エバシオン研修ツアー台北・礁渓4日間体験レポート

 台北市内へと戻ってきたツアー一行は、予定時刻より少し早めに到着したため、お土産物屋へ連れて行ってもらいました。本当のツアーは「ショッピング立寄なし」という設定なのですが、ここは私たちの希望。臨機応変に対応していただけて感謝です。さて、お買い物もすませ、この秋からはじまる「台北国際花博覧会」会場の視察へと参ります。

2010台北国際花博覧会

 案内してくださったのは台北市の職員さん。会場は大きく4つに分かれ、各会場ごとにテーマがあります。最初に見学したのは「新生公園エリア」。まだ建設途中なので建物の中に入ることは出来ません。

生活館

 まずは「生活館」。こちらはデジタル技術を展示予定。建物の一部にペットボトルをリサイクルした通路もあり、環境にやさしい建物。また、敷地のあちこちにいろいろな模様の「甕」がころがって?あります。こちらは若手デザイナーがペイントした照明器具だそうです。

台北国際花博覧会 台北国際花博覧会 台北国際花博覧会

台北国際花博覧会

台北国際花博覧会
台北国際花博覧会

未来館

 次は「未来館」。こちらは屋上に通路が。屋上の植物も標高が上がると同じように高山植物となり、本当の山を登っているようにしたそうです。また、ここからの眺めは抜群で、360度視界が広がり101や円山大飯店など台北市内を一望できます。建物の中庭(?)部分は湿地帯だそうです。そしてこの建物の電力をまかなうためのソーラー発電も設置。どの建物をとっても環境への気配りを感じます。

台北国際花博覧会

台北国際花博覧会

台北国際花博覧会
台北国際花博覧会

アロマ館

 バスに乗って少し移動、「美術公園区」へ。この会場の建物は蝶やさなぎをイメージしたもが。奇抜なデザインです。到着したのは「アロマ館」。先ほどの2つの館と違って、上にあがらせてもらいました。といっても竹の格子で囲われたテラス部分ですが。

 見学したのはこの3施設ですが、他もどんどん建設が進んでいて、11月の開催がまちどうしいですね。開催期間は2010年11/6〜2011年4/25です。

台北国際花博覧会

台北国際花博覧会

欣葉にて懇親会

Loading...

 さて、ツアーも明日で終了。懇親会を欣葉「雙城會館」の地下で行ないました。全国から参加された皆さん、エバー航空、エバーグリーンインターナショナルホテルズ、ボビートラベル、そしてこのツアーを企画なさったオーバーシーズトラベル・ツアーウェーブの方たちとの最後の晩餐です。この3日間で大分打ち解けたこともあり、宴はおおいに盛り上がりました。そして何を食べても美味しくて・・・。

欣葉

欣葉
欣葉

欣葉 欣葉 欣葉

台北喜來登大飯店 シェラトン台北ホテル

Loading...

 最後のホテルは「台北喜來登大飯店」。さすがに高級ホテルです。

シェラトン

シェラトン
シェラトン

 さて、明日で帰国なのですが、シェラトン出発時刻が5:15。朝間に合うように早めに帰ってきたものの、ロビーでばったり出会った方と1階のバーで飲み直すことに。早起きできるかしら・・・。

次のページへ

ページトップへ戻る