旅々セレクト

TABITABI Select

春水堂(中正店)

春水堂(中正店)

 春水堂は台湾を代表する飲み物である「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」を開発したお店。  春水堂(中正店)は中正紀念堂の國家音樂廳内にあります。中正店では茶器の展示やお茶の淹れ方を実演するスペースもあり、正式なお茶の楽しみ方を見ることもできます。

カテゴリ カフェ・茶藝
住所 台北市中山南路21-1號(國家音樂廳内)
アクセス MRT中正紀念堂駅から徒歩約3分
電話 02-3393-9529
定休日 祝祭日・國家音樂廳休館日
営業時間 11:30-20:50
WEB http://chunshuitang.com.tw/
カード OK

日本語メニュー 英語メニュー MRT 5分 日本語スタッフ カードOK [記号説明]

新たなお茶文化を生みだした「春水堂」

 今や、台湾を代表する美味しい飲み物として、多くの人に愛飲されている「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」。その開発と発展を支えた、珍珠奶茶の本家本元が、ここ「春水堂」です。
 珍珠奶茶の誕生のきっかけとなったのは、店長である劉漢介さんが、国外視察旅行で見た何気ない風景。シェーカーを使ってコーヒーを作っている様子に、これなら中国茶でも同じ作り方ができるはずだ!そう思いついた劉店長は、早速新しいお茶の開発に取り組みます。こうして誕生したのが、珍珠奶茶と並ぶ、「春水堂」の人気メニュー「泡沫紅茶(シェイクミルクティー)」です。

 1983年に、台中に最初の喫茶店を開いた劉店長は、さらに、真珠と同じくらいの大きさにしたタピオカと泡沫紅茶を合体させた、新しいお茶「珍珠奶茶」を誕生させます。タピオカのモチモチした食感と、甘いミルクティーという新しい味覚は、台湾で大当たり!「春水堂」の名は、珍珠奶茶と共に、瞬く間に台湾中に広まることとなりました。
 古くから伝わるお茶文化を、「春のせせらぎのように、細くとも絶えぬよう」伝えていきたい。そんな願いから、その名が付けられた「春水堂」は、確かに、新たなお茶文化を後世へと繋げたのです。

オリジナルメニューが多い支店

 一歩店内に入ると、そこは外の喧騒から切り離された、ウッディーなインテリアの居心地の良い空間。ゆったりとお茶や食事を楽しめるようにという「春水堂」の心配りが、ちりばめられているのです。
 春水堂は各支店の特色に合わせて、開発された商品があるのだそうです。中正店では特に独自性をもった多種多様なオリジナルメニューがあります。また中正店は他の支店と異なり、店内には茶器の展示や実演するスペースがあり、店内の熟茶から生茶まですべて味わうことができます。スタッフは専門の訓練を受けているそうで、茶壺を温める→茶葉を入れる→茶杯を温める→香りを楽しんでからお茶を飲むという一連の正確な流れを見て楽しむことができます。

品質にこだわる元祖タピオカミルクティー

 街の至る所で、珍珠奶茶を売る露天のティーショップを見かけるようになった現在でも、「春水堂」の珍珠奶茶は、相変わらず大人気。
 毎年、台湾各地の大型茶園に赴き、その時期の最高のお茶を選定して一括購入を行っているという「春水堂」。購入したタピオカと紅茶には、すべて出荷と購入期日が記録されており、一定期間内に使い終わるようになっています。もちろん、美味しい珍珠奶茶を作るには、材料だけでなく、調理方法も重要。「春水堂」では、タピオカの煮出し時間や、紅茶を淹れる時間も、すべて計算されているんですよ。
 「春水堂では絶対に次の日まで持ち越すことをしません。すべてその場で調理することがモットーなのです」。そう話してくれた店員さんの言葉からも、高品質を保つ心遣いと、熱意がヒシヒシと伝わってきました。厳選した材料と品質、そして丁寧なサービス。これらのこだわりこそが、業界No.1の地位を守り続けている、成功の秘訣であると言えるでしょう。

【珍珠奶茶(タピオカミルクティー)ができるまで】

No.1

 専属会社に特に作らせている、春水堂だけの特製小型タピオカ。
 小さめのタピオカは、歯ごたえが格別。紅茶との相性もバッチリなんですよ。

No.2

 沸騰した砂糖水にタピオカを入れて煮込みます。煮上がったら、蓋をしたまま数分間蒸らし、その後、氷を入れて冷やすことで、鮮度と張りを保ちます。さらに春水堂では、入荷したタピオカの口当たりが、基準にかなっているかどうかのチェックも行っているんですよ。

No.3

 出来上がったタピオカと、厳選した茶葉で入れたアッサム紅茶を合せれば、「珍珠奶茶」の出来上がりです!

おすすめメニュー

珍珠奶茶/タピオカミルクティー (中140元、小75元)

 春水堂で一番人気のある珍珠奶茶(タピオカミルクティー)は、濃厚な香りの紅茶茶葉を使い、注文を受けてから淹れられます。紅茶とミルクのバランスも絶妙で、ミルクのコクと紅茶の香りがお互いを引き立て合います。天然のキャッサバ粉から作られた黒タピオカは小粒でクニクニした歯ごたえがアクセントにぴったりです。台湾を代表する飲み物でもありますので、春水堂に来たら絶対に見逃さないでくださいね。
 春水堂には冷たい珍珠奶茶だけでなく、寒い冬には茶壷に入った熱々の珍珠奶茶もあります。熱々のホットミルクティーとクニクニのタピオカで冬でも幸せを感じる暖かい時間を楽しむことができます。

珍珠紅豆鮮奶茶/あずき入りタピオカミルクティー(85元/小サイズ)

 大人気の珍珠奶茶の他に春水堂でオススメなのがこの珍珠紅豆鮮奶茶(あずき入りタピオカミルクティー)です。注文を受けてから淹れた紅茶の中に台湾産の林鳳營ミルク、火で炙ったアズキを粉末状にしたものを入れ、モチモチの黒タピオカを合わせます。一口飲むとアズキの香りが漂い、さらにミルクの濃厚な香りが程良く残り、飲んでみるとやみつきになること間違いありませんよ。

翡翠檸檬茶/翡翠レモンティー (80元/小サイズ)

 「翡翠」とは最も美しい「緑」の意味になります。発酵していない茶葉を焙煎した後、ジャスミンで3回薫香して、この飲料専用の茶葉を作ります。お茶を淹れて氷を浮かべて、レモンジュースを注ぐと氷がシャーベット状になります。ジャスミンの爽やかな香りとレモンのさっぱりした味わいが清涼感あふれる気分にしてくれます。この味わいは良質の翡翠緑茶でしか出せないそうです。

招牌豆干/オススメ干し豆腐 (60元/小サイズ)

 春水堂は新鮮さと品質にこだわっているため、煮込みスープは毎日作っていて、翌日に持ち越しません。まずはスープの材料をミキサーで細かくしてから煮込み、伝統的な干し豆腐を入れてさらに煮込みます。干し豆腐は豆腐の旨みを凝縮したようなしっかりとした食感で、煮込み汁が十分に浸み込み、少しピリ辛なところが食欲を増進させてくれます。

頂級XO醬辣拌麵/XO醤ピリ辛麺 (90元)

 辛い物好きの方は、ぜひこの頂級XO醬辣拌麵をお試しください!帆立ソース、中華肉みそソース、ラー油を使って調味し、さらにモチモチの歯応えのある細麺が入っています。辛いけど止まらない美味しさですよ。辛いものが少し苦手だけどちょっと食べてみたいという方は、スタッフに伝えておくと、お好みの辛さに調整してもらえますよ。

鐵觀音茶糕/鉄観音茶入りのお茶菓子 (65元)

 鐵觀音茶糕は、中には甘いこしあんが入っていて、外側には細かく砕かれた鉄観音茶葉が入っています。口に入れるとほろっと崩れて、お茶の味がアズキの甘みと合わさり、飽きの来ない美味しさです。アフタヌーンティーとしても最高の点心ですよ。

※他の支店同様の定番メニューもあります。
※季節、店舗によりメニューが変わります。

ミニ情報

  • 半セルフ方式です。注文が決まったら注文票をカウンターまでお持ちください。ドリンク1杯です。
  • 食べものの持ち込みと店内での写真撮影はご遠慮ください。
  • 冷たい飲み物の価格は小(330cc)で表示しています。中(660cc)は価格も2倍になります。
  • テイクアウト(中サイズ)は15%OFFです。
お店からのメッセージ

 リラックスして、本場台湾のお茶とデザートを楽しめる、人文と芸術が結び付いた春水堂に是非いらしてください。

記者コメント
春水堂(中正店)

  たくさんのタピオカミルクティーを飲んできましたが、やっぱり、春水堂の「珍珠奶茶」が最高です。歯ごたえのあるタピオカが入ったミルクティーを飲みながら、おいしい茶菓子を食べれば、あなたも「春水堂」のとりこになること間違いなしですよ。 (徐小姐)

最終更新:2013年12月11日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.