太魯閣三棧溪之三棧社區

三棧社區(太魯閣三棧溪)

南濱観光夜市入り口  「三棧」は花蓮から太魯閣へ行く途中にある原住民の小さな村落で、三棧溪は太魯閣国家公園内にある第2の大きな渓流です。流域は93ヘクタールあり、太魯閣の人々は三棧溪のことを「布拉旦(Pratan)」と呼びます。川の底は丸い小さな石(鵝卵石)で、水質もよく、水中が見えるので安心して川へ入ることができ、川遊びが好きな人にとって三棧溪は絶好の場所です。黄金峡谷は特に景色が美しく、花蓮で一番といわれています。川遊びをするには、三棧社區から入り川に沿って往復で13キロ、8時間ほどかかります。

三棧溪三棧溪三棧溪

 三棧社區は花蓮縣秀林郷の太魯閣国家公園周辺にあり、2005年に太魯閣国家公園管理処が「布拉旦生態旅遊中心」を設立し、旅行客への案内や伝統技術の育成訓練の場所となっています。

 今回は時間の関係上、三棧溪と黄金峡谷の奥の方へは行けませんでしたが、澄んできれいな水質はとても印象深いものがありました。

スポット情報
三棧布拉旦(花蓮縣秀林郷三棧社區發展協會)

※2018/2/6の地震の影響で一時閉鎖して検査中、3月再開(予定)
住所:花蓮縣秀林郷景美村三棧98之2號
TEL:038-269916
HP:http://tw.myblog.yahoo.com/pratan-truku/
アクセス方法:台湾鉄道景美駅から車で約5分