- 猫花園
- 猫舗茶坊
- 極簡 Cafe
- 院子 cafe
- 品客經典
- Bistro O
- Cafe OSO
- Swift's Place
- 蘇格拉底 猫哥二手書店
- Wow-Meow-Cafe
- DoDo Cozy Home
- Nest Cafe
+ 猫カフェとは?
- 猫カフェコレクション
+ 猫カフェツアー
+ 猫カフェ店員密着レポート
+ プレゼント
HOME
台湾猫カフェ最大規模店

 台湾猫カフェの中でも、最多の総勢17匹の猫(プラス犬1匹)がお出迎えしてくれる猫カフェの代表格!1998年のオープン以来、常にパワーアップしながら台湾中の、いえ海外の猫好きさえをも魅了し続けています。

  2003年の「台北猫パラダイス」への登場以来、日本からのお客様も増えたとのことで、中には月一ペースの台湾出張の際には必ず寄ります!というツワモノもいらっしゃるとか。ええ、そうでしょうともそうでしょうとも。お気持ちはよーくわかります(笑)。実はこの取材中にも、日本人観光客の方が3組もいらっしゃいました。もちろん、旅々台北のプリントアウトを持って!



営業部長バンビ

 お店の猫達は、皆個性派揃いで愛嬌たっぷり。とはいえ、お客様が来ると、まずはじめにご挨拶に行くのは、ゴールデンレトリーバーのバンビちゃん。猫がお客様用の椅子で寝ていると、鼻で押しやり席を確保、としっかり営業部長をしています。猫達はバンビちゃんを怖がることなく、時に一緒に遊びつつ何も気にしていない模様。

 お店は入り口を入ってすぐは喫煙席、そして、内ドアの両側にはガラスで区切られた猫部屋が左右にあります。ちなみに店内向かって右側の猫部屋は「反省室」。お客様をひっかいたり、他の猫とケンカしちゃった猫たち、それに外嫌いの臆病猫たちは、この「ATTACK CAT」のプレートがかかった「反省室」入りなのだそう。

  ちなみに取材時には6匹反省中でしたよ。とはいえ、臆病猫たちにとっては、こっちの隔離された「反省室」のほうが居心地いいのですが。

※追記:ゴールデンレトリーバーと思われていたバンビは、どうやらドイツ犬の「ホフヴァルト」という犬種だったことが判明。



のんびり、どうぞ

 17匹もいると、もうどこを見ても猫猫猫。元気に走りまわる小乖に、ソファーの上でずーっとお昼寝をしているミャオミャオ。テーブルの上で、ポージングをとる花花を撮影しようとカメラを構えていると、GUCCIちゃんにドーンと体当たりをくらったりと、否が応でも猫まみれのパラダイスです。

  お食事メニューにアフタヌーンティーセット、さらにビールやカクテルもあるので、開店と同時にやってきて夜までずっと長居していくお客様も多いのだそう。チキンのから揚げがのったトマトスパゲティーは、ボリュームもあってお食事系の中でイチオシです。看板コーヒーは、お代わり自由というのがうれしいところ。

  店内に用意してある猫のおもちゃで、猫と戯れつつ、またカメラ(フラッシュ厳禁)でお気に入りの子とツーショットをとりつつ、あなただけの猫時間を過ごしてみてくださいね!

最終更新日:2010年10月20日
 


【猫花園】
Cafe Dog & Cats

住所:台北市福華路129號1F
電話:(02)2835-3335
営業時間:12:00〜22:00
定休日:不定休
最低消費:120元
HP:なし
交通:MRT芝山駅から徒歩約1分

【おすすめメニュー】

茄汁炸鶏柳義大利麺(チキンのから揚げとトマトソースのスパゲッティ):280元※スープとドリンク(コーヒー/紅茶/ジュース)付き


下午茶(アフタヌーンティーセット):165〜215元
招牌熱珈琲(看板コーヒー):170元(お代わり自由)提拉米蘇(ティラミス):80元藍莓蛋◎(ブルーベリーケーキ):80元乳酪蛋◎(チーズケーキ):80元



熱茶:絲路(ホットティー:シルクロード):170元※キンセンカ、バラ、ミントのハーブティーで、新陳代謝、血の巡りをよくしすっきりさせる効果あり。

※珈琲はどちらも口へん
※◎=米へんに羔の字

※12歳以下の子供は入店禁止。
※猫へのエサをあげ、フラッシュ使用の撮影、飲食物のお持込、注文しない方の入店は禁止。
※猫草や猫用のおもちゃあり
※犬(要鎖)、猫(要キャリーバック)とも同伴可。
※犬猫のオヤツはカウンターにて販売しています(10〜30元)。
※料金に10%のサービス税はつきません。

【関連ページ】
猫花園
猫花園(2003年猫特集)
   ご紹介している猫たちは必ずお店にいるとは限りません。あらかじめご了承ください。
01:小乖(シャオグァイ)、メス・3ヶ月
花花とButterの子供。活発で好奇心旺盛。なのに怖がり。
02:○○(ミャオミャオ)、オス・11歳
乳製品が大好き。コーヒーのミルクをお客様におねだりしますが、あげてはいけません。※○=口へんに苗の字
03:痞痞(ピピ)、オス・7歳
おデブ猫。他の猫が寝ている場所が好きで、寝ている猫に巨体でのしかかること多々あり。Momoと仲良し。
04:GUCCI(グッチ)、メス・7歳
唯一人間用のトイレで用を足せる。自分のことを人だと思っている。カウンター前で、仰向けにゴロゴロするのが好き。
05:小虎(シャオフー)、メス・12歳
小▲(シャオミー)のお姉さん。愛称は阿媽(おばあちゃん)。ひなたぼっこと昼寝が大好き。※▲=口へんに米の字
06:Mini(ミニー)、メス・1歳
チンチラとペルシャの混血。Butterの許嫁としてお店に来ましたが相性あわず。現在彼氏募集中。
07:小的(シャオダ)、メス・9歳
おしりを叩いてもらうのが好き。常連客のところには、自分からご挨拶にいきます。
08:花花(ホァホァ)、メス・1歳
スコティッシュフォールド。見た目ガッツ石松のような容貌だが、小乖の良きママで、人懐っこい。
09:MOMO(モモ)、オス・8歳
仰向けになって寝るのがお得意。オス猫のボスで気が荒いので、噛まれないようにご用心。
10:圓圓(ユエンユエン)、メス・2歳
キッチンがテリトリー。懐っこいくせにべったりしすぎない絶妙の距離感が取れる猫。
11:小利(シャオリー)、メス・3歳
いつも椅子の下に隠れている臆病な猫。たまに椅子の下から顔をのぞかせるくらい。
12:小▲(シャオミー)、メス・12歳
神経質。小虎と一緒にひなたぼっこするのが好きで、店内ではもっぱら小虎と一緒に行動。※▲=口へんに米の字
13:Butter(バター)、オス・2歳
ペルシャ。鼻の気管炎を患ったため気管と皮膚が弱い。別名ブサ白猫だが、1号:圓圓、2号:花花と二人の奥さん持ち。
14:瑪芬(マフィン)、メス・7歳
縄張り意識が強い姉御。嫌な種類の猫の匂いがするお客にはマーキング!でも基本的に人懐っこい甘えん坊。
15:便當(ベンタン)、オス・6歳
小的の息子。MOMOの子分でどこにでも着いていく。アゴのブラッシングだけはさせてくれるが、他は無理。
16:小牛(シャオニョウ)、オス・7歳
ボブテイルのハンサムガイ。知らない猫を威嚇するのが好きなので、猫連れ客さんが来ると、猫ルームに隔離されます。
17:錢錢(チェンチェン)、メス・7歳
小さいころお店を脱出して怖い目にあって以来、大の臆病者に。MOMOとだけ仲良し。
DOG:班比(バンビ)、オス・3歳
強引にお手をするオチャメなホフバルト。猫達のガードマンで、閉店後の留守を預かるしっかりもの!?

<< 猫カフェ一TOPへ 次のカフェへ >>

HOME猫カフェ?猫カフェ!猫ツアーレポートプレゼント|  |台北遊透隊バックナンバー旅々台北


2005 Copyright (C) MagicalSite Taiwan Inc. All Rights reserved