2003年6月18日 霞海城隍廟

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 台湾では仏教と共に、中国から伝わった道教が広く信仰されています。問屋街として有名な迪化街の中心部にあるこの霞海城隍廟も、道教の廟の1つです。毎年旧暦の5月13日には城隍爺の誕生祭が開かれており、昼間には城隍爺などに扮した行列のパレードなどがあります。

※城隍爺とは、街を守り、病気と戦い、人の善悪の区別をつけて生前悪い行いをしていた人の霊魂を地獄へ送る仕事をしている神のこと。

 また、ここは縁結びでも有名。縁結びの神様である月下老人が祭られており、台湾の若者達はもちろん、日本人観光客(特に若い女性たち)にも人気のスポットです。特に2月14日の西洋情人節(バレンタインデー)や旧暦7月7日の中国情人節、旧暦8月15日の中秋節のお祭りはたくさんの人出で賑わいます。

※月下老人とは月に住んでいる神様で、持っている袋には赤い糸が入っており、その糸で男女を結びつけてくれるという、赤い糸伝説の元になっています。ただし本当は、赤い糸で指同士が繋がっているのではなく、赤い縄で足首同士だという話も・・・。

所在地:台北市大同区迪化街一段61号
交通:9、206、255、274、302、304、601、613のバスに乗車、南京東路口で下車


[バックナンバー]