旅々台北【熱門特集】楊丞琳(レイニー・ヤン)インタビュー

名前:楊丞琳(Rainie)
生年月日:1984年6月4日
初恋:16歳のとき
最愛の人:お母さん、お姉さん
座右の銘:努力は必ずしも成功をもたらさない しかし努力しなければ成功はありえない
毎朝起きてすること:500ccのお水を飲む(むくみ防止)
芸能人になってなかったら?:幼稚園の先生かメイクアップアーティスト
カラオケで必ず歌う歌手:孫燕姿(ステファニー)、梁靜茹(ジャスミン)、安室奈美惠、MISIA、宇多田ひかる
楊丞琳SONY MUSIC公式サイト
http://www.sonymusic.com.tw/pop/rainie/p1.php


好きな俳優:梁朝偉(トニーレオン)
好きな歌手:碧昂絲(ビヨンセ)、安室奈美恵
好きな男性のタイプ:向上心があり、親孝行。スポーツマンで身長175センチ以上の人
好きな髪型:パッツン前髪
好きなファッション:パンツスタイル(ただしあくまでも女の子らしく)。仕事以外ではスカートは絶対着ない
好きな犬:シュナウザー、ノラ、ラブラドール
好きな物:可愛くて凝ったシール、キラキラもの
嫌いな物:ぬいぐるみ、かわいすぎるもの
好きな食べ物:鹹酥鶏、滷味、焼肉、日本料理、イタリアン
嫌いな食べ物:挽肉を使ったもの(餃子、肉まん、台湾ソーセージなど)
好きな色:黒、白、グレー
旅々台北.com内の楊丞琳に関する他のページをもっと見る
http://www.tabitabi-taipei.com/cix/4601040.php

◆ 曖昧(2005/09/09リリース)
記念すべきレイニーのソロデビューアルバム。賀軍翔(マイク・ハー)と共にレイニーが主役をつとめ大人気となった台湾ドラマ「惡魔在身邊」の主題歌「曖昧」と挿入歌「理想情人」も収録。9月9日のリリース以来、台湾ヒットチャートの上位をキープ。メガヒットを飛ばしたアルバムCD「曖昧」を記念し、11月11日には2006年カレンダー付き「曖昧 冠軍慶功版(セカンドバージョン)」もリリース。曖昧、単皮眼、5曲のミュージックビデオを収録したVCD付き。
※ アルバムCD「曖昧」は、2005年12月21日にソニーミュージックエンタテイメントより、日本国内発売されました。


 初のソロアルバムとなった「曖昧」は、私らしい歌い方を確立するためにすごく努力をしました。日本でも発売されていますので、ぜひ聞いてみてくださいね。

  現在2月にリリースされるアルバムのレコーディング中です。将来ぜひ歌手として日本でもデビューしたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします!
 2000年にアイドルユニット「4 in love」のデビュー。その後ソロでドラマやCMなどに出演し、くるくると変わるその可愛らしい笑顔で男女を問わず虜にしてしまうレイニー・ヤン。日本でも好評を博した台湾ドラマ「流星花園」をはじめ、数々のドラマにも出演。2005年9月には初のソロアルバム「曖昧」をリリースし、シンガーとしても大ブレイク。アイドル、女優、シンガー、ファッションリーダーとして、今一番熱い楊丞琳(レイニー・ヤン)の魅力に迫ります!


 2月にリリースされるというアルバムのレコーディング中ということもあり、SONY BMG社を通じてという形式にはなりましたが、旅々台北のインタビューに快く応じてくれました。多方面で活躍する彼女のオフの日の過ごし方など、ファンならきっと知りたい!と思うようなインタビュー内容がもりだくさん。これであなたもレイニーツウ?!


Q:以前テレビ番組の中でMISIAの「Everything」を歌っていらっしゃいましたが、他にも日本の歌を歌えますか?あと、日本の歌手で一番好きなのは?
A:日本の歌手の中では安室奈美恵さんが好きです。7、8年前、まだデビュー前の高校生だったころに台湾での安室さんのコンサートにも行ったことがあります。それからずっと彼女は私の尊敬するアーティストなんです。

Q:アルバム「曖昧」の中で一番好きな曲は?また一番難しかったのは?
A:どれも好きだけど、一番好きなのは「只想愛●(あなたを愛したいだけ)」と「理想情人(理想の恋人)」ですね。一番難しかったのは「曖昧」!これは、一番初めにレコーディングを始めた曲で、2〜3カ月なかなか自分の歌のスタイルというのが確立できなくって、とても苦労したんです。結局、途中でこの曲のレコーディングはやめて、他の曲を始めて一番最後にレコーディングが終わったのもこの「曖昧」なんです。自分の歌のスタイルを作るのが難しくって、途中行き詰まり、日本に5日間ショッピング三昧のストレス解消の旅にも行ったんですよ(笑) ※●=にんべんに尓

Q:今後どんなジャンルの楽曲に挑戦したい?また、どんな歌手になりたい?
A:ダンサブルな曲に挑戦したいです。歌もダンスも両方完璧な安室奈美恵さんがあこがれで、彼女みたいに歌って踊れるようになりたいですね。(※現在ダンスも特訓中だそう。昔、バレエや民俗舞踊も習っていたというレイニーですから、ダンスもお手の物?!)


Q:「流星花園シリーズ」や「原味の夏天」などは日本のテレビでも放送され、どんどんファンが増えてきていますが、日本人のファンが増えることをどう思いますか?
A:とっても嬉しいです。日本が好きで、日本語も独学ですがドラマなどを見て勉強しています。いつの日か、歌手として日本でデビューできたらいいな。

Q:ドラマ収録時のエピソードなどあれば教えてください。
A:ドラマ「悪魔在身邊」の収録時なども、まだ賀軍翔(マイク・ハー)と会ったこともないうちからいろんなウワサがメディアに出て、お互いびっくりしましたね。収録の初めのほうは、お互いあまり話さないようにしてたんですが、それもバカらしくって自然に演技についてなどいろいろとお話するうちに、気が合う大切なお友達の一人になりましたよ。

Q:いろいろなCMにも出演されていますが、ドラマとCMでは演技の難しさに差がありますか?どちらが得意?
A:どちらも得意というわけではありませんが、難しいのはやっぱりCMですね。だって短い30秒の中に全てを出さなければいけないから。それに、ドラマよりも動作や表情などもオーバーにしなくてはいけないし(笑)

Q:今後出演してみたいドラマはどんなジャンル?内容?
A:これまで学園ものや恋愛ものが多かったから、次は刑事ものかな。今までとは違う役をやってみたいです。

Q:日本のドラマは台湾でもたくさん放送されていますが、見たことありますか?あれば、好きなドラマはありましたか?出来ればタイトルも。
A:日本のドラマは私、たくさん見てますよ。ドラマもバラエティも。放送されていないものもVCDで見たりしています。(※ジャニーズのV6がお気に入りらしく、中でもユーモアあふれる井ノ原さんから目が離せないとか。)

Q:どんな女優を目指していますか?具体的に目標とする女優はいますか?
A:女優というよりも、歌手として成功したいです。目標とするのは安室奈美恵さん。歌とダンスの実力はもちろん、絶頂期に好きな人と出会って迷うことなく結婚そして出産、という選択をしたその生き方も含めて尊敬しています。


Q:好きな男性のタイプは?
A:男性は背が高くて、スポーツマンであることが必須かな。

Q:よく行くお店やスポットがあれば教えてください。
A:東区にあるヘアサロン「I zoom」と専属スタイリストがやっているショップ「AWA」です。

Q:好きな洋服や化粧品のブランドがあれば教えてください。
A:洋服はこれといって特別なブランドはありませんが、どれも自分流にアレンジして着るのが楽しいです。化粧品はCLARINS(クラランス)かな。

Q:オフの日はどんなことをして過ごしていますか?
A:オフの日はどこにも行かず、家でゆっくりとします。ママと一緒にご飯を食べたり、お友達に電話したり、DVDを見たり。あ、誠品書店には行きます。誠品書店で本を見たり、メッセージカードを選ぶのが楽しいんです。
(※レイニーはお友達や仕事でお世話になった人によくメッセージカードを送るそう。受け取る人のキャラに合ったカードとシールを選ぶひと時が楽しいのだとか。)

Q:台湾では日本以上にマスコミの目が厳しいように思いますが、プライベートタイムに気を付けていることなどはありますか?
A:いつどこでカメラに撮られるか分からないので、日常の動作一つ一つに気を使っています。アクビをするときには、口を押さえるとか、鼻に指をつっこまないとか(笑)

Q:どこにでも行けるとすると、今一番行ってみたいところはどこですか?
A:日本!ショッピング三昧がしたいです。日本に行くと、可愛い洋服やアクセサリー、それにメッセージカードやDVDなど欲しいものがいっぱいで困ってしまうんですよ。

Q:今、一番欲しいものは何ですか?
A:ママに新しい家を買ってあげたいです。もっと市内に近くてセキュリティのしっかりした家がいいなぁ。将来お姉さんが嫁いで家を出て行っても、安心して帰ってこれるような家を買ってあげたいです。



Q:
台湾を訪れるたくさんの日本人観光客に、ここはオススメ!というお気に入りのスポットがあれば教えてください。
A:陽明山の温泉です。今はなかなか温泉に行くことはできなくなっちゃったけれど、温泉大好きなんです。あと、夕陽が綺麗な淡水の老街と、お洒落なショップがたくさんある東区エリアもお気に入りです。

Q:台湾の食べ物(料理を含む)の中で、一番好きなのは何ですか?日本料理の中では何ですか?
A:日本料理だと焼肉。台湾料理だと魯味(ルーウェイ:醤油煮込み)。魯味では、コラーゲンたっぷりの鳥の足とか、手羽先がとくに好きです。

Q:日本、および日本人をどう思いますか?
A:丁寧でマナーがいいですよね。日本にはデビュー前からよく遊びに行っているんですよ。

Q:あなたにとって台湾って、どんなところ?
A:私にとって台湾とは、何物にもかえることのできない大切なふるさとです。

当ページへ掲載されている文章および画像には全て著作権が存在します。無断使用は固くお断りいたします。
協力:新力博コ曼音樂娯樂(股)有限公司(ソニーBMG)