旅々台北.com
台北日和 2004年11月26日
北投区運動中心

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 観光やビジネスで台湾に長期滞在しているけれど、ホテルのスポーツ施設じゃ物足りない!ってな方にもオススメなのが、本日ご紹介する「北投区運動中心」。スポーツマンとして有名な馬英九・台北市長のおかげか、最近の市営スポーツセンターの充実ぶりはすごいんです。

 って、ほんとに馬市長の意向かどうかは分かりませんが、このところ台北市の市民用スポーツ施設の充実振りには目を見張るものがあるのは事実。市内の河川敷を中心としたサイクリングコースの整備をはじめ、市民向けの近代的な施設満載のスポーツセンターも建設されつつあります。本日ご紹介する「北投区運動中心」は、2004年6月に台北市とYMCAが共にオープンした市民向けの公営スポーツセンターで、もちろん観光客も利用可能なのです。

 半円状になっている立派なエントランスから中に入ると、そこには広々としたロビーとカウンター、さらにモスバーガーがあります。スポーツセンターの施設を利用する際には、はじめにこのカウンターで、チケットを購入してくださいね。さて、気になる設備ですが、地下1階から最上階の5階まで、バスケットボールコート、スカッシュコート、バドミントンコート、ジム(NT$50/1回)、ダンススタジオ、卓球台、多目的ホールとその広々とした立地を最大限に利用した施設が満載です。その中でも目玉?!といえるのが、2階から4階までの吹き抜け空間を利用した大規模なロッククライミング施設(大人:NT$150)と、台湾では数少ない50メートルプール完備の室内プール施設(大人:NT$110)ではないでしょうか。なんでも北投温泉で知られるこのエリアは、高齢者人口もちょいと高めだということで、プールエリアにはジャグジーやサウナ、スチームなどの設備もばっちり完備。ダンススタジオでは、ヨガ教室やエアロビクス、太極拳などのクラスも開催されています。ここまで充実した設備が整っていると、きっと元気なおじいちゃんやおばあちゃんでいっぱいになること間違いなしですね。

 それらのスポーツ施設のほかに、児童用プレイルームや会議室、図書閲覧室や囲碁スペースまであるのが微笑ましいところ。もちろん更衣室やシャワールームなどもそろっています。こんなに充実した設備が、お手ごろ価格で利用できるなんて!まさに長期滞在者にオススメのスポットでしたよ。

【台北市北投区運動中心】
住所:台北市北投区石牌路一段39巷100號
電話:(02)2820-2880
開放時間:6:00〜22:00
HP:http://www.btsc.com.tw
交通:MRT石牌駅から徒歩約15分

[バックナンバー]