豊かな自然と文化を満喫 花蓮瑞穂 台湾の魅力を再発見する旅!

文化スポット

慶修院

花蓮市中心部から車で15分ほどの場所に位置する「慶修院」は、日本統治時代の1917年に建てられた真言宗高野派の寺院で、台湾に現存する日本風寺院の中でも最もよい状態で保存されている建物です。ここを訪れるとまるで日本のお寺にいるかのような錯覚さえ起こすほどで、1997年には台湾の国家第三級古蹟に指定されました。

建立当初は「吉野布教所」とされていましたが、戦後「慶修院」と名を改めました。本尊には弘法大師、脇仏は不動明王と毘沙門天を祭っています。四国遍路の四国霊場を模した石仏が並び、境内には四国の形をした池もあります。30元の入館料のうち15元は、寺院内のお土産売店で使用できるチケットになっており、鯱の形をした名物のお饅頭を買ったりできますよ!

吉安慶修院
  • 住所:花蓮縣吉安鄉吉安村中興路345-1號
  • 電話:03-853-5479
  • 時間:8:30~17:00 ※月曜休み
  • http://www.yoshino793.com.tw/
  • 入館料:大人30元 子供15元 団体チケット15元

花蓮文創園區

花蓮文創園區は花蓮市の中心部に位置し、懐かしさとおしゃれな雰囲気がミックスされた、花蓮を訪れたらぜひ訪れたい場所の一つになっています。ここは1913年に建てられワイン、米酒などを製造していた「花蓮酒廠(酒工場)」の跡地で、公園内は26棟の古い工場や倉庫の建物を使用しています。

1944年にアメリカ軍の空爆により大きな被害を受けましたが政府が買い取り、修復後、台湾の酒製造を担う中心地として稼働していました。

1988年、花蓮の美崙地区に新しい工場が建てられた後、この花蓮酒廠は操業を停止し、長い間放置されていましたが、その後2012年より改装が行われ、2015年に文創園区パークとしてリニューアルオープンしました。レストランやカフェ、工芸品のショップ、演劇場などが設けられ、休日には多くの人で賑わう花蓮市内きっての観光スポットです。

a-zone花蓮文化創意產業園區
  • 住所:花蓮市中華路144號
  • 電話:03-831-2111
  • 時間:公園は24時間オープン。
    ※公園内の店舗はそれぞれの営業時間による。
  • https://www.facebook.com/iloveazone/

花蓮観光糖廠

「花蓮観光糖廠」は、1913年「花蓮港製糖(鯉魚尾製糖工場)」として設立されました。1920年代に台湾の製糖の多くを担っていた工場でしたが、第二次世界大戦末期、アメリカ軍の空襲で工場地の多くが破壊されてしまいました。戦後、台湾糖業会社に引き継がれ「花蓮糖廠」と改め、再び台湾東部の製糖の中心となりました。その後、2002年操業停止以降、観光工場として改め、現在は多くの人に親しまれる場所となりました。

工場操業時に使用していたサトウキビ収穫車やサトウキビを運んだ列車や汽車が展示されています。また日本統治時代に建てられた従業員宿舎を改装し、現在は旅行客が宿泊可能な施設として利用しています。

花蓮観光糖廠を訪れたら必ず食べたいのがオリジナルアイスクリーム!1つ50元とリーズナブルなのにボリュームたっぷり!列車の切符売り場のような窓口が印象的です!もちろんアイスクリームもとてもおいしいですよ!

花蓮観光糖廠(光復糖廠)

瑞穂温泉

瑞穂温泉は、紅葉温泉、安通温泉と並ぶ花蓮三大温泉と呼ばれています。台湾鉄道瑞穂駅から車で10分ほど行ったエリアには、瑞穂温泉を堪能できる温泉宿が立ち並んでいます。瑞穂温泉は、1900年代初期に日本人によって開発されたと言われており、瑞穂温泉は弱アルカリ性の炭酸塩泉で鉄分を含む褐色をしています。

皮膚病や関節炎に効能があると言われ、昔、瑞穂温泉に入ると男の子を産むことが多いと言われたことから子宝の湯としても知られました。瑞穂郷は山に囲まれ、温泉宿からは壮大な自然を望むことができます。都会の喧騒を忘れ、ゆっくり温泉につかって心を解きほぐしたいという人にオススメですよ!

瑞穂温泉

Copyright©Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.