こだわりチマキを食べつくせ!
 鉄道ファンならずとも、台湾リピーターなら台湾鉄道の旅を一度は味わってみたいもの。今回は台北から日帰りで行ける「平渓線(ピンシーセン)」を旅してきました。
 なんだ、単なるローカル線じゃないか・・・なんて思わないで。ローカル線とはいえ、やっぱり台湾。日本の鉄道とはひと味もふた味も違うんです。

(縁のある図や写真はクリックすると拡大表示します。)
今回の旅人
Q記者
この企画の首謀者。いつも出たとこ勝負・・・というウワサも。
X4記者
自称「元鉄道ファン」てことでQ記者に召喚されたのだが・・・。
C記者
何か企画モノがあると聞きつけると、すぐにトコトコついてくる。
T記者
カメラは分身。人の行かないところ行くのが自慢。
旅立ち   

(朝10:15 台北車站の切符売り場前にて)

Tくん以外は全員揃ってるのに・・・。よし、Tくんに電話してみよう。・・・あ〜、今、中山駅なの・・・。10分ほど遅れるみたい。

それじゃあ、あたしはコンビニに行ってくるわ。飲み物とか、おやつとかゲットしに。

みんなで行こうよ〜。

ということで、一行は駅構内のコンビニに向かいました。
Q記者はウーロン茶、C記者はチョコパンと怪しげな飲み物を。X4記者はダイエット中(!)とかで何も買いませんでした。
そうこうしているうちに、T記者が到着。

おまたせおまたせ。朝ご飯食べてたら遅くなっちゃった。

では全員揃ったところで、切符売り場にGO!
中国語がしゃべれなくても、切符売り場では、行き先、人数、列車種別を紙に書いて売り場の人に渡せばOKなのよ。それで、Qさん。今日はどこまで買うの?

ちょ、ちょっと待って。(ごそごそ行程表と取り出すQ記者) えっと、「大華」って駅までよ。そこから十分ってところまで歩くの。途中に滝があって食堂もあるらしいから、そこでランチってことでどう?
ラジャー。

切符売り場で駅員さんとあれこれ話をしているC記者。結局手にしていたのは「瑞芳」までの切符でした。

どうして「瑞芳」 までなの?

よく分からないけど、 「瑞芳」 の駅で「大華」までの切符を買うようにって。

まあ、いいじゃない。とにかく行きましょ!

こうして4人組は地下の月台(プラットホーム)に向かいました。乗車したのは、10:40発、東部幹線「蘇澳」行きの電車でした。

本日の行程は、台北駅を出発して、東部幹線で瑞芳まで行き、
平渓線に乗り換えようというもの。
まず地図で土地鑑を養っておこう。
台北駅

(東部幹線・電車)

瑞芳駅(乗換)

(平渓線・冷氣柴客)

大華駅

→十分瀑布→

十分駅

(平渓線・冷氣柴客)

菁桐駅

でもさ〜、この状態では、おやつも食べにくいよね。日本の通勤電車と同じだもの。

そりゃそうさ。ほら、切符にも「通勤電車」って書いてある。この電車は、500系といって、韓国製なんだ。

何々? その500系って。

電車の形式だって。

あー! 日本なら「のぞみ」とか「ひかり」ってヤツね。

それは愛称だって。新幹線なら初代のは0系、今の「のぞみ」は700系とか・・・。

・・・。

台湾鉄道の通勤電車は、韓国製なので、デザインも韓国風。窓が少ない上に小さいのでちょっと閉鎖感があります。
ベンチシートにもめげずに、朝ご飯のチョコパンをかじるC記者。そこに車掌さんがやって来ました。

あのー、この切符って 「瑞芳」 までだけど、「大華」への切符はここで買えますか?

(車掌さん)はいはい。ちょっと待ってね。

※注 会話は中国語です。

車掌さんが取り出したのは、日本のJRでもおなじみのポータブル券売機。ボタン操作で感熱式の切符が出てきます。

「瑞芳」から「大華」までは一人17元か。「台北」から「瑞芳」までが52元だから、全部で69元ね。通しで買ったらもっと安いんじゃないのかしら・・・。


それが台湾鉄道の難しいところ。日本なら切符が何円ってのがベースにあって、それに加えて特急券が何円とかって計算するけど、台湾では列車種別ごとに運賃が違うんだ。今乗ってる電車だと、台北−瑞芳は52元だけど、古い客車の「平快車」なら38元なんだ。乗換えで列車種別が違うときは、単純な通し運賃ではいかないってことなんだ。

ひえ〜! 複雑ぅ。

ではここで、その列車種別を解説しておきましょう。優等列車は全席指定ですが、当日駅の窓口で切符が買えます。満席のときは「無座(座席指定がないきっぷ)」となります。

普通系の列車
※基本的に各駅停車で冷房がない。(最近は冷房付きの車両が増えている。)
平快車 快速だが実際はほとんどの駅に停車する鈍行客車。
普通車 各駅停車。運賃は平快車と同じ。
柴油車 各駅停車の気動車。運賃は平快車と同じ。
復興系の列車
※復興號は準急の客車。電車や冷氣柴客は各駅停車だが、冷房があるので、
 少し値段が高めの復興號扱いになっている。
復興號 座席指定の準急の客車。
電車 各駅停車の電車で冷房付き。運賃は復興號と同じ。
冷氣柴客 各駅停車の冷房付きの気動車。運賃は復興號と同じ。
特急と急行(全席指定)
●光號 座席指定の急行。(●=草冠に呂)
自強號 座席指定の特急。

    次ページ