ガッツリ台湾料理
 

圓圓早點

豆乳とハンバーガーの朝食
Loading...

 元気に一日を始めたいならきちんとした朝食は欠かせません。駅付近にはたくさんの会社や塾がひしめきあっているので朝食屋さんも数多くあります。許昌街にある「圓圓早點」は多くの人が通う人気の朝食屋さんの1つです。

 このお店は大きくはありませんがハンバーガーやトースト、蛋餅やスパゲティーなど様々な種類があり、どれもオーダー後に調理されるので出来たてのものが食べられます。左の写真の香雞堡(チキンハンバーガー)はこんなに大きくてたったの30元で、ボリューム満点で格安です。ビジネスマンや学生に人気なのもうなずけますね。

 圓圓早點は朝食の時間が終わり、お昼になると麵線や臭豆腐を扱うお店に変わります。圓圓早點と麵線などを扱う阿泉麵線のオーナーは親戚同士だそうで、1つの店舗を共同利用しています。付近のビジネスマンいわく、阿泉麵線も有名な小吃店で臭豆腐は外はサクサク、中はジューシー。行列必至だそうですよ。


 

阿泉麵線

大腸入りの麺線
Loading...

 圓圓早點の営業時間が終わると麺線と臭豆腐のお店に変わります。臭豆腐と大腸麵線は台湾でも最も有名な小吃の1つですが、ここ「阿泉麵線」ではその両方を扱っていて一度に2種類味わうことができます。どちらも開店前に作られ、揚げられています。ほとんどのお客さんが注文するのが大腸麵線(大55元、小45元)と臭豆腐(大55元、小45元)です。付近の学生やビジネスマンが多くテイクアウトするお客さんも少なくありません。ちなみに、店内では外で買ったものの持込は禁止されています。

 揚げたての臭豆腐は香りが良く、淡い黄金色の豆腐にタレがかけられていて、見ているだけで食欲をそそられます。一緒に盛られた自家製のお漬物と一緒に食べるとさっぱりしますよ。大腸麵線は、メインの大腸がちょっとしか入ってなかった・・・ということがありますが、このお店では麵線を盛った後、オーナーが大腸を切って入れてくれるので確実安心です。また片栗粉が少なめなので、麵線と大腸がたっぷり味わえますよ。


 

油豆腐細粉

ボリュームたっぷりの油豆腐細粉
Loading...

油豆腐細粉 上海料理の油豆腐細粉を扱うこのお店は30年以上の歴史があります。競争の激しい台北駅付近で30年以上営業が続けられるのは「おいしい」証拠。このお店には多くの観光客も油豆腐細粉を食べにわざわざ訪れるそうです。油豆腐細粉に使われるスープは野菜がベースで、中に入れられたトマトがスープに甘みを出しています。さらに秘伝の方法で野菜のおいしさを引き出しているそうです。

蛋餃細粉 細粉とは春雨のことで普通の麺よりもカロリーが低く、蛋餃細粉(65元)はカロリーが低いのに満足感があり、特大の蛋餃(薄焼き卵で餃子の餡を包んだもの)には餡がたっぷり詰まっているので女性に人気です。お店の看板メニューの油豆腐細粉(75元)はあっさりとしたスープに手作りの揚げ豆腐が入っています。この豆腐がおいしいスープをたっぷりと吸っていて、一口食べると口いっぱいに旨味が広がり、スープがあふれ出します。食べた人は必ずといっていいほどこの油豆腐細粉の虜になります。お店にある小皿料理(小菜)も手作りで全部で5種類あります。看板メニューは豆乾小魚で、炒めた豆乾に少し辛味のある小魚を合わせたお料理で前菜に最適ですよ。


 

老蔡水煎包(開封店)

Loading...

 「老蔡水煎包」は下校時間に学生の長蛇の列ができるお店です。みんな水煎包を食べながら、満足そうに歩いています。老蔡水煎包は約10年前にオープンし、現在は支店が3店舗あります。メニューは、豚肉、ニラ、キャベツの3種類でどれも経験豊富なシェフによってその場で包まれています。中には餡がたっぷりと詰まっていてとてもジューシーです。

 鮮肉生煎包(焼き肉まん:12元/個)は弾力のある豚肉の後ろ足を使用していて、これに葱や調味料が加えてあります。一日に5~600個も売れる人気商品です。椎茸と春雨、キャベツの入った高麗菜水煎包(焼きキャベツまん:12元/個)はさっぱりといただけ、あきることがありません。梨山特産の高山キャベツをみじん切りにしていて、食感がほど良く残り、キャベツの甘みが味わえます。


前のページへ戻る  このページのトップへ  次のページへ進む