2017年12月7日

日常の喧騒からの避難所 別所shelter

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

日替わりケーキ

日替わりケーキ

桂花釀蛋糕

桂花釀蛋糕

山胡椒馬告黑巧克力布朗尼

山胡椒馬告黑巧克力布朗尼

テラスエリア

テラスエリア

擂茶

擂茶

 「別所shelter」は、MRT民権西路駅近くの公園向かいの路地にあり、街の中心街に位置しながらも大通りから一本入った緑あふれる閑静な場所は、まるで別世界を訪れたような気分になります。「SHELTER」は「避難所」という意味を持つ英語ですが、訪れる人々が普段の忙しさや喧騒を離れ、都市の中の避難所のような場所になりたいというコンセプトでこのカフェをオープンしました。

 店内も居心地の良さを追求したデザインで、各テーブルは快適な距離感を保ち、お客たちは皆それぞれのパーソナルスペースを維持することができます。外のテラスは、夜になると電球の明かりが灯り、昼とはまた違った雰囲気を楽しめ、暖かい雰囲気が感じられます。「別所」はそれぞれの分野の所長というポジションを作っており、映画、レコード、劇場、美食と、それぞれに得意とする分野でスキルを発揮しています。店内の隅では毎日音声無しの映画を流していたり、レコードのエリアもあったり、さらに不定期で芸術や文化イベントを行ったりしています。ライフスタイルの雰囲気が感じられ、芸術メッセージの交流の場となっています。

 「別所」の食材はすべて料理の所長が心を込めて厳選しており、台湾の小さな農家と提携し、季節に合わせた旬の食材を仕入れています。日替わりの「今日蛋糕(本日のケーキ)」は、お店オリジナルの味わいがお客たちにいつも驚きと楽しみを運んでくれます。今回のケーキは「提拉米蘇慕斯蛋糕(ティラミスムースケーキ/160元)」で、チョコレートにラム酒とコーヒーを加え、チョコレートの香りを引き立てています。「桂花釀蛋糕(モクセイケーキ/160元)」は、蜂蜜とキンモクセイソースをベースに作ったケーキに、生クリームとアーモンドスライスをトッピングした甘さ控えめでさっぱりとした味わいです。他にも「山胡椒馬告黑巧克力布朗尼(山胡椒入りチョコレートブラウニー/150元)」は、生姜のような味わいのある馬告と呼ばれるアオモジの実から作るスパイスを加えており、スイーツなのに独特な香りがあります。少し加えたミントシュガーも伝統的なブラウニーの概念を飛び越えた新発想の味わいで、甘みの中に少しの塩気があり、とても爽やかな口当たりです。デザート以外、軽食メニューも人気で、食事部門の所長が全てに心を込めて研究を重ね作り出したオリジナルの味わいは、何度も食べたくなるメニューばかりです。

熱紅酒

熱紅酒

小農山蜜拿鐵

小農山蜜拿鐵

 ドリンクメニューの「熱紅酒(ホットワイン/350元)」は、お店の看板メニューで、ワインに3種類の漢方食材を加え、オレンジとリンゴ、お店オリジナルのスパイスを合わせ、赤ワイン独特の苦みや渋みをなくしています。赤ワインが苦手な人でも甘くてとても飲みやすいですよ。滑らかで柔らかな口当たりの温かいワインは、冷えが気になる女性にもピッタリで、寒い冬に体の芯から温めてくれる1杯ですよ。「擂茶(客家擂茶/170元)」は、台湾客家の伝統的な飲み物で、20種類以上の穀物やナッツなどすりつぶして、粒あんとポン菓子を加えています。伝統的な擂茶よりもさらに濃厚です。「小農山蜜拿鐵(蜂蜜ラテ/160元)」は、百花蜜を加えて、通常のラテとまた違った天然の蜂蜜の花の香りが漂います。お茶のメニューは所長達が自ら南投縣の鹿谷にある山に登って茶農家を訪ね選んだもので、ナチュラルで高品質なものを提供しています。

 「別所」ではただおしゃべりをして楽しい時間を過ごせるだけでなく、食材、芸術、空間とも交流しながら、美食と芸術、生活を融合させています。ライフスタイルの品質を重要視する4人の所長達が、多くの人に更にライフスタイルの在り方について考え、仕事や学業に忙しい毎日の中で、深くゆっくりと呼吸をして、一瞬一瞬を大切に過ごしてほしいという思いが込められています。
(記者:Maggie)

地図

【別所shelter】
住所:台北市大同區承德路三段51巷18號
電話:02-2599-1811
営業時間:11:00 - 23:00
定休日:無し
交通:MRT民権西路駅5番出口より徒歩約3分
URL:https://www.facebook.com/shelterCafeandFood/

Loading...

▲ページトップへ戻る