旅々セレクト

TABITABI Select

日本語占卜 許金鑾

日本語占卜 許金鑾

 許先生の占いオフィスは、自宅のリビング。とってもアットホームな雰囲気の中、親戚の家に遊びに来たようなくつろいだ気分で、じっくりと占いを楽しめます。しかし、占いをする許先生の表情はとても真剣。言いにくい結果も、びしっと、流暢な日本語で告げてくれます。もちろんその後のフォローも万全。数十年来の常連さんが数多くいることに納得です。

カテゴリ プレイスポット
住所 台北市峨嵋街42号3F
アクセス MRT西門駅から徒歩約3分
電話 0910-229-422(許先生直通・日本語OK)
定休日 特になし
営業時間 特になし
WEB
カード

MRT 5分 予約推奨 日本語スタッフ [記号説明]

過去も未来もズバっと的中!

 神社へ行けば必ずおみくじを引き、雑誌の占い特集はかかさずチェック。新宿の有名易者、原宿の占いの館、香港の黄大仙、スペインのジプシー占い、サンフランシスコの前世占い・・・等々を渡り歩いた自他共に認める占いフリークの記者ですが、台湾の占い師は初体験。なぜ今まで手を出さなかったのかというと、"当たりすぎる"と評判だから・・・。

 古くはオランダ、英国に侵略され、清や日本の板挟みとなるなど、不安定な時代が長かった台湾。人々は予測もつかない未来に怯え、自然と占いに頼る風潮が強くなっていきました。四柱推命、手相、米卦といった占いは中国本土が発祥の地なのですが、文化大革命時に占いは"非科学的"と迫害され、数多くの占い師が台湾に逃れてきたそうです。このような背景があるため、台湾の占いは他国に比べてかなりのハイレベルなのだとか。

 そんな強力占い師に、過去も未来もずばっと当てられてしまうなんて、恐ろしすぎる・・と逃げていたのですが、日本語堪能で、とてもやさしい女性占い師がいるとの噂を聞き、へっぴり腰で取材に向かった次第。

アットホームな占いオフィス

 渋谷を連想させるような、台北随一の若者の街、西門町。MRTの出口を出て、ブティックが並ぶ通りをちょっと歩くと、「日本語占卜」と書かれた黄色い看板を掲げたビルがすぐ見つかります。しかし、にぎやかなお店に挟まれたそのビルは、どう見ても普通のマンション。聞くと自宅が占いオフィスを兼ねているとのこと。

 急な階段を3Fまで上り、これまた普通のおうちのチャイムを鳴らすと、はーい、という明るい声と同時に、勢いよくドアが開かれました。迎えてくれたのは、許金鑾(きょ きんらん)さん。美しい銀髪と、いたずらっぽく光る目が印象的なマダムで、失礼ながら70歳を超えているとはとても思えません。もうこの時点で、台湾の占いに対する恐怖はどこかへ吹っ飛び、このマダムに悩みを聞いて欲しい・・と、すっかり頼りにしてますモードに変換。

 占いのオフィスは許先生の自宅リビング。額に入れられた「中華民国星相学会」の会員証や、占いの専門書がずらりと並ぶ横には、電子レンジが置いてあったりと、とてもアットホームな雰囲気。親戚の家に遊びに来たようなリラックスした気分で、安心して悩みを打ち明けられること、間違いなしです。

パーフェクトな日本語で、丁寧にコンサルティング

 まずは先生お手製のフルーツティをいただきながら、占って欲しい事柄、占いの種類を丁寧にコンサルティング。先生の専門は紫微斗数、米卦、そして手相・人相です。

 紫微斗数とは古代中国発祥の占いで、生年月日と生まれた時刻、生まれた場所からその人の運勢を導き出します。宋(9601279年)の時代に、仙人が開発したとも言われているそう。12宮が配された「数命盤」に入った星の組み合わせを通じて、運命全般に関するきめ細やかな占いができるのが特徴です。東洋のホロスコープとも呼ばれていて、これからの人生を知りたい方にお勧めの占いです。

 米卦は台湾独特の占いで、本人がつまみ取った米粒の数で運勢を占います。「この人と結婚していいのかな?」「転職したほうがベター?」といった、具体的で短期間の占いに向いているのだとか。手相・人相は日本でもおなじみですね。

 日本統治時代生まれである先生の日本語はパーフェクト。日本人以上にきれいな日本語を話してくれるので、占ってほしい内容も細かく説明することができます。これは頼もしい限りですね。もともと事業家だったそうですが、仕事を通じて多くの人と接するうちに、人の運命というものに次第に興味を持ち始めたとのこと。

 台湾には数多くの占いがありますが、35年のキャリアを通じて、紫微斗数、米卦、手相・人相こそが究極の占いと見極めたのだとか。現在までに占った人の数は万レベルだとか。これは期待が高まります!

米卦渡辺小姐の占い体験レポート

米卦

 台湾ならやっぱりこれでしょ!とうことで、米卦からスタート。「運勢」「事業(仕事)」「住居(引越し)」「愛情(恋愛)」「結婚」「旅行」「病気(健康)」「出産」の8項目が書かれた紙を参考に、占い内容を選びます。今回は「事業」「住居」「健康」の3項目をセレクト。備え付けの白い紙に、名前、誕生日、生まれた時間、そして占ってもらいたい項目を書き、先生に渡します。

 紙を一瞥した先生は、こくりとうなずき、おもむろにお盆を取り出しました。お盆の上には赤い塗りの小皿が3枚、中サイズのお皿が1枚、そして米粒が入った白木の筒が並んでいます。先生は白木の筒を持ち上げ、お祈りを捧げ始めました。文王という占いの神様に私の名前と誕生日を告げ、よい結果が出るようにお願いをしているとのこと。

 次に私の前に小皿を3枚並べ、筒の中から米粒を好きな数だけつまみ出し、皿に置くように指示しました。このとき、米粒をお皿に置く前に、同じく文王様に対してお祈りを捧げるのがポイントです。この動作を3回繰り返した結果、私がつまんだ米粒の数は、8粒、8粒、13粒。しかし同じ数が並ぶのはよくないとのことで、もう一度つまみなおすと、12粒、12粒、13粒に。同じ数でも10粒を超えるのはOKとのことでした。ちなみに2度も同じ数が並ぶのは、安定した精神の持ち主である証拠だと言われ、ちょっといい気分に・・。

 小皿から中皿に米を移して数を再確認した後、占いをスタート。紙に数字や漢字を書きつけ、複雑な計算をしています。そして漢詩のようなものをすらすらと書き出してくれました。「此命推来是不同 為人能幹異凡庸 老人自有逍遥福 不此前時運未通」。これが私の運勢で、人生のハードな期間は終わりを告げ、これからは順風満帆な日々が待ち構えているとのこと!「事業(仕事)」は忙しさを増すものの、後援者に恵まれて順調に。「健康」運も上々だそうですが、気になったのが「住居」。現住所から引っ越した方が、より運が向いてくるらしいのです。マンションのローン、払い終わったばかりなのに・・。

手相

本邦初公開!これが記者の手相です。

 総合米卦コースを選んだ場合は、手相か面相占いが無料サービスされます。今回は、手相をお願いしました。さっそく手を出そうとしたところ、まず胸の前で両手を組むように指示が。親指が下になった手で占うそうで、私の場合は右手です。これでOKと右の手のひらを差し出すと、今度はそっと握られやさしくひっくり返されてしまいました。先ずは手の甲からチェックするそうで、甲のカーブや手の厚みからも、さまざまなことが読み取れるとのこと。次に自然に指を開いた形で、手のひらを上に向けるよう指示されました。この指の開き方も重要なポイントらしく、ちょっと緊張してきます。

 私の手をじっと見つめていた先生の顔から、ふっ、と気が抜けて、笑顔が戻りました。話をしている先生はにこやかで優雅なマダムという雰囲気なのに、占いの最中の顔はとても真剣。声をかけるのを躊躇してしまうような厳しい表情になってしまうので、何か悪い結果でも??と余計な詮索をしてしまったりして。これはプロ意識の表れなんですね。

 さて、手相の結果も万事OKとのこと。生命線と財運線が強いので、悠々自適の老後が過ごせるのだとか。しかし・・子供運はいまいちらしく、子供はせいぜい1人。しかも、あらゆる意味で、ずっと子供に頼られる運命にあるそうです・・。しっかりしてくれ!わが子よ!(まだいませんが)

紫微斗数

 さて、最後は紫微斗数です。人生の全体運がはじき出されるということで、期待と不安が高まります。占いに必要な誕生日、誕生時刻、出生地は予約時に伝えておいたので、すでに占い結果が書かれたレポートは完成済み。その5枚のレポートには星の位置が書かれた複雑なチャートと、中国語がびっしり。ですが、許先生直筆による、詳しい日本語解析レポートが添付されているので心配はご無用ですよ。

 「遷移宮」「疾厄宮」「財帛宮」「父母宮」「交友宮」などそれぞれの運勢をつかさどる12宮で構成された「数命盤」に、「紫微」「太陽」「天同」といった星が私の運勢に従って配されています。星の数はなんと100個以上!それだけの数の星が12宮に分散され、星と星、宮と宮、星と宮の組み合わせから運勢を読み取るのですから、その作業のややこしさを考えただけで気が遠くなりそう。
 しかも、この宮にこの星が入っているから、あなたの運勢は・・というわけではなく、同じ宮に入った良い星と悪い星、宮と宮の組み合わせ、強い星が入った宮が他の宮に与える影響なども考慮し、意味を読み取らねばならないのです。

 一昔前までは、星の算出から配置図作成まで全て手作業でしたが、最近はPCの導入によりだいぶ楽になったとのこと。それでもコンピューターができるのは、配置図作成まで。運勢の解釈はあくまでも、占い師の技量次第なのです。あまりにも複雑な占いなので理論だけでは不十分、実践が不可欠なのです。先生も数多くの人を占い、その後の運勢を確認することによって、占いの精度を上げて行ったそうですよ。

  さて、私の占い結果ですが、「紫微」「太陰」「太陽」といった重要な星が全て○。そのため、財運や投資運が極めて強く、専門的な技術や学問で身を立てるとよいそう。しかし!絶えず変化や移動を求められ、故郷や実家から、離れれば離れるほど、運が向いてくるとのこと。来年からの10年が人生のピークで、仕事運、財運が最高まで昇りつめ、逆に10年を過ぎると、落ち着かねばならないそう。また、五行で言う「土」の気が強いので、「水」を溜め込みやすい性質だそう。入ってきたものは、できるだけ出すよう気をつけなければいけないとのことで、これには、稼いだお金を人のために使うことも含むそう・・。

 つまり、来年からは引越しや旅行を繰り返し、専門的な仕事でひたすらハードに働けば、10年後には悠々自適の隠居生活が待っている。しかも、できるだけ人に奢ってあげると、それに伴い入ってくるお金も増加。これは信じてみる価値、大あり・・・ですね。まずはお土産にもらったブレスレットを身につけて、毎週、宝くじを買うことから始めてみようと思います・・!?

 日本語でのきめ細かい占いと、厳しく、かつやさしいアドバイスをしてくれる許先生。あなたもじっくりと、自分の運勢を見つめてみませんか?

主なメニュー

紫微斗数 3,500元 より詳細な説明・命盤つき
紫微斗数 2,500元 命盤つき
手相・人相 2,000元  

ミニ情報

  • 電話予約必須です。予約時に生年月日、生まれた時間、生まれた場所を伝えてください。
  • Eメールでの予約も受け付けています。日本語OKです。
    (予約専用アドレス:clhs.u0722@msa.hinet.net)
  • 紫微斗数の計算には時間がかかりますので、できるだけ早めの予約をお勧めします。
  • 店名の「日本語占卜」の"ト"はカタカナの「と」ではありません。中国語で占いを意味する漢字です。
お店からのメッセージ
日本語占卜 許金鑾

 仕事でお世話になった日本の方への恩返しとして、この仕事を始めました。知り合いの家に遊びに来るようなつもりで、気軽にいらしてくださいね。占い師としてのキャリアは30年以上。日本語で対応させていただきます。

最終更新:2013年11月27日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.