旅々台北.com
台北日和 2004年10月4日
周杰倫(JAY)無與倫比コンサート速報!

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 2004年10月2日、台湾が世界に誇るビッグ・アーティスト周杰倫(JAY)のコンサートが2年ぶりに開催されました!今回旅々台北は、日本のメディアとしては初の公式プレスカードをゲット。

 旅々台北をごらんの方には、すでにお馴染み?!のJAY。2年前のコンサートからすでに「葉惠美」と「七里香」の2枚のアルバムがリリースされていたのですが、中国ではコンサートツアーをやっているというのに、なかなか台湾では開催してくれないJAY。特に今年の8月に最新アルバム「七里香」が発売されてからは、台湾でも早くコンサートを!との声が高まっていたのでした。かくいう記者も熱望していたその一人。

 コンサート当日は、前日に引き続きあいにくの小雨日和。しとしとと降る小雨の中、会場へ向かうと、開場午後5時、開演午後7時半のスケジュールというのに、記者が会場へ到着した午前11時には、すでにどこもかしこも人・人・人。観客席のエリアごとに並ぶ列があるのですが、どこも長蛇の列。さらに、正面入り口近くにはコンサート限定グッズ販売のブースや、JAY人形、さらにJAYがキャラクターをつとめるパナソニックの携帯電話やペプシのブースも出ていて、その前にも長蛇の列・列・列。前日から並んでいるファンも多く、台湾のみならず日本や香港、東南アジアから駆けつけたファンも数知れず。中には、スーツケース持参でその上に座っているツワモノもいましたよ。また、付近にはどこからともなく、ペンライトやオペラグラス、雨具(雨ですもの)などのコンサートには欠かせないグッズを販売するおにーさんや、おねーさんに混じり、腹が減っては戦はできぬ!とばかりに並ぶ「ソーセージ屋」や、「ジューススタンド」などの食べ物屋の屋台あり、と賑やかなことこの上なし。

 ペプシのブースでは無料でフェイスペイントをしてくれるサービスをやっており、フェイスペイントやってもらいたい、でもグッズの列にも並びたい!ああ、でもそんなこと言ってる間に入場用の列にも並んでおかないと!となんとも気ぜわしい列並びをすることウン時間。5時になり、やっとファンクラブから入場が始まりました。ステージ前は立ち見席になっているのですが、これがまたぎゅう詰め。一人あたり50センチ四方の余裕しかありません。このスシ詰め状態でさらに7時半の開演まで2時間半待ち♪6時半からは、巨大なステージの左右にセットされたこれまた巨大なモニターで、MVのメイキングビデオやJAYが出演しているCMなどが放映され始め、皆の興奮も次第に高まっていきます。

 そしていよいよ7時半。「以父之名」の曲とともに、20メートルほどの高さからJAYが赤い十字架に乗って登場!開演とともに、それまで続いていた雨は約3万人の観客の熱気のためか、いつしかやんでいました。それから10時半までの3時間、どっぷりとJAYの魅力に魅了させられたコンサート内容についてのレポートは、後日熱門特集にてお届けしますので、こうご期待!コンサートには、S.H.EやSAYA、ENAGEY、Jolinといった台湾芸能人多数のほかに、JAYのお母さんとおばあちゃんもきていましたよ。台湾を代表するトップアーティストという印象のほかに、さらに家族想いのアーティストという印象がさらに強くなったコンサートでした。

【周杰倫(JAY)無與倫比コンサート速報!】
開催日:2004年10月2日午後7時半〜午後10時半
場所:台北市立體育場
JAYファンクラブサイトHP:http://www.jayclub.com.tw/
旅々台北 熱門特集Vol.18:JAY(周杰倫)慶生同樂会(誕生会&ファンとの集い)


[バックナンバー]