台北遊透隊 旅々台北.com
基本情報 マップ 遊ぶ グルメ ショップ 民宿ご紹介 プレゼント
前へ 次へ

大タイトル


お遊びスポットトップへ戻るその1|観光スポット|

ゆるゆる観光スポット


シェンピンシーイン

昇平戯院

マップ番号: 4-C
住所: 新北市(旧台北縣)瑞芳區豎崎路(軽便路と交差する広場)

裏側↑

九分の繁栄を見守ってきました

戦前のゴールドラッシュ華やかし頃に建てられた劇場で、台湾最大規模を誇ったそう。周囲から隔離された九分では映画が重要な娯楽であり、毎晩、金鉱での仕事を終えた鉱夫たちで大にぎわいだったそう。隣の立派な「悲情城市 小上海茶飯館」が劇場従業員の寮だったと言うのですから、驚きですよね。

1986年の閉館以来、建物のは荒れ果てたままになっています。九分のシンボルマークであるこの劇場の保存を望む声も強いのですが、私有財産のためなかなか難しいのだとか。崩壊の恐れもありますので、記念撮影は離れた場所からどうぞ。

ウーパンケンコウ

五番坑口

マップ番号: 5-A
住所: 新北市(旧台北縣)瑞芳區軽便路
(昇平戯院と八番黄金地の間の道をしばし直進)


この先に金が埋まっているかも・・

昭和2年に開発された九分5番目の金鉱で、1972年まで使われていました。現在は入り口に鉄格子が設けられ中に入ることはできませんが、つい30年ほど前まで、ここから黄金が運び出されていたのかと考えると、冒険心に火がついてしまうかも。

坑道の暗闇に目をこらすと、キラリと光る黄金が見えるかも・・しれませんよ。

ニィーレンウー

泥人呉

マップ番号: 4-B
住所: 新北市(旧台北縣)瑞芳區豎崎路7-1號
営業時間: オーナーの気分次第
定休日: オーナーの気分次第
メニュー: 入場料 50元
お面オーダー 1,500元〜


夜は怖いぞ 強烈お面がずらり

作者が思いのままに造り上げた、何百、何千のお面がならぶ博物館。“鬼”を具象化したというだけあり、もがき、苦しむ表情は実にリアル。怖がりの方には、夕方以降の入場は避けるべき。

しかしオーナーは小籠包職人だったというだけあり、泥をこねる手つきは見事。実はリアルな造形も得意で、自分自身や歴代総統をモチーフにした像は素晴らしいできばえなんですよ。本人や写真を元にしたお面をオーダーすることもできますが、その作品が鬼になるかどうなるかは、オーナーの気分次第・・?


※おことわり:九分の"分"には実際にはニンベンがつきます(九イ分)。この特集内では、"九分"と表記してありますのでご了承ください。
前へ 次へ

トップページ九分基本情報&旅のススメ九分すみずみマップ|お遊びスポット|グルメショップリスト民宿ご紹介プレゼント

Copyright (C) MagicalSite Taiwan Inc. All Rights reserved.