旅々台北.com
台北日和 2005年2月22日
狗々多多的家DoDo COZY HOME

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 日本全国の犬好きの皆様、大変長らくお待たせいたしました。台湾猫カフェブームを作り出したと自負する旅々台北がおくる、台湾犬カフェ情報です。もう、本当にかわいいんですから。思いっきり戯れちゃってください。

 ということで、取材を終えてもいまだに興奮覚めやらない記者ですが、ひとまず心を落ち着けてレポートいたします。

 おすすめの犬カフェは、士林の閑静な住宅エリア、緑豊かな芝山公園そばにあり、オレンジと緑色に塗り分けられたお洒落な外観の建物は、周囲のゆったりとした雰囲気にもマッチ。いやがうえにも期待は膨らみます・・・。ではお店に入ってみましょう。

 ドアを開けると、外観とイメージを統一しながらも、さらにナチュラルテイストを加味した温かなインテリア・・・。などと見回している間もなく、駆け寄ってきた3匹のレトリーバーたちに取り囲まれてしまいます。白いラブラドールの多多(ドォドォ)、ゴールデンで女の子の妹妹(メーメイ)と男の子の牛牛(ニョウニョウ)。

 3匹共手入れが行き届いていて、犬臭さというのはほとんど感じられませんし、しつけもきちんと出来ているとみえ、遊んで遊んでぇ〜とスリ寄っては来ますが、飛び付いてくることもなければ、食べ物に手を出すこともありません。ほどよい人懐っこさと礼儀をわきまえている、といった感じでしょうか。

 元フライトアテンダントのオーナーが多多を飼いはじめた約4年前頃は、まだ台湾ではラブラドールのような大型犬は少なく、散歩に連れて行ってもみんながびっくりするか怖がるかだったそう。それで、もっとたくさんの人にラブラドールやゴールデンレトリーバーの魅力を知ってもらいと思ったのが、このお店を始めるきっかけだとか。

 ワンコたちと戯れながらお話を聞いている間にも、平日だというのにカップルや親子連れが次々とやって来ます。そう、このお店は子ども連れでもOK(年齢制限なし)ですし、ワンコたちが嫌がらなければ、撫でようが抱きしめようが(実際、同行女性スタッフは牛牛に思いっきり抱きついてました・・・)問題なし。はっきり言って、犬好きにはまさにパラダイスです。

 ちなみにおすすめメニューは「新鮮蘋果桔花茶」(アップルと金柑のフレッシュジュース):NT$220-。こちらのドリンク類は、ゆっくり犬たちと遊んでねというオーナーの心配りから、ホットもアイスもすべて驚きのビッグサイズになっています。もちろんランチメニューもありますよ(ランチセット:NT$340-)。

 取材日は残念ながら小雨模様でしたが、お天気がよければ3Fのオープンテラスで、芝山公園の緑を楽しみながら、ワンコたちとくつろぎの一時を・・・ああ・・・また行きたい(笑)。

※2006年1月よりゴールデンレトリーバーの女の子パンプキンも仲間入りしました。

【狗々多多的家DoDo COZY HOME】
住所:台北市士林区雨聲街203-1號
電話:(02)8866-1946
営業時間:12:00〜22:30
定休日:不定期
交通:MRT芝山駅からタクシーで約5分
日本語:×(確認はしていませんが、オーナーは元フライトアテンダントですから英語はOKではないかと)

※おまけ:「台湾の犬たち」
http://www.tabitabi-taipei.com/more/2005/0217/index.html

※「狗々多多的家DoDo COZY HOME」は、2007年4月1日をもって閉店 します。

多多(ドォドォ)
妹妹(メーメイ)
牛牛(ニョウニョウ)
 

[バックナンバー]