旅々セレクト

TABITABI Select

Lawrys The Prime Rib(勞瑞斯)

Lawrys The Prime Rib(勞瑞斯)

 ロウリーズは1938年にロサンゼルスに開店した一軒のステーキ・レストランが原点。「プライムリブ」のコンセプトのもと、シルバーなどの斬新なサービスを次々に開発し、世界中にその名を広めていったのです。

カテゴリ 西洋料理
住所 台北市信義區松仁路107號B1 ((松仁路と松寿路の交差点、全豐盛105大樓の地下1階))
アクセス MRT象山駅1番出口から徒歩約5分
電話 02-2729-8555
定休日 なし
営業時間 ランチ:12:00~15:00
ディナー:18:00~22:00
WEB http://www.lawrys.com.tw/
カード OK

英語メニュー MRT 10分 予約推奨 カードOK [記号説明]

貴族の宮廷のような雰囲気

 Lawry's The Prime Ribは、ロサンゼルスで1938年に創業されたプライムリブの専門店です。プライムリブとは、特製のスパイスを塗った上質の骨付き牛肉をじっくり焼き上げた、アメリカンスタイルのローストビーフです。Lawry's The Prime Ribが使う牛肉はUSDA(米国農務省)が指定する「プライムビーフ」のみを使用しています。そのプライムビーフは一匹の牛からとれる牛肉のわずか2%、究極の最高級牛肉なのです。ロウリーズのインテリア、家具、サービス、食器などは、すべてハイレベル。提供される極上の美味と完全に調和しています。また使用されている食材は全て米国から空輸されてきたものです。

アメリカンなステーキが楽しめます

 お店に入ってすぐのウェイティング・ルームは、高いカウンターの前に高級なお酒の瓶がずらり。70種類以上のワインやカクテル、ウィスキー、ブランデーなど多様なアルコールが楽しめます。レストランエリアは高い天井の開放感あふれる空間で、煌めくシャンデリアと共にヨーロッパの宮殿のようです。

 テーブルはステーキをサーブするカートが無理なく移動できるよう広々としています。隣のお客さんが気になる、なんてこともありませんよ。壁には油絵や中世風の盾が飾ってあり、原木を掘りぬいた鏡のフレームもとてもヨーロッパ的です。これにアメリカ的なホーム・クック・スタイルが加わり、なんともリラックスできる空間となっているのです。

 ロウリーズが採用しているサービススタイルは一台の「シルバー」と呼ばれるカートの開発からはじまりました。その製造費用は高級自動車に匹敵するほど高価だったとか。全ての工程を手作業で行い、応用熱力学の観点から設計されたこのカートの熱保有力は抜群。シルバーがお客様のテーブルにやってきたところは、まるで移動式のキッチンのよう。熟練したシェフがお客様の好みに合わせ、すぐ目の前でステーキを切ってくれます。新鮮で柔らかなローストビーフの芳醇な香りが鼻をくすぐります。切り取られたばかりのリブステーキがお皿の上に置かれたら、すぐに召し上がれ!

 ロウリーズのウェイトレスは、英国の伝統的なメイド服を着用。英語と中国語バイリンガルの精鋭ばかりです。専門的な訓練を受け、仕事を愛している彼女たちにとって、レストランの開店はショータイムのスタート。  スマイルあふれたサービスぶりは、プロ精神の表れです。ロウリーズは卓越したサービスで名をあげ、スタッフはロウリーズの宝であり、お客様もそのすばらしいサービスを堪能することができるのです。

おすすめメニュー

勞瑞斯經典暢銷牛肋排 10oz / ロウリー・カット 10オンス(セット3,200元/単品2,500元)

 創業当時から続いているロウリーズ定番のカットです。プライムとは肋骨の6、7本目にある肉のことで、大理石のような霜降りが特徴です。ロウリーズでは9ヶ月から30ヶ月の子牛を選び、温度0〜1度、湿度50〜60%の環境でウェット・エイジングを行い肉の旨みを引き出します。調理する前にはロウリーズ特製の塩に1日漬けてから120度以上の高温で2.5時間、オーブンで1時間焼き上げます。霜降りは多すぎず食べ終わった後も胃が重くもたれることはありません。とことん肉の旨さを味わえます。

 サイドディッシュはマッシュポテト、グリーンピース、コーン、クリーム入りほうれんそうとベーコン炒めなども選べますよ。

冰旋翡翠沙拉/オリジナル・スピニング・ボール・サラダ(単品440元)

 ロウリーズといえば、忘れてはいけないのがこのクールなサラダです。レタス、ほうれん草、ビーツ、チェリートマト、卵、そしてクルトンに特製のビンテージ・ドレッシングをプラス。スタッフがテーブル脇でスピニング、つまりぐるぐる回転させるスタイルで、サラダを作るパフォーマンスをしてくれるのです!スピニング用のボールは底が深く、軽く、すばやく回転するようデザインされています。

 スタッフが材料をボールに入れ、氷を敷いた容器に乗せたかと思うと一気に回転スタート!これにより材料がまんべんなく混ざり合います。また氷の上で調理することにより、野菜のみずみずしさがキープされるというわけなのです。最後にスタッフが高い位置からドレッシングを加えると、サラダの中に均等に広がっていくのがわかります。なんて素敵なパフォーマンスなのでしょう!これもサラダを美味しくするスパイスなのですね。味はさわやかでたっぷりの牛肉にぴったりあいます。このサラダの卵以外の材料は、全て輸入品だそうですよ。

鮮調馬鈴薯泥/ベイクド・ポテト

ロウリーズのオリジナル・レシピで調理されたこのポテト、新鮮なサワークリームが使用されており、ミルクとポテトのバランスが絶妙です。ステーキソースとともにいただくと、また別の味わいが。

香濃菠菜泥/クリームド・スピナッチ

世界的に有名なこの一品。ほうれん草とクリームとベーコンであえました。ほうれん草の中に散らばったベーコンを噛みしめると、これぞ一流の味と実感できます。

奶油香甜玉米粒/クリームド・コーン

ロウリーズのコーンは甘みたっぷりでとてもジューシィ。またバターも濃厚で、コーンの甘みとのバランスが絶品です。コーンが本来持つ芳醇さが存分に引き出された風味は、シンプルな外見からは想像できません!

Lawry's 甜點/デザート

 たっぷりとした食事の後でも、デザートやドリンクを控えるなんていけません!ロウリーズのデザートはとっても繊細でおしゃれ。特にお勧めなのは「イングリッシュ・トライフル」と「クリームブリュレ」。両メニューとも添えられたアイスクリームは最高級のハーゲン・ダッツ!「イングリッシュ・トライフル」は1938年の開業当初からある伝統メニューで、独特な触感が長年愛されてきました。甘さ控えめで、スポンジは柔らかくなめらか。クリームとソースの組み合わせで、一口一口違った味わいがありますよ。

ミニ情報

  • 支店:ロサンゼルス・ラスベガス・シカゴ・ダラス・東京・大阪・シンガポール・香港
お店からのメッセージ
Lawrys The Prime Rib(勞瑞斯)

 1938年の開店以来、ロウリーズのプレミアムリブはそのノスタルジックな独特の風味で、世界中の人々を魅了してきました。お客様の目の前で調理されるオリジナル・スピニング・ボール・サラダや、職人技の結晶であるシルバー・カートなど、そのユニークなサービスは他店の追随を許しません。台北のすばらしい景色を見下ろすロケーション、プライベートルーム等、食事を存分に楽しんでいただく舞台設定も抜群です。私どもの素晴らしいサービスと、おいしい料理をお楽しみください。

記者コメント
Lawrys The Prime Rib(勞瑞斯)

 テーブルにシルバーが来ると期待に胸が膨らみますよ。分厚いお肉はボリュームも味も大満足。お店のおすすめ料理もお試しあれ!(徐小姐)

最終更新:2013年11月18日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.