猫と出会う旅 猴硐貓村特集



猴硐は新北市瑞芳区に位置し、台湾にて早期に開拓された炭鉱があった場所でした。「猴硐」という地名は非常に特色のある名前で、昔この辺りに猿(中国語で猴)がよく集まる場所であったため「猴洞」と名付けられたのですが、炭鉱では水辺を表す「洞」の文字は縁起が悪いと言われるため、現在の「猴硐」という字になったと言われています。

 山間に位置する猴硐は、炭鉱事業が衰退した後、不思議なことに続々と猫が集まり、「猫村」としてどんどん噂が広がっていきました。山間の村に猫が自由に暮らしている様子は、まるで漫画の中の世界のようです。猴硐では、この地に暮らす猫たちや、美しい街の景色、新たな台湾の魅力と素敵な出会いがあなたを待っていますよ!今回は、私達と一緒に列車に乗って、猫村に住む可愛い猫たちを探しに行ってみましょう!


記者:柴郡貓(チェシャ猫)、Mikiko / 攝影:Renan

柴郡貓(チェシャ猫)

台北在住のシンガーソングライター。猫のような可愛さと個性を持つ猫系ガール。台湾及び日本でライブ活動を行っているほか、音楽・文化・旅行を通して日台交流を目指す音楽旅人。

Mikiko

台湾在住日本人ライター。おいしいものや目新しいものが大好きで、台湾全土のローカルフードやトレンドグルメを食べ歩いている。台湾人よりも台湾のグルメ情報に詳しい、と言われるほどのくいしんぼう女子。

猴硐駅

猴硐駅までは、台北駅から台湾鉄道の北迴線で約1時間の列車の旅です。猴硐駅に到着すると、駅の構内にはたくさんの猫アートや装飾を見ることが出来ます。更に駅構内の至る所で猫たちが一休みしている様子は、まるでこの駅に到着する人々を迎えてくれている様で、さっそく猫の楽園にたどり着いた気分になりますよ!

猴硐煤礦博物園區 願景館

駅の正面出口を出てすぐに見えるのは、猴硐煤礦博物園區の「願景館」です。この建物はこの辺りが炭鉱として栄えた当時「瑞三礦業公司」の倉庫として使われていた建物で、現在は炭鉱時代の発展や当時の文献などを展示するエリアになっており、この辺りの歴史や炭鉱時代のストーリーを今に伝えています。

さらに、猴硐煤礦博物園區の歩道に沿って、遺跡として保存される製錬場跡地と運煤橋(鉱物を運ぶ際に使った橋)を散策すれば、当時の人々の生活の様子が感じられます。運煤橋を渡ったところでは、採掘用のトンネルを見学できるトロッコがあります。(1人150元)炭鉱跡の中では、採掘作業体験もあり、炭鉱内の神秘的な一面などもうかがい知れる貴重な体験が出来ますよ!

住所
新北市瑞芳區柴寮路48號
TEL
02-2497-4143
営業時間
9:00-18:00
地図

猫村のメインエリア

駅の西側は、猫村のメインエリアになっています。ここは以前、炭鉱労働者の居住する寮だった場所で、石炭の採掘事業が衰退した後は、長らく廃墟となっていました。この地でどんどん猫が繁殖し、この場所に住みつくようになり、猫好きたちの注目スポットとなった後、猴硐の地を地元の人と猫が共存できる「猫村」として再生させる計画が立ちました。そして2013年には、日本の2ヶ所の猫の島、アメリカ、イタリア、トルコの猫の名所などと並んで、アメリカCNNの「世界の6大猫の名所」にも選ばれました。

猴硐駅から線路を越えて直接猫村まで行くことが出来る「猫橋」は、台湾初の人と猫の為に作られた陸橋で、炭鉱の雰囲気を残すブラウンカラーの橋は、遠くから見るとまるで1匹の猫がくつろいでいるようで、とても可愛らしいです。橋の中は、キャットタワーや、猫の家、猫のトイレ、餌台などが設置され、猫のためのデザインが様々に施されています。この駅で下車した観光客たちは、この橋からも猫村の雰囲気をしっかりと満喫できますよ!

標識に沿って猫村に進むと、歩道沿いにはアーティストとコラボレートした様々な猫のアート作品を見ることが出来ます。ピアノのように色づけられた階段、猫が描かれた壁、そして猫のオブジェは猫村の特別な景色を紹介してくれているようです。

 そして一番のポイントは、やはりこの地に暮らす猫たちで、みんな自由にこの地に暮らし、時にはお店の前に座って招き猫の役目をしたり、時には壁に駆け上って美しい景色を眺めていたり、疲れたら屋根に上って昼寝したりと、ここの猫たちはとても気ままに生活を楽しんでいるようです。この地の住民やボランティアの人たちが日々努力を重ね、定期的に猫たちに予防接種と去勢手術を行っています。猴硐駅の傍には「貓咪資訊站」を作り、可愛い猫のキャラクターを使って、訪れる観光客たちに動物保護や病気予防に関する知識や情報を提供しています。猫好きな人たちも、散策前にはぜひここを訪れて注意事項を理解してから出掛けましょう。猫村のルールを守って散策すれば、猫たちの幸せな時間を守ることにもなりますよ。


猫村散策時の注意事項

1.自分で猫用の餌を持ち込んで、猫に餌をあげないで下さい
2.撮影時にフラッシュを使用しないで下さい
3.猫用のおもちゃなどを持ち込んで猫と遊ばないで下さい
4.犬などのペットを同伴することはご遠慮下さい
5.現地住民の迷惑になるような行為をしないで下さい
6.自分のごみは各自きちんと持ち帰り、環境に配慮しましょう
7.猫村に猫を捨てることは厳禁です



猫をテーマにした様々なお店

猫村の中には猫をテーマにした様々なお店があり、ゆっくりと座ってコーヒーを飲んだり、友人たちとランチを楽しんだりしたい人は、猫村の一番高台に位置する路地を訪れるのがおすすめです。このエリアは、かつての炭鉱夫たちの寮だった建物が建ち並び、現在はリノベーションが行われ特色あるお店がたくさん集まっており、お店の人たちはみんな猫好きばかりですよ! では、さっそくお店を訪ねて、たくさんの猫グッズやおいしい猫フードを探しに行ってみましょう!

Empress Gallery (Catwalk 219)

ここでぜひ訪れたいのはアートギャラリー兼カフェ「Empress Gallery (Catwalk 219)」です。2013年にオープンしたお店は、アーティストのオーナーが愛猫を亡くした際に、ふらりと訪れた猫村のこの建物に引き寄せられ、別荘として購入、その後ギャラリー兼カフェとして開放するようになりました。店内にはオーナーや店長が描いた絵画が飾られ、大きな天窓からは優しい日差しが降り注ぎ、居心地のよい雰囲気です。小蝦蝦、Oreo、QQ、帥胖胖、圓仔、歪點點の6匹の可愛い猫ちゃんたちが、日替わりで数匹お店に出てきています。

 台湾のクラフトビールメーカーと一緒に作っている「獨家貓啤酒 (猫ビール/180元) 」は軽い飲み口のオリジナルビールで、お店の一押しメニューです。他にもハンドドリップで入れる「曼特寧手沖咖啡 (マンダリンコーヒー/150元) 」もおすすめですよ。ゆったりした午後のひと時においしいビールやコーヒーを飲みながら可愛い猫ちゃんたちに癒されるのもいいですね。

 日本人アーティストPEPE SHIMADA氏とも交友の深いオーナー、店内ではPEPE氏の動物モチーフアイテムも購入できます。「PEPE桑便利貼 (PEPE氏デザインのマスキングテープ/149元) 」や「PEPE桑襪子 (PEPE氏デザインの靴下/280元) 」は、何とも言えない猫の表情が可愛らしいアイテムです。猫グッズも豊富に揃う「Empress Gallery (Catwalk 219)」は、猫村を訪れたらぜひチェックしたいお店ですよ!

住所
新北市瑞芳區猴硐柴寮路219號
TEL
02‐2706‐6565
営業時間
月・水~金 12:00-17:30
土・日10:00-17:30(火曜日定休)
地図

躲喵喵咖啡館Hide & Seek Café かくれんぼ

猫村を訪れて猫モチーフのフォトジェニックな可愛いスイーツが食べたい!という人におすすめなのは「躲喵喵咖啡館Hide & Seek Café」です。台北でずっとパティシエとして働いていたオーナーはリタイア後、生まれ故郷の猴硐に戻り、猫に囲まれてゆっくりと自身のお店を開きたいとの思いで2014年にこのカフェをオープンしました。明るく笑顔の可愛い奥さんと二人三脚でお店を営んでいます。お店には2匹の看板猫の斑斑と妞妞がいます。今回お店を訪ねた際には、2匹とも不在で、奥さんが「ごめんね、今2匹とも隣のお店のネズミ捕りの手伝いに出ているの」と、大変働き者の2匹です。さすが猴硐では、本当に「猫の手も借りたい」人が多く、猫ちゃんも大忙しですね。

 手作りの猫モチーフスイーツ「喵泡芙 (猫シュークリーム/120元) 」は、とてもキュートな猫型のシュークリームです。毎日焼き上げるふわふわサクサクのシュー皮にブルーベリージャムと甘さ控えめの生クリームがよく合います。「喵蛋糕 (猫ケーキ/100元) 」はドライブルーベリーとオレンジピールが入ったカップケーキにシュガークリームで猫のデザインを描いています。この可愛い猫デザートは猴硐の大人気スイーツで、タレントの渡辺直美さんの台湾写真集の中にも登場していますよ!

 お店イチオシの「爆漿布朗尼 (フォンダンショコラ/120元) 」は、さっくりとしたチョコ生地の中にとろけるチョコソースがたっぷりと入っていて、「美式咖啡 (アメリカン/80元) 」との相性もバッチリです。この辺りで採れるキンカンを使った「喵桔茶 (キンカンレモン茶/80元) 」はお店のオリジナルドリンクです。ビタミンたっぷりで甘酸っぱい味わいが、暑い夏にもピッタリですよ!猫村を訪れたら「躲喵喵咖啡館Hide & Seek Café」の可愛い猫スイーツで癒されちゃいましょう!

住所
新北市瑞芳區光復里柴寮路223號
TEL
02-2497-9132
営業時間
月~水、金~日10:00-18:00(木曜定休)
地図

招財貓本鋪

他にも可愛い猫グッズを販売している「招財貓本鋪」は、金石工坊という創業30年の老舗雑貨店グループが経営するショップの猴硐店で、和風のお店です。台湾オリジナルデザインの猫グッズをセレクトして販売しており、お店に入って特に目を引くのは種類豊富な招き猫たちです。金運だけでなく、福を招く招き猫、縁を招く招き猫など、様々なチョイスがあり、思わず見入ってしまうほどです。金石工坊は台湾全土に全10店舗あり、どれも人気の観光名所ばかりです。お店の外は神社のようなデザインを施しており、猫たちがここで一休みしている姿もよく見かけることが出来ます。猫村の有名なフォトスポットにもなっていますよ!

住所
新北市瑞芳區柴寮路249號
TEL
02-8228-0217
営業時間
平日 9:30-17:30、土・日・祝 9:00-18:30
地図

煤之鄉 貓咪鳳梨酥

猫村の特色あるお土産と言えば、猫型パイナップルケーキです。猴硐駅の正面出口を出てすぐの看板が目に入る「煤之鄉 貓咪鳳梨酥」は、可愛い猫型のパイナップルケーキを販売しているお店です。炭鉱のイメージにぴったりな黒猫の顔のパイナップルケーキは、生地に竹炭、中の餡には龍眼を使用しています。猫の顔型と猫の体全体の2つのデザイン、テイストは土鳳梨(土パイナップル)を使ったプレーン味以外、クランベリーパイナップルケーキ、ブルベリーパイナップルケーキもあり、12個入りで360元です。パッケージも猫型のデザインで、猫好きにはたまりませんね。新北市の特色あるお土産にも選ばれており、猴硐に来たら絶対に買って帰りたいお土産ですね!

住所
新北市瑞芳區柴寮路48號
TEL
02-2497-1240
営業時間
平日 10:00-18:00、土・日・祝 9:00-19:00
地図