2003年7月3日 台北市建國假日玉市

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 毎週土日、建國南路の高架下(仁愛路から北側)で開催されているアジア最大級の玉市です。簡単な足場の上に板切れを置いただけの、いかにも急ごしらえのような露店ですが、高架下に延々と数百軒並んでいる様はまさに圧巻。

 台湾は翡翠の産地であり、単なる観光客向けだけでなく、業者間の取引にも利用されているだけあって実に玉石混合状態。驚くような高価なもの(数千元〜数万元)から、ばら撒き用おみやげレベル(10元〜数百元)のものまで、あまりの価格差に素人にはさっぱりチンプンカンプンで選びようがありません。

 では、どうすればいいものを安く買えるでしょう・・・。

 (1) とりあえずたくさんのお店をのぞいてみて、目的の商品のだいたいの相場を把握しましょう。高くても安くても、明らかに相場から外れているようなものは、いろいろな意味からも避けた方が無難です。

 (2) まずはとにかく値切ってみましょう。言い値そのままでしか売らないお店はまずありませんし、逆に言えば値引き前提の価格設定になっているということです。一般的には1〜3割引き程度ですが、合わせ買いなどでさらに値引きしてくれることもあります。

 (3) 最後は自己満足です。我々は明確な判断基準を持たない素人ですから、結局はその商品が綺麗だと思えるか、気に入ったかどうかが大きなポイントです。自己満足と言われようが、いいじゃないですか・・・。

 確かに見て回るだけでも充分楽しめますが、せっかくだから手にとってみましょう。日本語が通じる場合はほとんどありませんが、金額は電卓で見せてくれますし、似たような商品やおすすめを次々出してくれたりと、言葉が通じなくてもコミュニケーションがとれることを実感するはず。

 そして、買おうが買うまいが、どれだけ時間をかけようが、嫌な顔ひとつせず熱心に対応してくれる台湾人気質に触れるにも、最適な場所だと思いますよ。

場所:建國南路高架下(建國南路と仁愛路の交差点から北側)
日時:毎週土日、午前10時頃から午後5時頃まで
交通:MRT木柵線「大安」駅から徒歩約10分


[バックナンバー]