ノスタルジーにひたろうなつかし列車に出会うスポット
TOP | 表紙 | 台北市児童交通博物館 | 二二八和平公園内SL展示室 | 台湾香焦新樂園 | 鉄道文物展示館
鉄道文物展示館
DR2050型ディーゼル列車

ユニークな車両が並ぶ

LFT7602糖蜜車 LDT103 運転席の様子
LFT7602糖蜜車 LDT103 運転席の様子

 花蓮駅前の広場にさりげなく展示された車両は、いずれも貴重なものばかり。「LTPS1102三等寝台車」は1930年、「LTPB1375三等客車」は1943年に、日本鐵道花蓮港修理廠により製造され、戦後長らく現役車両として使われていました。


車内に入れます

客車を引っ張ります 三等客車 貨車
客車を引っ張ります 三等客車 貨車

 また製糖で栄えた花蓮らしく、糖蜜の専用運搬車両「LFT7602糖蜜車」や、サトウキビなどを積んで花蓮〜台東間を走った「LCC5521貨車(有蓋車)」など、ユニークな車両6台が並んでいます。周囲に柵などは特に無いので、実際に中に入ったり、触ったりして身近に見学できるのが嬉しいところです。

石炭投入口 寝台車の中 列車後部
石炭投入口 寝台車の中 列車後部

※列車内にホームレスが住み着いていることがあります。

施設情報
 
住所 花蓮市國聯一路106号
電話番号 03-8360634
ホームページ なし
開館時間 8:00〜17:30
休館日 なし
入場料 無料
交通 「花蓮駅」より徒歩1分
展示列車 「LTPS1102三等寝台車」「LTPB1375三等客車」「LDT103型蒸気機関車」「LDR2307型ディーゼル列車」「LFT7602糖蜜車」「LCC5521貨車(有蓋車)」など