旅々セレクト

TABITABI Select

CHUNZAI春在

CHUNZAI春在

 「家」は安らぎとくつろぎの場であり、また自分らしさを表現する場でもあります。確かな鑑識眼を誇る支配人自慢のアンティーク家具が並ぶ「CHUNZAI春在」。味わいある「家」作りのスパイスとなる素敵な中国家具との出会いがあなたを待っています。

カテゴリ ショッピング
住所 台北市大安區東豐街58號
アクセス MRT大安駅から徒歩約10分
電話 02-2708-8689
定休日 月曜日
営業時間 12:00-20:00
WEB https://www.chunzaitaipei.com/
カード OK

日本語メニュー 英語メニュー MRT 10分 日本語スタッフ カードOK [記号説明]

ギャラリーのような優雅な空間

 シンプルかつエレガントな家具がバランスよく配置された広い店内。奥の庭には柔らかな日差しに照らされる石の彫刻が並べられています。中国家具を扱う「CHUNZAI春在」は骨董品店というより、まるでギャラリーのような雰囲気です。

 店内に並ぶアンティーク家具は支配人の陳さんが苦労して集めてきた自慢の一品ばかり。商品のほとんどが中国内地からの物ですが、日本、米国、英国などからも収集されています。いい品があると聞けばすぐさま飛んで行き自分の目で確かめなくては気が済まないという陳支配人。「CHUNZAI春在」はビジネスだけでなく人生最大の楽しみだと語る言葉の奥にもアンティーク家具への深い愛情と情熱を感じます。

世界的に注目を浴びる中国アンティーク家具

 お店では家具の販売だけでなく、毎年定期的にアンティーク家具や古美術品を紹介する展覧会を開催しているのです。2013年3月に催された中国歴代仏像彫刻展や、漆家具コレクション展、新作発表展などにも出展する予定で、さまざまなテーマの展覧会を通して、アンティーク家具の芸術性を伝えています。

 また、アンティーク家具にあるのは芸術的価値だけではありません。歴史的意義と生活の中の美の創造。アンティーク家具は味わい深い生活をあたえてくれるのです。お店が目指すのは、誰もが気軽に生活の趣きを楽しめる芸術文化空間です。

 今や世界中のアンティークコレクターや骨董商、オークション業者、芸術家たちを魅了して止まない存在である中国のアンティーク家具。その長い歴史は紀元前16世紀から紀元前11世紀まで続いた商朝の時代まで遡ります。

台湾アンティークの第一人者

 一般的に製造から100年以上たった品を「アンティーク」と呼びます。しかし、その品物が本当に100年以上のものなのかを見極め、正確に年代を割り出すことは一種の学問と言えるほど難しいこと。さらに、骨董に関して言えばたゆまぬ努力もさることながら持って生れた素質というものも重要になってくるのです。

 アンティーク家具の真偽の判別には、木質の光沢と感触からアンティークの年代を割り出すという方法があります。これは一朝一夕に覚えられるものではなく、多くの家具を見て、触るという経験が何より必要になってきます。

 さらに、生産された時代の歴史や風習など様々な要素も関係してきます。当時の風習から一体どのような物が生産されたか当時流行した模様、この刺繍の図柄は妥当か・・・などなど。これらが本当にわかるようになって初めて鑑識能力を備えた!と言うことができるのだとか。骨董品を楽しむ人は多いけれど本物の鑑識眼を持っている人は少ないと言われている現実にも納得ですね。

 確かな鑑識眼と知識で世界的にも高い評価を得ている陳支配人も骨董に関するありとあらゆる本を読み、調査と研究を重ねる日々だといいます。案内してくれた「蔵書部屋」は入ってビックリ!そこは個人の書斎というよりはまるで小型の「図書館」です。ズラリと並んだ本や資料の量からも陳支配人の成功の背景、努力を伺い知ることができました。

商品

 ※アンティーク商品のため、売り切れたら同じものが入荷するわけではないことをご了承ください。

青籐家具系列長塌&躺椅

 青藤シリーズは春在ブランドがデザインする新品家具で、2013年に開催される現代デザイン展に出展される予定です。

 藤を木で縁取ったデザインで、シンプルなラインと禅的雰囲気を作り出しています。2種類の素材の性質を生かした、新しいアンティーク家具の形。しかし、その中には中国風の落ち着きも感じられます。

鐵力木嵌雲石竹面貴妃椅

 鐵力木嵌雲石竹面貴妃椅は、春在がデザインした寝椅子。古いデザインを模倣したものですが、竹細工部分に使われているのは数十年の歴史ある竹で「古い素材から新しいモノを生み出す」アンティークのスタイルを十分に表現したデザインです。

 枠と椅子の脚は、精緻な彫刻が施された唐木で、中国の文人の気品高さにあふれ、かたどられた竹の節と葉は、まるで本物のように生き生きとして、孤高の美しさを感じます。そして、背もたれ部分にはめ込まれた御影石は、さながら墨絵のよう。椅子全体が山水画を思わせる個性的なアンティーク調椅子です。

乾隆御製碧玉刻花插屏

 乾隆帝御製碧玉刻花挿屏は、正真正銘の宮廷古美術品。片方の面には、ボタンの花と鳥の絵の彫刻が施され、もう片方には詩と清の皇帝、乾隆の文字も見られます。台座は高級木材のマホガニーを使った精緻な彫刻品。骨董品としての収蔵価値は、年代的にも御製という点でも十分に高いでしょう。当時、この置物は字を書くときに風や砂埃を除ける文房具として使用されていたそうです。細やかな彫刻のワザと碧玉の質感のバランスがよく、宮廷の気高さが感じられますね。

獸吞式活耳銅瓶

 獣吞式活耳銅瓶は宋・明朝の時代、装飾品として使われていたものです。
 銅製の本体は4面に瑞獣の模様が施されています。また、瓶の口に、獣が口を開けているような装飾があることから獣吞式と名付けられています。活耳とは瓶の両側にある動く取っ手のこと。上品なフォルムと獣の彫刻から、宋・明朝時代の風潮が見てとれます。

ミニ情報

  • 価格はスタッフにお尋ねください。
  • CHUNZAI春在では、専門の輸出入業者と提携して商品発送を行っています。輸送費用が別途必要です。
  • お買い上げの際に、スタッフが製品のお手入れ方法を説明いたします。店内では木製家具用のワックスの販売も行っています。
  • 輸送途中での損害に対しても全責任を負います。また使用を始めてから不備が発生した場合もご連絡ください。専門スタッフが状況を確認したのち適切な処理方法を説明いたします。
  • 日本語のできるスタッフがお待ちしております。お一人で店内を見学なさる場合でも、説明スタッフ同伴で見学をなさる場合でも遠慮なくお申し付けください。
お店からのメッセージ
CHUNZAI春在

 「CHUNZAI春在」ではアフターサービスも万全です。 安心してお買い求めください。

最終更新:2013年11月28日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.