台湾から金門島へのアクセス方法

金門島と台湾を結ぶ空港
▲5つの空港から金門島行きの飛行機が出ています。
金門島と台湾を結ぶ空港
金門空港の外観と空港内施設。カフェには風獅爺がいました。
  • テスト
  • テスト
  • テスト

台北松山空港を利用しました

 台湾から金門島へ向かうのは飛行機を使うのが一般的です。金門島行きの便がある空港は「台北松山空港」、「台中空港」、「嘉義空港」、「台南空港」、「高雄国際空港」の5つです。最も便数が多いのは「台北松山空港」。ここからは、毎日、朝7時から夕方5時の間に19便が台北と金門を繋いでいます。成人1人の往復運賃はおよそ4,440元です。時間と運賃は変更になる可能性がありますので、最新の情報をホームページでお確かめください。

空港のホームページ

航空会社のホームページ


金門島での移動方法

タクシーをチャーターするのがベストです

 金門島で効率的に観光地を回るには空港かホテルでタクシーをチャーターするのがベスト。空港やメジャーな観光地以外ではタクシーがなかなか捕まえられないので、移動が大変です。事前に行きたいところをメモしておき、筆談で交渉しましょう。取材の時は3名でタクシーを1台チャーターしました。費用は1日約8時間で2,300~2,500元でした。

金門島と台湾を結ぶ空港


前のページへこのページのトップへ次のページへ
1/19ページ2/19ページ3/19ページ4/19ページ5/19ページ6/19ページ7/19ページ8/19ページ9/19ページ10/19ページ11/19ページ12/19ページ13/19ページ14/19ページ15/19ページ16/19ページ17/19ページ18/19ページ19/19ページ