手軽に軽食(麺・中華まん)
 

邱媽媽的店

野菜たっぷりで女性に人気の麺
Loading...

野菜たっぷりの麺 路地裏にある「邱媽媽的店」は台北駅付近で塾に通う学生たちやOLが通う人気のお店です。器から野菜が溢れるほどの麺が人気商品で、平日のお昼時には行列が並びます。お店の前には「今日菜色」と書かれた透明の入れ物があり、中にはその日に使われる野菜が入っています。料理に使われている野菜が一目でわかるのは便利ですよね。野菜は旬のものを使うため、季節によって組み合わせが異なり、何度来ても楽し めます。具材は変わっても変わらないのはそのボリュームと野菜の豊富さ。お手ごろ価格で大満足ですよ。

 味付けはシンプルで原味(プレーン:50元)、泡菜(キムチ:60元)、蕃茄(トマト:60元)の3種類です。麺の種類は8種類あり好きなものを選びます。邱媽媽の野菜の多さは、外食中心だと野菜不足で栄養が偏るのを心配しているから。お店の名前通り本当に媽媽(お母さん)の味と気持ちですよね。


 

永豐福州麵店

ワンタンやつみれが入った総合麺
Loading...

麻醤麺 「永豐福州麵店」は元々は屋台だったお店で3、40年の歴史があります。屋台時代には初代と2代目が一緒に経営をしていましたが現在は2代目に任されています。朝10時半の開店と同時にお客さんが訪れる人気店です。

 オーナーのオススメは綜合麵(小60元、大75元)、麻醬麵(小35元、大50元)、和乾麵(小30元、大45元)で、麺類のほとんどはビーフン、春雨、板條(客家料理で使う平たい麺)に変えることができます。綜合麵の中にはワンタン、卵巻、肉と魚のつみれが入っていてボリューム満点。中でもワンタンはお店の自家製で新鮮そのものです。メニューにある茹で野菜(30元)では菠菜(ほうれん草)か大陸妹(チシャ・レタス)を選ぶことができます。


 

三味香

鮮蝦餛飩麵
Loading...

日式豆沙包 「三味香」のお店の前ではたくさんのセイロが湯気を上げています。中華饅頭の専門店のようですが、それ以外にもワンタンや麺類なども扱うお店です。桃源街にある本店は1956年創業で、こちらのお店は支店になります。

菜肉餛飩湯 お店手作りの中華まんには鮮肉大包(肉まん:25元)、花素大包(野菜まん:25元)、豆沙大包(あんまん:25元)と新メニューの日式豆沙包(和風あんまん:30元)があります。最も人気の花素大包の中身は、青梗菜、きくらげ、豆乾が、鮮肉大包には黒豚肉と白菜が入っています。豆沙大包には滑らかなこしあん、日式豆沙包にはつぶあんが入っています。さらに日式豆沙包は外側にもアズキが練りこまれています。砂糖を控えめにしてあるのでさっぱりといただけますよ。

鮮肉餛飩湯 ワンタンや麺類も手作りで、菜肉餛飩湯(野菜肉ワンタンスープ:70元)、鮮蝦餛飩麵(エビワンタン麺:80元)、鮮肉餛飩湯(肉ワンタンスープ:55元)の3種類があります。具材がつまっているワンタンはボリュームも味も満足できて、虜になってしまいそうなほどです。店内の座席は多くないのですぐに満席になってしまいます。テイクアウトをするお客さんもたくさんいますよ。



前のページへ戻る  このページのトップへ  次のページへ進む