掲載している内容は取材当時のもので、現在とは異なることがあります。
各記事には掲載日付を明記していますので、参考にしてください。

最近の過去7日分の台北日和記事です。

2017年2月24日(金)
素材の味をそのままに 裸食私廚
素材の味をそのままに 裸食私廚

 新生南路の路地裏に位置する裸食私廚は、蒸す、煮る、焼くなどの調理を加えない料理を提供することで有名なお店です。乾燥処理が必要な食材でも、45度以下の低温風乾燥により、食品の栄養と新鮮な野菜やフルーツの酵素を留めています。ローフードと聞いてベジタリアン料理を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、ここではその考え方が見事に覆されます。プレートに盛り付けられた料理は視覚的にも驚くほど艶やかで、またその美味しさはレストランでお腹いっぱいになった後でも、テイクアウトして帰りたくなるほどです!

[続きを見る]
2017年2月23日(木)
礁溪湯圍溝公園傍の台湾×日本の風情 盛滿號
礁溪湯圍溝公園傍の台湾×日本の風情 盛滿號

 宜蘭縣の礁渓に来て温泉を楽しむなら、「湯圍溝溫泉公園」は外すことのできないスポットです。古き良き趣ある木造の建物と美しい景色の他にも、旅行者たちにはうれしい無料の足湯で休憩することも出来ます。「盛滿號」は湯圍溝溫泉公園のすぐ傍に位置し、足湯に浸かってリラックスした後に、道を渡って台湾と日本の風情がミックスされた「盛滿號」を訪れてエネルギーをチャージしましょう!

[続きを見る]
2017年2月22日(水)
人々と土地に息づく縁を大切に 大春煉皂
人々と土地に息づく縁を大切に 大春煉皂

 日本の経営下であった「水記商社」は、「大春煉皂」ブランドで洗濯粉洗剤、洗濯クリーム洗剤、洗濯石鹸の3点の大ヒット商品を生み出しました。大稻埕の李水土さんは民国39年(1950年)、戦後、日本が台湾から撤退する際にこの会社を買収しました。そして、2016年に「大春煉皂」ブランドを再度立ち上げました。

[続きを見る]
2017年2月21日(火)
味覚の旅に出よう 入境咖啡 Arrival Cafe & Bistro
味覚の旅に出よう 入境咖啡 Arrival Cafe & Bistro

 「入境咖啡 Arrival Cafe & Bistro」は、静かな東区の路地裏にあり、旅行好きの人はもしかしたらこの名前を見て足を止めてしまうかもしれません。カフェから入境するとはどういう感じなんだろう?と好奇心にかられます。看板には可愛いペンギンが描かれていて、店内に入るとシンプルなインテリアの中に、ペンギンの置物がところどころに飾られていて、とても興味を引かれます。

[続きを見る]
2017年2月20日(月)
おいしいカクテルをご一緒しませんか? Genao Café
おいしいカクテルをご一緒しませんか? Genao Café

 通化夜市の近くの路地裏にある「Genao Cafe」は、まるで灯台のように、黄昏時になるとそっと明かりを灯して、この場所に帰ってくる人々を待っています。店主の劉宇晏さんの本業は、実は役者で、ドラマから舞台など様々な作品に出演しています。元々、様々なバーを訪れるのが趣味で、自分のバーを作りたいという想いが徐々に芽生え、そんな想いと縁が重なって、2016年末に「Genao Cafe」をオープンしました。

[続きを見る]
2017年2月17日(金)
愛あふれる雰囲気 Urara 閣樓上的鹹點店
愛あふれる雰囲気 Urara 閣樓上的鹹點店

 都会の喧噪から離れた通りの中興一巷には、60年近い古い建物「綠光計畫」があり、一階から緑に覆われた壁に、「Urara 閣樓上的鹹點店」という看板が見えます。表示に従って古い建物内を進み、階段を登ると、二階には広いベランダがあり、遠くに可愛らしい盆栽が並んだお店が見えます。温かみのある軽食スペース、それこそが「Urara 閣樓上的鹹點店」です。

[続きを見る]
2017年2月16日(木)
大きな農業が伝える生活スタイル 掌生穀粒糧商號
大きな農業が伝える生活スタイル 掌生穀粒糧商號

 初めは故郷から送られてきた食べきれない米を友達に分けていただけでしたが、その米にオーナーが学んだ広告の美学を加えることで、台湾の土地が作り出す素晴らしい稲作文化を広めました。それは今では米に加え、蜂蜜、茶、酒の4大品目となっています。誠品生活松菸内に位置する「掌生穀粒」は、広く大きな長テーブルの座席があり、お客はここに座っていつでも様々な農産物を味わうことができます。

[続きを見る]