2016年11月1日

黄金比率のタレで最高の味が引き出される麺 東記咱家麵(三民店)

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

醡醬辣麵

醡醬辣麵

古早飯

古早飯

傻瓜麵

傻瓜麵

台湾料理

台湾料理

荀干

荀干

 台中市北エリアに位置する一中街は、大学や高校、塾など数多くあるため、平日、週末を問わず多くの学生で賑わっています。学生街ともあって、レストランや小吃の値段は比較的安いのが特長です。今回ご紹介するのは、この一中街付近にあるリーズナブルな値段でとても美味しい麺を提供しているお店「東記咱家麵」です。お店は週末になるとひっきりなしにお客がやってきて、すぐに席が満席になってしまうほど大人気なんですよ。緑と白を基調とした店内は、明るくとても清潔です。座席数はそれほどありませんが、屋外にも2席あるので、今のような涼しくなった秋の季節には、屋外で食べると清々しい気持ちになりますよ。

 看板メニューは何といっても「傻瓜麵/中50元」です。傻瓜とは中国語でおバカという意味です。名前の由来は色々ありますが、“真っ白な麺だけのシンプルな料理”からきているようです。麺、刻み葱、貢丸(肉団子)だけのシンプルなものですが、お店特製のタレをかけることによって忘れられない味へと大変身!このタレには黄金比率があるそうで、スタッフは「醤油を2周、烏醋(黒酢)を2周かけるととても美味しいんですよ」と話してくれました。烏醋の程よい酸味と醤油の塩気、そしてもともと麺にかけられていたにんにくペーストと相まって、絶妙な美味しさを作り出しています。麺は細麺ですが固めでコシもあり、タレとよく絡み合うようになっています。リピーターが多く、お店一押しメニューなのもうなずけます!小40元では物足りなくなり、これなら大60元でもペロッといけてしまうほどの美味しさなんですよ。

 「醡醬辣麵(ピリ辛ジャージャーメン/小60元)」は、白い麺とスライスした人参ときゅうり、貢丸(肉団子)、そして特製の醡醬(肉味噌)がかけてある麺料理です。豆干(干し豆腐)が入った醡醬は塩気があり、濃厚な口当たりです。麺は細い平麺が使用され、弾力があります。味噌の香りも漂っていて、傻瓜麵とはまた違った口当たりですよ。

 「古早飯/小25元」は、真っ白いご飯の上に豚油と醤油がかけてあるだけのシンプルな料理で、台湾人にとっては、とても懐かしい味がするメニューなのだそうです。シンプルながら日本にはない味付けで、ほどよい醤油の塩気がたまりません。硬めに炊かれたご飯もつややかで、とても美味しいんですよ。

 「招牌豆腐(看板メニュー豆腐/小30元)」は、スライスしたきゅうり、ピータン豆腐の上に醡醬辣麵で使用されている醡醬がかけられています。豆腐は絹ごし豆腐が使用されていて、とてもなめらかな食感です。ピータンは日本人には好き嫌いが分かれる食べ物ですが、「東記咱家麵」のピータンは軟らかな食感で臭みはさほど感じられません。見た目が黒いので食べるのを躊躇してしまいそうですが、ぜひこの機会に台湾人も大好きなピータンにチャレンジしてみてくださいね。

竹荀湯

竹荀湯

招牌豆腐

招牌豆腐

 「竹荀湯(たけのこのスープ/25元)」(夏季限定)もお店お薦めのスープです。薄味ながらたけのこの風味がしっかりと感じられ、また、たけのこのシャキっとした食感が絶妙です。たけのこ本来の味のみが引き立てられた、とても美味しいスープなんですよ。「荀干(メンマ/30元)」は、メンマと高菜を一緒に炒めた料理です。高菜は少々塩気があるため、たけのこと混ぜることで、全体がほどよい味付けになります。たけのこと高菜という組み合わせも、なかなか日本では見られないのではないでしょうか。また、「滷蛋(煮込み卵/10元)」もお薦めです。醤油で何時間も煮込まれた卵は、味がよく染み込んでいて、白身は固めながら、黄身は柔らかく、絶妙の味付けなんですよ。

 「東記咱家麵」は、西エリアの逢甲夜市近くにも分店がありますので、その日のスケジュールにあった店舗へ足を運んでみてください。リーズナブルな値段ながら台湾ならではの料理が楽しめますよ。一度訪れたらあなたもきっと「東記咱家麵」のリーピーターになること間違いないでしょう!
(記者:Saori)

地図

【東記咱家麵(三民店)】
住所:台中市北區育才北路13號
電話:04-2218-1633
営業時間:月曜日~日曜日10:30-20:30
定休日:不定休
交通:台湾鉄道台中駅からタクシーで約20分

Loading...

▲ページトップへ戻る