TOPICSのバックナンバー


台北市長 馬 英九氏


台北市長の馬英九氏にお話を伺いました。
市長ご自身からご覧になった、台北市の魅力とは何でしょう?
   台北市には、とても観光資源に恵まれた街なんですよ。MRTなど、移動にはとても便利ですし、世界的にもトップレベルのショッピングセンターが数多くあります。毎日、街のどこかで必ずコンサートや舞台が開催されていますし、いずれも私達台北市民の大切な資産であり、誇りなのです。ぜひ日本の皆さんにも、楽しんでいただきたいですね。

 台北では一日中、遊べますよ。そうですね・・例えば、朝は豆乳を一杯飲んで、お粥を味わってみましょう。午前中は最先端の流行アイテムが揃う、東区でウインドーショッピング。ついでにランチもここでどうかな。午後はワーナービレッジで映画を観てから、淡水へ。淡水では船に乗りながら、名物の美しい夕日を見て、お腹がすいたら、士林夜市で夕飯を。大餅包餅なんかがオススメかな。その後は、北投温泉にでゆったり休憩。まだ終わらないですよ。深夜の12時を過ぎたら、24時間営業の誠品書店でゆっくり読書が待っています。どうですか?なかなか台北はおもしろい街でしょう。

 西門町には元気なヒップホップ世代の若者があふれているし、世界貿易センターで開催されるいろいろなコンサート、陽明山の花祭り、台北市主催の映画祭、美味しくていつまでも食べていたい台湾料理や、台湾一を誇る大学数など、台北はとにかくユニークで、多様性にあふれています。活気がいっぱいの、歴史ある街なのですよ。
ソフト面では、台北市政府は台北観光のためにどのような計画をすすめていますか?
   国内外に限らず観光の方は出発する前に、台北市政府のホームページで観光データを見ることができます。また、直接台北へいらした場合でも、台北駅と東区地下街、MRT北投駅に設置されたツーリスト・センターで、必要な情報を簡単に手に入れることができます。将来は松山国内空港、MRT各駅にサービスセンターを設けることを計画しています。また、大型展示会が開催された場合にも、会場周辺に臨時の旅行サービスセンターを設置することも考えています。

 市民と観光客の方、両方に大好評の悠遊カードの発行だけでなく、中、英、日本語の普及のため、「WOW TAIPEI」という季刊の観光雑誌や、観光マップはこの三ヶ国語版を作成し配布しています。また、有名観光ポイントには、多言語のガイドブックを設置しています。旅行社などのスタッフに対する外国語トレーニングも実施していますので、海外からのお客様にも台湾の人と同じように、台北の便利さを味わって欲しいですね。

 台北市のいろいろな面を観光客に知っていただくために、陽明山エリアの自然観察、北投温泉、萬華のなつかしグルメ、市内でのショッピングなど、観光ルートを企画し、積極的にPRしています。また、淡水河の船による観光ツアー(ブルーハイウェイ)と観光バスも、近いうちに再開する予定なのですが、これは観光客の皆さんにぜったいに満足してもらえると思いますよ。また将来的には、悠遊カードとホテル、レストラン、博物館などのパッケージ・割引プランの実施も計画しています。
日本市場に対して特別な観光推進計画はありますか。(割り引きパッケージ、ショッピングクーポン、宣伝企画など)
   日本の方は、台北観光の一番のお客様です。2002年上半期だけでも15万人近くの方が台北をご訪問され、観光人口の50パーセントを占めています。日本の皆様には、心から感謝しているのですよ。今年は観光業界で働く人たちの日本語教育の普及だけではなく、中央政府の決定に従って、10月1日から観光客に対する税金の返却制度がスタートしました。これをきっかけに、日本の皆様にもっとショッピングを楽んでいただきたいですね。

 また「2003年湯・花・恋」イベントでは、北投温泉や陽明山のフラワー・フェスティバル、萬華のレトロ街を題材に、このユニークなエリアを日本の皆様にご紹介しています。
2004年は台湾観光年ですが、台北市はどのようなイベントを企画していますか?
   台北市は今年から、各エリアと季節のイベントを統合し、「季季有主題、月月有活動」という一連のイベントを企画、実行しています。春のフラワーフェスティバルでは国内外の観光客の皆さんに、花一杯の景色の中で台北の年越しと、美しく飾られた提灯を堪能していただきたいですね。それから保安宮のお祭り、原住民文化祭、ドラゴンボートレースなど、民間風俗を身近に体験できるイベントや、美食フェスティバルなどのごちそうがいっぱいのイベントも開催されています。十月スタートの温泉季は北投周辺の温泉を主に宣伝しており、厳寒の冬に暖かいお湯を楽しんでもらいたいですね。
今回の「幸福の街、台北」イベントでは、北投温泉、陽明山フラワー・フェスティバル、そして萬華のレトロ街を題材に、日本に台北をPRしていらっしゃいますね。このイベントを通じて、日本の皆さんへのメッセージをお願いします。
   台北市は過去と未来の融合であり、西洋とアジア文化が混じりあった街です。この街では美食を味わいながら、ショッピングを楽むことができますし、千年を超えた芸術品やレトロな建物を通じて、時を越える旅もできます。
今回の「湯・花・恋」イベントを通じて、日本の皆様にいままでご存じなかった新しい台北を見ていただきたいと考えています。きっと北投の温泉、陽明山の花祭り、萬華のレトロ街を、楽しんでいただけると信じていますよ。
温泉やフラワーフェスティバル、台湾グルメ、故宮博物院、ショッピングなど、24時間眠らない台北を、ぜひ体験してくださいね。日本の皆様、ぜひ台北にいらしてください!