花蓮の文化・景勝地を紹介

花蓮の旅行情報

 台湾東部の花蓮は、台湾きってのリゾート地として国内外の観光客に人気のスポットです。太平洋に面し、中央山脈が連なる花蓮は、海と山の自然が一度に堪能できるところ。原住民アミ族の文化が今も残り、他にはない独特な雰囲気も魅力です。

 今回は花蓮の伝統文化を体験できるスポット、豊かな自然、花蓮の環境が育て上げたここにしかない名産品を紹介します。


吉蒸牧場でミルク鍋を堪能

吉蒸牧場でミルク鍋を堪能

 花蓮駅到着後、瑞穂郷にある吉蒸牧場へ向かいます。秀姑巒溪ラフティングセンターのそばにあり、ラフティングや温泉を楽しもうと訪れた人々の大部分はこの牧場へ足を運びます。こちらのオーナー范紀明さんは、数年前に故郷花蓮へ戻り、牧場を開いたそう。今では300~400頭の牛を飼育しており、新鮮な牛乳が味わえる有名な観光スポットとなっています。

 牧場内のレストラン、吉蒸觀景餐廳は、ミルクの香りが漂う店内で牛乳を使用した数々の料理が堪能できます。人気メニューは吉蒸鮮奶火鍋(250元)。ミルクをベースにしたスープにスライスかぼちゃやエノキ、シイタケが入った鍋です。ミルクの甘さにほどよい塩加減で食が進みます。

 鍋が煮立ったら、豚肉スライスを素早くゆでましょう。牛乳の香りと豚肉の甘味が絶妙です。こちらの鍋には、デザートでミルクプリンがついてきます。65度で低温殺菌した新鮮な牛乳で作られたこのプリンは、さっぱりしていてミルクのおいしさがぎっしり詰まった一品です。

 レストラン内には奶薄餅(130元)、牛奶糖などオリジナルお菓子の販売コーナーも。どれもオーナーが作り出した自慢の商品です。

ミルク鍋 牛奶糖などオリジナルお菓子 吉蒸牧場

吉蒸觀景餐廳 基本情報

住所 花蓮縣瑞穗郷中山路三段230號
電話 03-887-5588
営業時間 平日 8:00~18:00 休日 7:30~18:30
交通 台鐵瑞穂駅から車で約15分
※瑞穂郷のタクシーはメーターで計算しません。出発前に必ず運転手と値段交渉してください。

奇美部落 山中淨土

奇美部落

 奇美部落(kiwit)は、秀姑巒溪にあります。こちらには奇美橋があり、この橋を渡ると山中の世界へたどり着きます。アミ族が暮らすこの部落は歌をこよなく愛する彼らの歌声は、静かな山中に響き渡ります。

 奇美部落では麻の織物作り体験、伝統的な茅ぶき小屋の見学を通して原住民文化にじっくりと触れることができます。奇美原住民文物館では伝統楽器の木琴(KuKant)、日常生活用品など数々の展示品でアミ族の歴史がわかりやすく説明されています。こちらには原住民料理も用意されてます。米とタロイモで作られたtulunと呼ばれる餅は、砂糖を加えていないにもかかわらず、タロイモならではの自然な甘味が感じられる伝統菓子です。

 こちらではアミ族伝統舞踊が見られるのですが、パフォーマンスのタイムスケジュールが明確に決められていません。団体客の場合は事前に文物館へ申し込むことが可能です。また、毎年7、8月にはアミ族の豊年祭が行われますので、この時期に訪れると、部落の人々が豊作を祝うにぎやかな場面が見られるかもしれません。


アミ族 麻の織物作り 米とタロイモで作られたtulunと呼ばれるお餅

奇美原住民文物館 基本情報

住所 花蓮縣瑞穂郷奇美村5鄰2-10號
電話・FAX 電話:03-899-1221/FAX:03-899-1141
営業時間 9:00~17:00 *団体客要予約
入場料 無料(ただし団体客は要予約)
交通 台鐵瑞穗駅から車で約30分
※瑞穂郷のタクシーはメーターで計算しません。出発前に必ず運転手と値段交渉してください。
URL http://www.ims.org.tw/template/aboriginal_c25.php

ご当地グルメに伝統文化体験 自然が生み出した海岸段丘、石梯坪

石梯坪エリア

 石梯坪は海蝕地形の海岸が有名な海沿いのエリアです。こちらの海で5~8月に獲れるのがトビウオ。アミ語で「KAKAHOG(飛ぶ魚の意味)」と呼ばれています。毎年トビウオのシーズンになると、豐濱里ではトビウオが海上を滑るように飛ぶ姿が見られます。

 名物のトビウオ燻製は、米酒に魚を浸し、ゲットウの葉で8時間ほどかけて燻して作ります。生臭さがなく香りがいいため、人気の名産物です。

 石梯坪の伝統的なチマキ、紫米飛魚粽は、甘味と塩味が交じり合う縦長の形をしたもの。紫米にほぐしたトビウオの燻製が入っています。やや風変わりな飛魚月桃粽は、ゲットウの葉でもち米とトビウオの身を包んで作る独特の味。原住民ならではの伝統料理です。

 石梯坪の部落工藝坊では、伝統的な原住民織物の展示があります。酒醸や伝統料理、舞踊などを体験する場合は、升火工作室にお問い合わせください(中国語のみ)。体験教室やガイド案内は不定期に開催されています。

トビウオの薫製 石梯坪 石梯坪部落工藝坊

石梯坪 基本情報

住所 花蓮縣11號公路65公里與瑞港公路交會處
交通 台鐵花蓮駅から靜浦あるいは成功ゆきの花蓮客運バスに乗車→石梯坪で下車(升火工作室)
連絡先 ・石梯坪工作站 電話:03-878-1452
・石梯坪露營區 電話:03-878-1599 
URL https://www.eastcoast-nsa.gov.tw/zh-tw/Attractions/Detail/12

東海岸独特の料理 巴歌浪船屋

巴歌浪船屋 原住民舞踏

 花蓮と台東の県境にある巴歌浪船屋は、海に面した民宿です。夜は宿内のレストランで原住民料理に陽気な原住民舞踏のステージを提供。トビウオやイノシシ肉の料理は原住民料理ならではの独特な味。ステージではアミ族の勇士の舞いがあり、時には参観客も加わってみんなで踊ることもあります。

 「巴歌浪」とはアミ族の習慣の名称。水にもぐり魚を捕るという習慣なのですが、その際に悲しみや喜びを全て水に流し、正しい生活を取り戻そうという儀式のようなものです。結婚、お葬式、豊作祭りといった冠婚葬祭が終わった後、「巴歌浪」をし、新たな気持ちでいつもの生活へ戻っていくのだそうです。


原住民料理 巴歌浪 巴歌浪

巴歌浪船屋 基本情報

住所 台東縣長濱郷樟源村大峰峰15號
電話 089-881-400
営業時間 予約状況による
備考 *ステージパフォーマンス有りの食事は要予約(団体40名以上から)
URL https://www.facebook.com/pakelangbnb/

玉石アクセサリー作り体験

玉石體驗作り体験

 取材時に東海岸玉石祭が開催されていたのでちょっとのぞいてみることに。このエリアの玉石で作られたアクセサリーが出品されていました。雪花玉、藍寶玉、紫玉など、どれも有名な東海岸の玉石です。中には指輪とネックレスのセットで100万元するものもありました。

 玉石アクセサリー作りの体験コーナーもあり、職人さんの手ほどきを受けながらオリジナルのアクセサリーが作れます。なかなか思ったとおりの形に削れず、結局職人さんに大部分お任せしてしまいましたが、出来上がりは見事な輝きでびっくり。


玉石アクセサリー 玉石アクセサリー 玉石アクセサリー作りの体験コーナー

お手伝いしてくれた職人さんの工房

工房名 石中玉工作室之月洞推廣部
住所 花蓮縣豐濱郷港口村石梯坪53號
工房名 石中玉工作室
住所 花蓮縣豐濱郷豐濱村永豐33-1號
電話番号 03-879-1636

月洞を探索

月洞へGo!

 アミ族の聖地とされている月洞は、全長約176メートルの天然の鐘乳洞。洞窟内の水位が月の満ち欠けで変化するため、「月亮之井」「月亮的水桶」とも呼ばれています。かつてはここで雨乞いの儀式をするとすぐに雨が降りだしたという伝説も残っています。

 洞窟内では変わった形の鐘乳石が見られ、上部には住人であるコウモリの姿も。月洞参観中に何か冷たい水が落ちてきたならば、それは鐘乳石から落ちてきたしずく。もし温かい水があたったならばそれはコウモリのせいかもしれません。ご注意ください。


月洞 月洞 月洞

月洞 基本情報

住所 花蓮縣豐濱郷港口村石梯坪53號
電話 03-878-1022
開放時間 9:00~17:00
定休日 なし
参観費用 大人100元 子供 50元
交通 台鐵花蓮駅から靜浦あるいは成功ゆきの花蓮客運バスに乗車→月洞(バス停大港口)で下車→徒歩約10分(※バスを利用される際は、バス停名ではなく行き先を運転手さんへ伝えてください。)
備考 *月洞の参観はボートに乗るため、ライフジャケットの着用が義務付けられています。

磯碕海水浴場

磯碕海水浴場

 夏の引き潮時には黄金の砂浜が広がる磯碕海水浴場は、汚染の影響が少なく、砂は柔らくきめ細やか。台湾で最も美しい海岸と言われています。3キロほど続く海岸は散歩コースとしても人気です。こちらではキャンプやバーベキュー、釣りなどアウトドアが楽しめます。豐濱北部の磯崎海水浴場では、名物イノシシ肉が味わえます。スープ、果物、ドリンクかアイスクリームがついて200元。ボリュームたっぷりです。


磯碕海水浴場 磯碕海水浴場 磯碕海水浴場

磯碕海水浴場 基本情報

住所 花蓮縣豐濱郷磯崎村6-1號
電話 03-867-1326
海水浴場 6月~9月 6:00~18:00
キャンプエリア 年中開放
利用料 大人60元、団体・学生50元、子供30元
交通 台鐵花蓮駅から靜浦あるいは成功ゆきの花蓮客運バスに乗車→磯碕海水浴場で下車

取材メモ

花蓮へのアクセス方法

環島之星(Formosa Express) 台北駅から環島之星(Formosa Express・全席指定)という色鮮やかな観光列車に乗って出発。環島之星とは、台湾一周ができる台湾鉄道局の観光列車。車内にはレストランがあり、南国フルーツや軽食・飲料を提供しているだけでなく、カラオケ設備もそろっているそうです。サービススタッフは原住民のユニフォームを着用していて、笑顔で対応してくれます。

環島之星は時計回り、逆時計回り、どちらのルートも毎日出発しています。礁溪、花蓮、台東、高雄、台中、阿里山、墾丁、太魯閣など、台湾景勝地へのアクセスに便利です。台北-花蓮のチケット代は500~690元になります。

 その他、台湾鉄道で台北駅から花蓮駅までは、特急自強號で2時間30分~3時間、振り子式の特急太魯閣號で約2時間10分です。価格は445元となります。台北の松山空港から花蓮空港へは復興航空が1日7便程度運航。所要時間約35分。運賃は片道1500元程度です。

宿泊施設「千禧山莊」

千禧山莊 千禧山莊 千禧山莊 千禧山莊

 山と海に面した部屋がそれぞれ用意されています。オーシャンビューの部屋からは"日の出も見られます。またレンタルサイクルのサービスもあり、山荘前の海岸公路を北へ向かい10分ほどで北回帰線記念碑に到着します。こちらは亜熱帯と熱帯を分けた記念碑。花蓮へ来たからには見逃せないスポットです。

レンタルサイクル レンタルサイクル レンタルサイクル


住所 花蓮県縣豐濱號靜浦村 台九線から275.8キロ
電話 03-878-1517
交通 台鐵花蓮駅から靜浦あるいは成功ゆきの花蓮客運バスに乗車→北回歸線紀念碑(バス停靜浦)で下車
[ 台北日和の北回帰線記念碑紹介はこちら ]
URL http://www.y2kinn.idv.tw/

取材協力

東部海岸國家風景区管理處 [ http://www.eastcoast-nsa.gov.tw/tw/ ]

[ ラフティングを見る! | このページのトップへ ] 

[ 最終更新:2008年8月12日 ]