高雄旗津特集 旅々台北トップページ 熱門特集バックナンバー

Picasa ウェブアルバムで105枚の写真を公開・・・アルバム

高雄・旗津風景区

 旗津風景区は高雄港西側の高雄市旗津区の旗津半島にあります。位置的に旗山の後ろ側にあったので、昔から旗後(旗后)と呼ばれており、船が往来している場所であることから、現在では旗津と呼ばれるようになりました。

 旗津は砂洲になっていて、南北約11.3km、平均幅200mで、高雄市で最も古い海港です。旗津は、元々は台湾本島と繋がっていましたが、1967年に高雄港の第2港を作るため、半島の地形を切り離したため、旗津は独立した小島となりました。1984年には南東部に海底トンネルが完成し、高雄と旗津間の交通が良くなったため、旗津は観光地として発展を遂げるようになりました。現在では旗津は海鮮料理、フェリーや歴史・人文古跡、史跡など、たくさんの観光客が訪れるエリアとなりました。

 この特集では以下の4つのステージに分けてご紹介します。

 STAGE 1 フェリー乗り場
 STAGE 2 フェリー乗り場から歩いて行ける必見スポット
 STAGE 3 フェリー乗り場周辺(歩いて回れます)
 STAGE 4 フェリー乗り場から少し遠いエリア(タクシーなどで行きましょう)

交通アクセス

 旗津へ行くには、海底トンネルをバスやタクシーで通っていく陸路もありますが、多くの観光客はフェリーに乗ってこの地を訪れます。鼓山輪渡站(鼓山ターミナル)-旗津輪渡站(旗津ターミナル)間のフェリーは運航本数も多く、到着地の旗津輪渡站周辺には観光スポットが集まっているので便利です。鼓山輪渡站はKRTC西子灣站から徒歩5~6分の場所にあるので、このルートが一番簡単です。

島内の交通

 観光地はフェリー乗り場の周辺に集まっているので、歩いて回れます。中洲輪渡站や風車公園などへはタクシーを利用します。島内では流しのタクシーが拾えます。

 またフェリー乗り場周辺にはレンタサイクルのお店もあります。広いエリアではないので、レンタサイクルでも島内を回れます。


Loading...
旅々台北TOPこの特集のTOPSTAGE 1STAGE 2STAGE 3STAGE 4バックナンバー  PAGE TOP
旅々台北TOP