2016年10月19日

黄金色の秋 風檐下的約會

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
巨大なパビリオン「風檐」

巨大なパビリオン「風檐」

ロマンチックなテーブル席

ロマンチックなテーブル席

テーブルセッティング

テーブルセッティング

The One設計デザインのカップ

The One設計デザインのカップ

湛廬咖啡によるハンドドリップ

湛廬咖啡によるハンドドリップ

木組みアーチのパビリオン「風檐」

木組みアーチのパビリオン「風檐」

醋漬秋蕈柳橙沙拉罐與櫻桃鴨金黃米穀佐烤時蔬

醋漬秋蕈柳橙沙拉罐與
櫻桃鴨金黃米穀佐烤時蔬

 風城(風の街)新竹の山あいに位置する「The One南園人文客棧」は、四方を山や谷に囲まれていて、赤レンガ造りの中国風の建築が、文化的な雰囲気と美しい自然との共有の場を提供しています。旅行客は予約すると園内を参観することができ、静けさに囲まれた素晴らしいひと時を楽しむことができます。「The Oneグループ」は、“五感と第六感を研ぎ澄ます休日設定”の提案をもとに、多くの文化とアイディアをこの伝統的な「南園」へ持ち込みました。庭園や宿の他、SPAや食膳などの体験イベントも提供しており、台湾で始めて「日本Good Design Award」を受賞したんですよ。

 秋に訪れると、私達はロマンチックな雰囲気あふれる「風檐下的約會(パビリオンでのデート)」体験イベントに参加することができます。九重山に向かって広がる草原の上には日本の建築家、隈研吾氏がデザインした台湾で初めての多目的パビリオンとなる国際級芸術作品「風檐」があります。「風檐」のデザインコンセプトは、幾重にも連なる「九重山」と桃園や新竹エリアに吹く風「九降風」の大地のイメージから得たもので、山林の変化に合わせて、風のような流動感を創り出しており、「The One南園人文客棧」のメインスポットとなっています。

 ここでは四季折々の変化を楽しむことができ、ゲストは風檐の下にセッティングされたテーブル席に案内されます。季節に合わせて考案された文化体験イベントとテーブル上に展開される季節の風景は、きっと深く印象に残ることでしょう。黄金色の稲穂が輝く秋の田園は、豊作の意味も持つため、テーブル上には異なる2種類のメイソンジャーサラダが提供されています。一つは濃厚な香りが漂う秋のきのこを使用し、酢漬けによって秋の味覚を封じ込めた「醋漬秋蕈柳橙沙拉罐(酢漬けきのことオレンジのメイソンジャーサラダ)」です。もう一つは、厳選した宜蘭の豪野鴨の燻製胸肉を使用し、これに北アフリカ産のクスクス、カナダ産の野米(ワイルドライス)、台東の紅藜麥(紅アカザ麦)などをミックスした穀物が合わせてあります。更に甘くてさっぱりとした焼き野菜もあります。まるで太陽の光のような色彩豊かな「櫻桃鴨金黃米穀佐烤時蔬(櫻桃鴨と黄金色の穀物焼き野菜のメイソンジャー)」なんですよ。

 イベントは「湛廬咖啡」とコラボしていて、メニューに合わせた異なる風味の単品コーヒーも味わうことができます。「衣索比亞耶加雪啡日曬Aricha咖啡(エチオピアイルガチェフェアリチャコーヒー)」、「瓜地馬拉安堤瓜產區美人莊園水洗豆(グアテマラアンティグア産フィンカ農園ウォッシュドコーヒー)」は、バリスタが説明してくれるコーヒー豆の特製とハンドドリップの技術を聞きながら、ゲストはそれぞれの味覚の意義を理解することができます。

The OneCoffee歲月靜好

The OneCoffee歲月靜好

米漿奶酪佐苦茶油、金秋柿果燒、濃情巧糕仔

米漿奶酪佐苦茶油、
金秋柿果燒、濃情巧糕仔

 最後のスイーツは、食材の調和からたっぷりの真心を感じることができます。「米漿奶酪佐苦茶油(ライスミルクパンナコッタと苦茶油)」は、伝統的な苦茶油(苦茶木の実から作った油)のソースがかけてあります。まろやかで濃厚な味覚と素晴らしい香りを漂わせるスイーツなんですよ。「金秋柿果燒(柿のケーキ)」は、新竹県新埔で有名な甘柿を使用し、まるで和菓子のように作られていて幸せを感じるおいしさが詰まっています。100年の歴史を持つ糕餅ブランド「郭元益」の「濃情巧糕仔」は、斬新な技術で緑豆糕と苦くて甘いチョコレートが融合したスイーツなんですよ。このスイーツたちに合うのはもちろん「湛廬咖啡」がこのために特別にデザインしたコーヒー「The One Coffee 歲月靜好(The One Coffee 歳月の素敵な静けさ)」です。どれをとっても外見は素晴らしく、味やその背後に隠れる意味をも私たちを驚かせてくれますよ。

 草原、森林、九降風エリアと、黄金の太陽の光が照らす新竹は、とてもロマンチックな息吹が漂っています。ぜひ現実の世界を離れて、まるで桃源郷のような「The One南園人文客棧」で、楽しいひと時を過ごしてみてくださいね。

*見学時間はウェブサイトをご参照ください
*申し込み費用は1,280元+10%です
*活動時間は15:00~17:00までですが、園内には時間より早めに入園できます
(記者:Neko)

地図

【The One南園人文客棧】
住所:新竹縣新埔鎮九芎湖32號
電話:03-589-0011
営業時間:09:00-17:00
定休日:無し
交通:台湾高速鉄道新竹駅2番出口からシャトルバスで約30分
URL:http://nanyuan.theonestyle.com/index.asp

Loading...

▲ページトップへ戻る