2016年11月16日

近隣住民からも愛される温かな心の朝食屋さん 真芳-碳烤吐司/紅茶牛奶

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

真芳三明治

真芳三明治

花生花生

花生花生

手作りミルクティー

手作りミルクティー

窓際のカウンター席と手書きのメニュー

窓際のカウンター席と
手書きのメニュー

豬肉蛋起士

豬肉蛋起士

 松菸文創園區の近くに、店中に情熱と人々の挨拶の声が溢れる人気の朝食店「真芳」があります。小さなお店の中に入ると、手前には大きな窓からの光が降り注ぐイートインスペース、奥はオープンスタイルのキッチンとなっています。イートイン用の座席数は決して多くはありませんが、テーブル同士の間隔が広いので心地良く、センスの良い装飾品でデコレートされている店内の雰囲気は、訪れる人をリラックスさせてくれます。

 活気ある朝食店「真芳」をオープンしたのは、まだ28歳という若さのオーナー阿瘦さんです。以前は観光ガイドとして働いていたほど、人と接するのが好きで、人と人とが交流する温かさに感銘を受けたのだとか。店内でも毎日、オーナーとお客との楽しい会話を垣間見ることができます。オーナーは、食べること、遊ぶことが大好きでしたが、今でも日々の生活の片隅で幼少時に叔母さんが営んでいた朝食店で食べた料理の味が忘れられず、この朝食店「真芳」をオープンし、その当時の思い出の味を提供しています。

 「真芳」に来たら必ず食べたいのは、毎日数量限定の「真芳三明治(真芳オリジナルサンドイッチ/75元)」です。厳選した新鮮な豚もも肉のミンチを使用し、五香粉、パプリカパウダーで味を調え、新鮮な卵を加えしっかりこねてミートボールを作ります。人工香料は加えすぎず、鉄板で中まで火が通るまで焼き、シンプルな味わいにしています。特にお客を虜にするのは、炭焼きで炙ったトーストの間に挟まれたサツマイモとジャガイモのペーストです。台湾産のジャガイモとサツマイモを使用していて、蒸した後にマヨネーズを混ぜて、梨山産のキャベツの千切りと一緒に挟めば、甘くて爽やかな口当たりは食べだしたら止まらなくなります!

 オーナー一押しの「豬肉蛋起士(豚肉とチーズ、卵のサンドイッチ/60元)」は、絶妙に焦げ目が付いた炭焼きトーストに肉汁たっぷりのポークソテーをサンドしており、特に男性から人気を集めるメニューです。チーズと卵がよく合い、良い香りがたまりません! 「花生花生(ピーナツバターサンド/35元)」はお店で人気の甘いトーストサンドで、外はサクサク、中はふんわりの炭焼きトーストに濃厚なピーナツバターをたっぷり塗って、さらに大きなスプーン一杯のクラッシュピーナツと砂糖を振りかけます。歯ざわりがとても良く、口に入れた瞬間、濃厚なピーナツの味わいがに広がり、忘れられないほどのおいしさです。

粉漿蛋餅

粉漿蛋餅

紅茶牛奶

紅茶牛奶

 「真芳蛋餅(台湾風卵クレープ/30元)」は、オーナーが追及する懐かしい味そのものです。「真芳」を訪れたら必ずオーダーしてみてくださいね!小麦粉と水、青ネギ、韮を混ぜ、溶き卵と一緒に焼けば、ふちがパリパリに仕上がります。しょうゆベースのタレを少しかけて食べれば、これこそがオーナーがいつも忘れられずにいた叔母さんの朝食店の味です。お店の看板ドリンク「紅茶牛奶(ミルクティー/45元)」は、3ヶ月もの時間を費やして作り上げた黄金比率で紅茶とミルクを合わせています。氷を加えないのがこだわりで、甘さ控えめでミルクの味が強すぎることなく、紅茶のよい香りが広がりとても飲みやすいです。お店の近くに住むお客は大人から子供までこのドリンクが大好きです!

 台湾の朝食文化が大好きな方は、ぜひ「真芳」を訪れて、伝統と新しいアイデを融合させたこのおいしさを味わってみてください!友達を作ることが好きなオーナーが温かなおもてなしで皆さんが来るのを待っていますよ!
(記者:DIANE)

地図

【真芳-碳烤吐司/紅茶牛奶】
住所:台北市信義區忠孝東路四段559巷16弄13號
電話:02-2766-6766
営業時間:月曜~金曜 06:30-13:30, 土曜、日曜 07:30-13:30
定休日:無し
交通:MRT市政府駅より徒歩約5分
URL:https://www.facebook.com/ZhenFangShop/

Loading...

▲ページトップへ戻る