2003年9月18日
中山足球場

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 市内では地下を走っている淡水線MRTですが、圓山駅から北は地上に出てくるので、車窓からの眺めを楽しめます。ちょうど地上へ抜けたところで、まぶしい太陽の光と共に目に飛び込んでくるのが、この中山足球場。

 周りに高い建物もなく、公園や美術館などがある広々としたスペースの中で、ことさらその広さを際立たせるかのように中山足球場がどーんと横たわっています。ちなみにこの「足球場」とは、「サッカー場」のこと。どこか中正紀念堂を彷彿とさせるような、随所にほどこされた立派な中華風の細工にちょっと圧倒され、もしや台湾ってサッカー大国?なんて思ってしまいましたが、実のところ台湾にはプロのサッカーチームはありません。

 内部には芝生を敷き詰めた国際標準規格のサッカー場が一面と2万人収容可能な観客席があります。プロサッカーチームはないものの、1989年の建設以来アマチュアのサッカーチームの試合、国外からのサッカーチームの招待試合などの他に、コンサート会場や各種運動系イベントの会場として使用されています。また2001年の総統選挙の際には、この中山足球場が民進党の集結所として使用され、盛大な盛り上がりを見せたあと現在の陳総統が晴れて総統に当選しました。来年2004年にも総統選挙がありますが、今回もここが使われるのでしょうか?

 試合やイベントがないときには、周辺市民の憩いの場(贅沢な!)として活用されているぐらいでひっそりと静まり返っています。チケット売り場も、前回いつ使ったの?と聞きたくなるほど。イベントや試合で熱気ムンムンのスタジアムもいいものですが、普段のひっそりしたスタジアムもなかなかです。

 ちょうどこの中山足球場の上空は、台北市の松山空港に降り立つ飛行機のルートとなっていて、飛行機好きの人が写真をとるスポットともなっています。天気の良い日には、はるか遠くに見える新光三越ビルと台北101ビルをバックに、ちょうど通りかかった飛行機を狙って写真を撮ってみるのも楽しいかもしれませんね。

【中山足球場】
住所:台北市玉門街1號
開放時間:午前5時〜午後10時
※催し物、試合などがある場合には上記に限らず。
交通:MRT圓山駅より徒歩1分。バス21、246番に乗り中山足球場バス停で下車。もしくは、バス208、208、290、616番に乗り捷運圓山バス停で下車。


[バックナンバー]