チャイナ エアラインタイアップ企画「大阪・名古屋・札幌トリプル就航記念 ファーストフライト搭乗レポート」




トップページ 台北=大阪 名古屋=高雄


大阪、名古屋、そして札幌エリアにお住まいの皆様、お待たせいたしました!
台湾のフラッグシップ、チャイナ エアラインが、7月1日より各都市に就航。 大阪=台北名古屋=高雄札幌=台北の新路線が登場しました。


下記のスケジュール表を見ていただければおわかりのように、各都市から台湾がぐっと近くなりました。

所要時間は、札幌=台北が4時間5分大阪=台北が2時間50分名古屋=高雄が3時間20分。今まで直行便が無いゆえに、遠くの空港まで足を運んだり、別の空港で乗り継ぎをしたことを考えると、夢のような時間短縮と言えましょう。


日本発着スケジュール

札幌(新千歳)⇔台北 便名 運航日 機種 スケジュール 所要時間
CI131 火・水・木・金・土・日 ボーイング 737-800
札幌(新千歳) 発
15:00
台北着
18:05
4時間5分
CI130 火・水・木・金・土・日 ボーイング 737-800
台北発
09:10
札幌(新千歳)着
14:00
3時間50分
大阪(関西)⇔台北 便名 運航日 機種 スケジュール 所要時間
CI157 火・木・金・土・日 エアバス A330-300
大阪(関西)発
13:15
台北着
15:05
2時間50分
CI156 火・木・金・土・日 エアバス A330-300
台北発
08:25
大阪(関西)着
11:55
2時間30分
名古屋(中部)⇔高雄 便名 運航日 機種 スケジュール 所要時間
CI153 水・日 ボーイング 737-800
名古屋(中部)発
13:25
高雄着
15:45
3時間20分
CI152 水・日 ボーイング 737-800
高雄発
08:20
名古屋(中部)着
12:25
3時間5分
※時刻はすべて現地時間です。

日本発の出発時刻は、いずれも午後。思いっきり早起きをしたり、前泊をする必要がないのがうれしいところ。到着時間もほどよく、台北、高雄市内のホテルにチェックインをしても、余裕で夕食や夜市に出かけられちゃいます。一方、台湾を離陸するのは午前中のため、お昼前後には日本に到着。自宅が空港から遠かったり、翌朝から仕事なんて時にはありがたいスケジュールですよね。

次ページからは、台北=大阪、名古屋=高雄便の搭乗レポートをお届けいたします。

チャイナ エアラインホームページ
http://www.china-airlines.co.jp

次のページへ>