旅々台北【熱門特集】台湾のデパ地下はアミューズメントパーク




HOME
大葉高島屋新光三越台北站前店台北101購物中心

大葉高島屋
 
日本的な百貨店のイメージを大切にしている大葉高島屋。天母地区に住む日本人にとって、ショッピングと言えばやはりここ。日本の商品もたくさん揃っていますが、台湾特有のグルメや名産品もたくさん揃っているんですよ。ショッピングブース20軒、360人収容可能なお食事エリアにはグルメブースが21軒。種類の豊富さと、ちょうどいい具合の価格設定が人気を呼んで、地元台湾人にも大人気なのです。
 

住所: 台北市士林區忠誠路二段55號
電話: 02-2831-2345
時間: 平日11:00〜21:30/休日前11:00〜22:00
交通: MRT芝山駅から20分毎に連絡バスあり(始発11:00)
カード: フードコートでは使用不可。物販店では使用可能。

 


北京同仁堂(漢方薬)

北京同仁堂(漢方薬)
300年もの長きにわたる歴史を有する漢方薬の老舗。2004年に台湾に会社設立後、高島屋内に支店を開設。オープンスペースの店舗には、貴重で高価な薬材がずらりと並べられ、身体と心の健康を求める現代人たちが気軽に立ち寄れるようになっています。取材時にもたくさんの方が出入りしていましたが、やはり健康でありたいという願いは、世界共通なんですね。
 
漢方の香りのする健康茶をいただきながら、ご主人オススメという「北京同仁堂の三宝(雪蛤、燕窩、烏骨鶏精)」を味見させていただきました。

雪蛤は、甘い木の実シロップで飲みやすい味付けで、カエルの輸卵管という正体に抵抗さえなければ、すんなり飲めるゼリーです。おなじみの燕の巣も、例えるなら栄養たっぷりの卵白のようで、ほんの少量でもお腹いっぱいの感じに。烏骨鶏精はほぼ100%のチキンエキス。余計な塩分などを加えてないので、おなかに負担もありません。朝などはこれ一口だけでも元気が出るそうですよ。
北京同仁堂(漢方薬)
即食燕窩 燕窩(燕の巣)
  300元/瓶(75g)
白鳳烏骨鶏精 烏骨鶏精(チキンエキス)
  120元/瓶(80g)
皇家雪蛤 雪蛤(蛙の輸卵管)
  300元/瓶(75g)
 
西太后が使っていたという石鹸は、チベットの貴重な薬材である紅景天を配合。一般肌質の方におすすめ。
北京同仁堂(漢方薬)
御用紅景天美人石鹸 500元/個(50g)

5年モノ以上の淡水真珠を厳選し、超微粒にまで細かく砕かれたパールパウダー。七宝焼きの壷に収めれており、女性の美容に不思議な効果をもたらすのだとか。
北京同仁堂(漢方薬)
珍珠粉錦盒 パールパウダーとケース 
  3,000元/15g
 

奇華餅家(中華菓子)

奇華餅家(中華菓子)
香港で1938年に誕生した香港式中華菓子の老舗。半世紀を経てきた金文字の看板が示すように、店内に踏み入れるとモダンながらもレトロな雰囲気が懐かしいさを誘います。とはいえ、長い歴史に頼るのではなく、品質に対する厳しい眼と絶えず新しいものを生み出すことに重きを置いているそう。その姿勢が結果として、長い歴史に繋がっているんでしょうね。
 
日本人のお客さんもたくさん買い求めていくという人気のパイナップルケーキとマンゴーケーキ。

それぞれ切り口を見るとパイナップルケーキは黄色っぽく、マンゴーケーキの方は少しオレンジがかった色。口に入れると、外側の皮の部分ががさくさくとやわらかく崩れていきます。噛んでいるうちに皮のクッキー粉がゼリー餡を包み込み、歯に絡まりにくくなるんです。

このサクサク皮とやわらかい餡の組み合わせ方が寄華の大きな特徴とのこと。中の餡も適度な甘さなので、甘党でない人もOK。

オリジナルのパイナップル風味はもちろんのこと、マンゴー好きの人にはマンゴー菓子の美味しさもぜひ味わってみてほしいですね。
奇華餅家(中華菓子)奇華餅家(中華菓子)
鳳梨金酥/芒果金酥
パイナップルケーキ/マンゴーケーキ
   25元/個
 
薄皮香港式月餅。蓮蓉餅の餡には湖南特産の湘蓮という蓮の実が使われていて、口に含むとさわやかで細やかな味わいです。棗泥餅は山東ナツメと北方ナツメを混ぜて造られるナツメ餡。咬むとナツメのほのかな酸味が楽しめます。
奇華餅家(中華菓子)奇華餅家(中華菓子)
蓮蓉餅/棗泥餅
蓮の実餡の月餅/ナツメ餡の月餅
   40元/個

丸々太った小さな和尚さんのイラストがかわいいオリジナルパッケージ。おもしろおかしい言葉や詩も書かれています。白、緑、黄、赤の四色で、それぞれの缶にお好みで4つのお菓子を組み合わせることが出来ます。
奇華餅家(中華菓子)奇華餅家(中華菓子)
 

度小月擔仔麺(麺料理)

度小月擔仔麺(麺料理)
真っ赤な看板が長い歴史と懐かしさをかもし出している度小月擔仔麺。1897年創業の度小月は、遠く台南が発祥。材料や調理法は台南本店と同じで、地下美食街の中でも揺るぎない地位を築いています。【閉店しました】更新:2006/12/19
●旅々台北での紹介ページ
>> 度小月擔仔麺
>> 台南 度小月擔仔麺
 
擔仔麺、野菜のおひたし、揚げ豆腐、エビフライまたはカキフライのセット。いかにも台湾の庶民的な料理ですね。地元の人が日常的に口にする食べ物に興味がある方には特にオススメのメニュー。

度小月のエビフライとカキフライの食材は毎日台南からの直送ですから、餡の中まで台南の故郷の味が楽しめるんですよ。厚めの衣にはなんと豚の横隔膜が使われていて、しっかりとしたカリカリ感が楽しめます。わさび醤油をつけて食べるのが台湾流。

黄金色に上がったフライと一緒に楽しみたいのが、ひとつひとつ手作業で骨を取り除いた無骨サバヒーの腹スープ。魚の脂の甘い風味とショウガの辛味がよく合うんです。
  度小月擔仔麺(麺料理)
安平●捲/蝦捲
安平牡蠣フライ/エビフライ
  70元/2匹
※●=虫へんに可
度小月擔仔麺(麺料理)
虱目魚肚湯
サバヒー腹スープ
   90元
 

花蓮扁食(ワンタン)

花蓮扁食(ワンタン)
台湾東部の花蓮からやってきた扁食とはワンタンのこと。20年の経験を積んだご主人が研究の末作り出したという、弾力があって破れにくい皮と、その日に加工された豚肉餡で作られる本場の味。扁食といえば花連、花連といえば扁食というほどの名物です。
 
扁食は丸い形の具を麺の皮が包んでいて、表面には煮込んだときに縮んだ皺が刻まれています。

このワンタンがいっぱい入ったスープは、具本来の味を引き立てるために、野菜などのダシが香るあっさり風に。ワンタンを味わった後、喉を潤すのにいいですね。

スープメニューのほかに、汁なしのメニューもそろっています。

紅油抄手という扁食は辛味好きの人に最適。小ぶりの三角形餃子にラー油や醤油などがかかっています。たまには主食に白いご飯ではなくて、粉料理を選ぶのもいいものですよ。
  花蓮扁食(ワンタン)花蓮扁食(ワンタン)
花蓮扁食+紅油炒手套餐
花蓮扁食+紅油炒手セット
   120元
●旅々台北での紹介ページ
>> 花連 液香扁食店
 

蘇可泰(タイ料理)

蘇可泰(タイ料理)
タイの各地方の風味を融合させたグルメを届けるタイ料理のブース。蘇可泰−幸福的黎明という店名はタイ人のシェフが作り出す本場の風味と新鮮な食材を味わったとき、お客さんの心にふと幸せがあふれて出してくる、そんな願いを込めてつけられたそうです。【閉店しました】更新:2006/12/19
 
この店一番人気メニューの酸辣蝦河粉は、好みに応じて麺の味付けを調節できるようにスープと麺が分かれているのがうれしいですね。鍋も保温効果が高いので、麺を全部入れてもう一回暖めるのもよし、スープを小皿によそって麺に絡めて食べるのもよしです。

トマトベースのスープは酸味&辛味の混じったスッキリ味。レモン汁を入れて更にキレのある風味を引き出したくなってしまいます。タイの調味料も置いてあるので好きな味付けができますよ。ローレルなど香辛料の香りもまた食欲をさらにかき立てます。

酸っぱさと辛さでほてった口を冷やすには、東南アジア風カキ氷など南国デザートをどうぞ。
  蘇可泰(タイ料理)蘇可泰(タイ料理)

酸辣蝦河粉套餐
トムヤンクンと河粉セット
  140元

 

呷七碗(嘉義料理)

呷七碗(嘉義料理)
台湾南部の嘉義からやってきた、30年近い老舗。「呷」とは食べるということで、要するに「七碗食べる」という意味になり、嘉義の料理の美味しさは想像出来ない、という意も含まれています。台湾では知らない人がいない有名食品ブランドです。【閉店しました】更新:2006/12/19
 
嘉義で有名な鶏肉飯は、茹でた鳥肉を裂いて、味付けしたソースとともにたっぷりとご飯にかけた家庭的な料理。こういうシンプルな味こそ毎日でも食べていたい一品。おかずがなくても箸がどんどん進みます。

かりっと揚がった油葱の歯ごたえもご飯にぴったりで2杯目でも3杯目でもおかわりしたいくらい。

最後の味のしめは、一切れ添えられたたくあん。この黄色い色もまた、鶏肉飯をきれいに見せる魔法がありますね。

苦瓜排骨スープは、骨の旨みと苦味が調和した味。適度の苦味が心地よく喉を通ってきます。飲むたびに、普段の不規則な食生活で胃の中にたまった毒をきれいにしてくれそうな感じですよ。
  呷七碗(嘉義料理)呷七碗(嘉義料理)
鶏肉飯+苦瓜排骨湯
鶏肉飯+苦瓜排骨スープ
   90元
 
HOME
大葉高島屋新光三越台北站前店台北101購物中心
取材協力:大葉高島屋、新光三越台北站前店、台北101購物中心