広告
2018/10/15 台中市
2018台中フローラ世界博覧会
台中市では11月3日から来年4月24日までの期間、「台中フローラ世界博覧会」が開催されます。博覧会では后里・豊原・外埔の3つの会場を設け、『花で再発見するGNP(花現GNP-Rediscover Green, Nature and People)』をテーマに様々な展示を行います。
なお、入場券はウェブサイトでも購入可能となっていますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

【2018台中フローラ世界博覧会(2018臺中世界花卉博覽會)】
開催場所:后里馬場森林会場・豊原葫蘆墩公園会場・外埔会場
期間:2018/11/3~2019/4/24
アクセス:(后里会場)台湾鉄道后里駅下車すぐ/(豊原会場)台湾鉄道豊原駅から徒歩約10分/(外埔会場)台湾鉄道大甲駅から92・212・213・215・811番バス乗車
公式サイト: https://2018floraexpo.tw/

2018/10/8 澎湖・馬公観音亭園区
2018澎湖国際海湾ライトショー
澎湖島の馬公観音亭園区では11月3日までの毎週木曜日~土曜日に「澎湖国際海湾ライトショー」が開かれています。開催日には光と影を組み合わせた雄壮で美しいライトショーを楽しめるほか、様々なアーティストのステージなども予定されていますよ。
ぜひ澎湖で秋の素敵な思い出作りをしてみませんか。

【2018澎湖国際海湾ライトショー(2018澎湖國際海灣燈光節)】
開催場所:馬公観音亭園区
日程:2018/11/3までの毎週木曜日~土曜日
※出演アーティストなどの詳細は下記サイトにてご確認ください
関連サイト: https://www.penghu-nsa.gov.tw/Activities/PenghuAutumnFestival/PenghuAutumnFestivalSpecial/2018PenghuInternationalBayLightingFestival.htm

2018/9/25 国立台湾歴史博物館
特別展「重返・田野:伊能嘉矩與台湾特展」
台南市の国立台湾歴史博物館では日本統治時代に台湾各地を踏査した人類学者・伊能嘉矩の特別展「重返・田野:伊能嘉矩与台湾特展」を開催中です。貴重なフィールドワークの記録や文物のほか、伊能が毛筆で書いた台湾原住民(先住民)系統分類図も公開され、時代背景や人物紹介など6つのテーマに分けて伊能の足跡をたどっています。
歴史に興味にある方はぜひご覧になってみてはいかがですか。

【特別展「重返・田野:伊能嘉矩與台湾特展」】
開催場所:国立台湾歴史博物館
住所:台南市安南區長和路一段250號
開催日時:2019/1/1まで
アクセス:高鉄台南駅からタクシーで約35分
公式サイト: https://jp.nmth.gov.tw/