旅々台北.com 調査報告書 No.17

HOME基本情報車輌情報駅情報各種情報特別レポート
← 戻る   次へ →

この特集は既に更新を停止しております。
詳しい情報は公式WEBサイトをご覧ください。


台湾の西海岸を南北に貫き、台北から高雄にいたる約345kmを、最高速300km/hで走り抜ける高速鉄道。当初は2005年10月の開業予定でしたが、工事の遅れやトラブルの発生などで3度の開業延期。台日の鉄道ファンをやきもきさせながらも、2007年01月05日ついに開業し、日本の新幹線が初めて海外で走り始めました。ただし、現在は上下各25本、1日合計50本のみの運行です(2007/04/12現在)。一日も早いフル営業が待ち望まれます。

最短90分で南北が結ばれることから、台湾内の多くの地域が日帰り圏となり、観光客にとってはこの上もない交通機関となります。台湾旅行の際には、ぜひ台湾新幹線を利用して、台湾中部、南部へも足を伸ばしてみてくださいね。

全長 345キロメートル
(通過都市:14県市、77郷鎮市区)
最速到達時間  90分(台北〜高雄間)
最高速度 300km/h
車輌 台湾高速鉄道の列車は700T系。これは日本のJR東海とJR西日本の共同開発によって作られた新幹線700系をデザイン基準としています。
※車輌の詳細については、>> こちら
台北-板橋-桃園-新竹-台中-嘉義-台南-左営
※南港、苗栗、彰化、雲林の各駅は未開設(2007/04現在)
※各駅の詳細については、>>こちら
運行会社 台湾高速鐵路(股)有限公司
http://www.thsrc.com.tw/jp/ (日本語)


自由席
普通(指定)席
ビジネス席
  台北 板橋 桃園 新竹 台中 嘉義 台南 左営

30
40
260
120
160
440
225
290
640
555
700
1,250
860
1,080
1,820
1,075
1,350
2,230
1,190
1,490
2,440

30
40
260
100
130
400
205
260
590

530
670
1,210

835
1,050
1,780
1,050
1,320
2,180
1,165
1,460
2,390

120
160
440
100
130
400
100
130
400

430
540
1,010

735
920
1,580
950
1,190
1,990
1,060
1,330
2,200

225
290
640
205
260
590
100
130
400
325
410
820
625
790
1,390
845
1,060
1,790
955
1,200
2,000

555
700
1,250
530
670
1,210
430
540
1,010
325
410
820
300
380
770
515
650
1,180
625
790
1,390

860
1,080
1,820
835
1,050
1,780
735
920
1,580
625
790
1,390
300
380
770
220
280
620
325
410
820

1,075
1,350
2,230
1,050
1,320
2,180
950
1,190
1,990
845
1,060
1,790
515
650
1,180
220
280
620
110
140
410

1,190
1,490
2,440
1,165
1,460
2,390
1,060
1,330
2,200
955
1,200
2,000
625
790
1,390
325
410
820
110
140
410
※上段の黒文字が自由席、中段のオレンジ色の文字が普通席(指定席)、下段の赤文字がビジネス席の料金です。(自由席は10-12号車)
12歳以下の子供、65歳以上の方、身体障害者手帳をお持ちの方(及び介護者1名)は、普通席金額の半額となります。なお、自由席での優待割り引きは適用されません。その他、団体料金もあります。
※上記料金表は2007年11月12日現在のものです。変更される場合もありますので、こちらのページでご確認ください。


列車番号 401 101 103 201 403 107 451 405 109 111 453 407 113 115 463 409 147 117 465 411


































台北 6:30 6:36 7:00 7:18 7:30 8:00 8:06 8:30 8:42 9:00 9:06 9:30 9:42 10:00 10:06 10:30 10:42 11:00 11:06 11:30
板橋 6:39 6:45 7:09 7:27 7:39 8:09 8:15 8:39 8:51 9:09 9:15 9:39 9:51 10:09 10:15 10:39 10:51 11:09 11:15 11:39
桃園 6:52 7:52 8:28 8:52 9:28 9:52 10:28 10:52 11:28 11:52
新竹 7:06 8:04 8:40 9:04 9:40 10:04 10:40 11:04 11:40 12:04
台中 7:33 7:29 7:52 8:10 8:30 8:52 9:06 9:30 9:34 9:52 10:06 10:30 10:34 10:52 11:06 11:30 11:34 11:52 12:06 12:30
嘉義 7:58 8:34 8:56 9:32 9:56 10:32 10:56 11:32 11:56 12:32 12:56
台南 8:18 8:53 9:15 9:51 10:15 10:51 11:15 11:51 12:15 12:51 13:15
左営 8:30 8:13 8:36 9:06 9:30 9:36 10:06 10:30 10:18 10:36 11:06 11:30 11:18 11:36 12:06 12:30 12:18 12:36 13:06 13:30
列車番号 502 402 102 404 106 462 406 108 110 452 408 112 114 454 410 148 116 208 412 118
左営   6:30 6:36 7:00 7:30 7:36 8:00 8:06 8:30 8:36 9:00 9:06 9:30 9:36 10:00 10:06 10:30 10:36 11:00 11:30
台南 6:47 7:17 7:53 8:17 8:53 9:17 9:53 10:17 10:51 11:17
嘉義 7:06 7:36 8:12 8:36 9:12 9:36 10:12 10:36 11:09 11:36
台中 7:00 7:30 7:22 8:00 8:16 8:36 9:00 8:52 9:16 9:36 10:00 9:52 10:16 10:36 11:00 10:52 11:16 11:34 12:00 12:16
新竹 7:28 7:58 8:28 9:04 9:28 10:04 10:28 11:04 11:28 12:28
桃園 7:40 8:10 8:40 9:16 9:40 10:16 10:40 11:16 11:40 12:40
板橋 7:53 8:23 8:05 8:53 8:59 9:29 9:53 9:35 9:59 10:29 10:53 10:35 10:59 11:29 11:53 11:35 11:59 12:17 12:53 12:59
台北 8:00 8:30 8:12 9:00 9:06 9:36 10:00 9:42 10:06 10:36 11:00 10:42 11:06 11:36 12:00 11:42 12:06 12:24 13:00 13:06
※上記時刻表は2007年11月09日以降のものです。変更されている場合もありますので、こちらのページでご確認ください。
※時刻表のみ印刷したい方は、こちらのページをご利用ください。

ミニコラム:台湾新幹線と呼んでいいの?

車輌は日本の新幹線700系の改良型である700Tですが、運行方式や分岐器などは欧州方式も取り入れているため、厳密な意味では日本の新幹線とイコールではありません。開業時の運転手は全員フランス人であったことからも状況を窺い知ることは出来ますが、旅々台北は専門家ではありませんので、技術レベルの差異までは確認出来ていません。しかし、台湾内でも新幹線と呼ばれることもあり(一般的には「高鐵」と呼ばれます)、また、車輌はもとより、たくさんの新幹線技術が初めて海を渡ったことには違いありませんので、敬意を込めて「台湾新幹線」と呼ばせていただきます。

HOME基本情報車輌情報駅情報各種情報特別レポート
← 戻る   次へ →
協力:台灣高速鐡路 (当ページ掲載の画像や写真等著作物は、旅々台北および台灣高速鐡路に無断で使用することは出来ません)

旅々台北.comへ戻る台北遊透隊バックナンバーへ旧特集「台湾新幹線でGO!」へ
旅々台北.com