リンク1 リンク2 旅々台北バックナンバー

金門島の風獅爺巡り

金門島の風獅爺巡り

金沙エリア周辺スポット

陽翟老街
陽翟老街
陽翟老街
陽翟老街
陽翟老街

陽翟老街

 1950年台北市議会議長張祥傳氏は、金門の最前線で働く軍人たちの労をねぎらうため、寄付して建てたのが今日の金東戲院です。陽翟一帯の繁華街は金東映画館から始まり、当時は空席が無いほどの盛況ぶりで、近くにある陽翟街を繁栄した商店街に発展させました。理髪店やビリヤード場、銭湯があったりしたそうですが、その後、軍人の減少と共にそれらも衰退していきました。2014年に上映された台湾映画「軍中樂園」の撮影のため、2013年の6ヶ月間に渡り、陽翟を修復して、再び1960年代の金門風景を再現し、歴史的なシーンの撮影が行われました。人々の文化の風情と戦地の要素が交差した金門の独特な島の姿や雰囲気がよく表され「軍民一家(軍と一般市民が融合)」の歴史の記憶がよく伝わる映画になっています。この映画を見て金門に訪れた人々は、映画の中の雰囲気が残された金門島を見るとまるでタイムトンネルを通って1960年代に来た気分になれます。映画の中で重要な景色の一つ「陽翟大街」は見事なまでに陽翟の歴史的な風景を再現し、金門県政府協力の下、撮影後も映画の中の街並みを保存することができ、金門に新しい観光スポットが作られました。映画のシーンのように、歴史的な風景の交差する魅力を味わいたい方は必ず訪れたいスポットです!

  • 住所: 金門縣金沙鎮光前里陽翟1號
  • 営業時間: 09:00-18:00

閩式燒餅

 沙美老街のそばにある「閩式燒餅」は、金門で絶対買うべきなお土産と言われています。特に休日は人でにぎわいお店の前に長い行列ができるほどなので、先に電話予約されることをおすすめします。1個13元で1箱10個入り、甘い餡としょっぱい餡の2種類の味があります。甘い餡の焼餅の上はサクサク、下はカリカリで驚きの食感です。小麦粉の甘みと麦芽の甘い香りがそそり、食べだしたら止まりません!しょっぱい餡はまるで台湾のネギクラッカーのような味わいで、中の餡がたっぷりで肉と葱のよい香りがあふれます。

  • 住所:金門縣金沙鎮博愛街48號
  • 電話:08-235-2922
  • 営業時間:07:00-16:00

TOP