旅々セレクト

TABITABI Select

太陽堂老店

太陽堂老店

 太陽堂老店は台中で唯一太陽餅を手作りしているお店。太陽餅はパイ皮のように何層にも重ねたサクサクの皮に麦芽糖を包んだ焼き菓子です。オープンしたのは1954年と歴史があり、太陽餅を代表するお店です。

カテゴリ ショッピング
住所 台中市自由路二段25號
アクセス 台湾鉄道台中駅から車で約10分
電話 04-2220-0012
定休日 無休
営業時間 8:00-22:00
WEB http://www.sunbooth.com.tw/
カード

[記号説明]

60年の歴史を持つ老舗の太陽餅屋さん

 台中名物で真っ先に思い浮かぶのが白くてまん丸の太陽餅です。太陽餅はパイ皮のように何層にも重ねたサクサクの皮に麦芽糖を包んだ焼き菓子です。自由路にある太陽堂老店は1954年に開店した歴史のあるお店。太陽餅を初めて商標登録をしたこともあり、多数ある太陽餅店を代表しています。

手作りの太陽餅専門店

 太陽堂老店は人目を引く緑色の看板で、店内は常にお客さんが訪れ、店員は休むことなく働いています。お店の2階は創設者の雷文雄さんを記念して作られた太陽餅文化館になっていて、台湾の伝統菓子文化について知ることができますよ。太陽餅の起源と発展の紹介のほか団体で参加できる太陽餅作り体験の実施も行っていて、おいしい太陽餅を食べられるだけでなく、自分で太陽餅を作ることもできます。

 更にもう一つフロアをあがると、そこは毎日おいしい太陽餅を作っている厨房があります。おいしい太陽餅は薄い皮はサクサクで香りがあり中の餡は柔らかいことが条件です。 太陽堂老店は原料を厳選し、製作過程から品質まで厳密に管理しています。太陽堂老店の製作には、製皮(生地の製造)、分割油皮(生地の分割)、包酥(水を加えた生地(油酥)と加えない生地(油皮)を合わせてまるめる)、桿捲(生地を伸ばす)、包餡(餡を包む)、桿圓(成形)、烘焙(焼き)の7つのステップがあります。どの工程もすべて手作業にこだわっていています。

 100層にもなる薄い皮は口に入れるとすぐに溶けて、餡は口の中に張り付くことはない太陽餅を作り出しています。このこだわりがたくさんの人から愛されている理由なのですね。

おすすめ商品

傳統太陽餅 (400元/20個入り)

 太陽餅は麦芽餅とも呼ばれています。何層にもなる薄い皮のなかに甘い麦芽糖が包まれていて一口食べれば忘れられない味です。太陽堂老店の太陽餅は原料と、焼きの技術に特に力を入れています。例えば餡に使う麦芽糖は上級のもち米から作られたもので一般的に使われる水あめとは違います。原料は上質の輸入ものにこだわり、ベテランの職人が伝統の造り方を守ってこそ外は薄くてサクサク、中は柔らかな太陽堂老店独特の太陽餅が作り出されるのです。蜂蜜味の太陽餅もあります。中の麦芽餡の中に高級な蜂蜜を混ぜ込んであり、懐かしい味が口の中に残ります。

綜合老婆老公餅/老婆餅のセット(336元/12個入り)

 老婆餅の起源はたくさんの説がありますが、その中の一つに、ある貧しい夫婦が妻が家計の足しに菓子を作り、それを夫に持たせ市場で売ったところ思いがけず大人気となり、夫がその菓子を妻に感謝の気持ちをこめて老婆(妻)餅と名付けた、というお話があります。老婆餅の見た目は太陽餅と似ていますが、外側の皮は黄色みがあり、モチモチの餡の香りと食感は太陽餅と大きく違います。甘い蜂蜜味としょっぱいのり味の2種類があり、のり味のほうは老公(夫)餅と名付けていてとてもユニークです。

土鳳梨酥/パイナップルケーキ(360元/12個入り)

 太陽堂老店の土鳳梨酥は新鮮なパイナップルを選りすぐって、冬瓜との割合をパイナップルを9、冬瓜を1で調整し餡を作っています。外側の生地はサクッと甘さ控えめで、風味がよく、食べるとパイナップルそのものの香りが口の中に広がります。パイナップル好きの人は絶対に見逃せませんよ。

紫香酥/タロイモのケーキ(420元/12個入り)

 見た目はまるで一輪の花のように見える紫香酥はタロイモから作られています。サックリとした皮にたっぷりの餡が包まれて口当たりはなめらか、タロイモの香りが鼻をくすぐり食後のデザートにぴったりです。

蛋黃酥/黄身入りケーキ(540元/15個入り)

 昔ながらの製法で作る蛋黃酥です。中の餡は甘すぎず、新鮮な黄身はしょっぱさを加えてお互いでバランスを取っています。サクサクで昔ながらの懐かしい味が楽しめます。

お店からのメッセージ
太陽堂老店

 太陽堂老店は台中で唯一太陽餅を手作りしています。私達は「真心と誠意を持って接客し、自分の子供のようにお菓子に対して気を配り大事にする」という経営理念を持っています。訪れたすべてのお客様が私達の商品を持ち帰るとき、この気持ちもともに持ち帰っていただければと思います。

記者コメント
太陽堂老店

 初めて太陽餅の歴史と製造過程を理解しました。一つの太陽餅の中にこんなにもたくさんの思いがこめられていると知ると、太陽餅がよりいっそうおいしく感じられました。太陽餅はそれだけで食べるのではなくお湯やホットミルク、杏仁茶などに浸して食べる方法もあります。どの食べ方も特徴があり、ぜひみなさんも試してみてください。(謝小姐)

最終更新:2012年12月30日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.