはりここはパンがオススメ。

 イチオシは、ヨーグルトチーズとオレンジピールの爽やかさが穀物たっぷりの黒パンにマッチした「優格香橙雑糧麺包:NT$110」。みっちりと入ったヨーグルトチーズとオレンジピールの酸味がクセになりそうな味わいです。チーズとクルミが入った「起士核桃司:NT$110」や、ちょっと変わったところでヨーグルトとアズキの「優格紅豆雑糧麺包:NT$110」も人気だそう。お値段も食パンサイズは大体NT$100前後、小粒タイプはNT$30とお手ごろ価格。台北で最大の「重慶店」では、テーブルと椅子が置いてあるコーナーもありますので、買って即食べてみたい!という方にオススメです。ちなみに自家製胚芽ミルクや蜂蜜酢なんていう健康ドリンクも販売していますので、こちらもご一緒にぜひ試してみてくださいね。

【馬可先生麺包坊(重慶店)】
住所:台北市重慶北路三段300號
電話:(02)2597-6515
営業時間:月〜土/7:30-22:30
定休日:日曜日、旧正月、端午節、中秋節
HP:http://www.mrmark.com.tw/

[バックナンバー]