2004年1月15日
台北信義華納威秀影城(ワーナービレッジ)

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 映画好きでなくとも、訪れるとなんだかわくわくしてしまう、そんなテーマパークのような雰囲気をたっぷりと味わえてしまう映画館があります。それが台北市の行政の中心であり、またショッピングモールが続々と建設中の新興商業エリアにある、台北信義華納威秀影城(ワーナービレッジ)です。

 ワーナービレッジ内には、17ものシアターが集結しており、各シアター内にはハイテクを駆使した巨大なスクリーンと音響設備が備えられ、座席も前の人が視覚に入らないように角度と高さを考慮したレイアウトになっています。一つ一つの座席も、ジューススタンドがついているのはもちろんのこと、座席自体にも背が高めの特製ソファ椅子が使用されており、あまりの環境設備のよさに一度ここで映画を見ると、もう他の映画館には行きたくないと思わせてくれるほど!

 本格設備を備えた映画館のほかにも、ワーナービレッジの1階部分はショッピングモールになっており、ファッション関係のテナントが目白押しです。館内にはいたるところに、バックスバニーやバットマンなどの映画キャラクターのオブジェがあり、その前で記念写真を撮る親子連れや観光客もいて、さらにテーマパークムードが高まります。ワーナービレッジ周辺には、新光三越や、ニューヨークニューヨーク、今台北で最も熱い観光スポット!?である超高層ビル「台北101」など、みどころ満載なので、映画の待ち時間なども退屈することなんてありません。

 台湾で上映される外国語映画には、日本語の字幕はもちろんありませんが、中国語の字幕を追って見るのもまた違った楽しみがあるかもしれませんね。(日本映画だったら、中国語ではこう表現するのね、と勉強になったりもしますが。)台北市内の映画館に比べると、少々料金は高めですが、スクリーンの大きさ、音響設備、快適な座席など、五感で映画の良さを堪能できる映画ファンにとってはうれしいスポットです。

 またワーナービレッジの広場では、アイドルや歌手のサイン会やミニライブなどもよく開催されているので要チェックですよ。

【台北信義華納威秀影城(ワーナービレッジ)】
住所:台北市松壽路18號
Tel:(02)8780-5566
交通:MRT市政府駅より徒歩5分

※経営母体の交代に伴い、2006年10月より名称が「台北信義威秀影城(Vie Show Cinemas Taipei Hsin Yi)」に変更されました。電話番号などに変更はありません。
威秀影城公式HP:http://www.vscinemas.com.tw/index.asp


[バックナンバー]