TOPICSのバックナンバー



 台湾中の人々が大注目の「TAIPEI 101 MALL」が2003年11月14日、陳水扁大統領や馬英九台北市長、その他たくさんの有名人などのテープカットによって、盛大にオープンしました。開店前からたくさんの人が並んでいたTAIPEI 101。聞いたところによると、オープン当日に訪れた人はおよそ25万人だったそう!この数を聞いただけでも、このショッピングモールの人気が分かりますね。


 賑やかな信義のショッピング街にあるTAIPEI 101 MALLは、広さ約76000平方メートル、高さはなんと508メートル。101階建ての世界一の高層ビルなんですよ。建材はすべて一流品ばかり。天井から差し込む自然の光を利用したオシャレなインテリアは、ショッピングを楽しむだけの空間ではなく、「癒し」の効果も兼ね備えてます。このTAIPEI 101 MALLこと台北金融ビルの理事長・焦佑倫さん曰く、「多くの人に、このTAIPEI 101 MALLを楽しんでもらいたいと願っています。」とのこと。

 それでは、店内を見ていきましょう。地下1階から4階には161の店舗が入っています。地下1階の「Jasons Market Place」では、輸入健康食品やワインセラー、香辛料など、生活用品や食材関係をズラリと取り揃えています。新鮮なフォアグラ、トリュフ、キャビアから、北海道の海鮮串焼やインド料理などなど、海外のものもたくさん揃っているんですよ。フランスのブルーチーズやスイスのアッペンツェラーなど、100種類以上のチーズもここで買うことができます。

 また、1200席もある大きなグルメ広場には35の店が並んでいます。たくさんあって、目移りしてしまいます!

 1階の「101大道」には、世界中の人気店が集まっています。スペインのmango、イギリスのfcuk、カナタで人気のrootsに、アメリカのtommy hilfigerなど、世界中から勢ぞろい。オシャレに敏感な若者たちも、ここで世界の流行を知ることができるというわけです。
 また、このフロアにもカフェやアイスクリームバーがあるので、ショッピングで疲れたときにはここでひと息つきましょう。


 2階の「時尚大道」は、RALPH LAUREN、ISABELLE WENGなどの有名ブランド店が集結。SOGOが入っているのも忘れてはいけません。
 800坪という広い空間は、他のショッピングセンターでは感じられない、高級で斬新な雰囲気に満ち溢れています。
 琉璃工房TAIPEI 101の画廊は、黒をベースとしたインテリア。色鮮やかな作品が浮かび上がるさまは、美しさを通り越して、とても神秘的です。このフロアには市貿中心(展覧会場)とNEW YORKショッピングモールへの連絡通路があります。


 3階の「名人大道」は2004年の春にオープン予定。Louis Vuitton、dior、gucci、prada、Tiffanyなどのブランド店がフラッグシップショップとして入る予定なのだとか。ファッションの最新情報が満載のフロアになりそうですね。

 また、11月14日から12月10日まで、「vogue fashion inco 101経典」と題した展示会が開催されています。著名なファッション雑誌、Vogueに掲載された20世紀の女性像を通じて、現代女性の美しさを堪能することができます。

 4階のガラス天井の高さは、なんと40メートル!この天井から自然の光がたっぷりと注がれるフロアは、まさに都会のオアシス。レストランやカフェもあるので、待ち合わせにも最適です。

 TAIPEI 101 MALLは「bringing Taipei to the world(台北から世界へ)」をモットーとし、国内外の有名ブランドを紹介すると同時に、多元なライフスタイルを提供します。そして台北のファッションとグルメの新しい発信地となるのです。

 2004年4月頃には89階に展望台がオープンする予定!「台北101」には世界最速のエレベーターも2基あり、オープン予定の89階の展望台まで、なんとわずか39秒で到着するんですよ。