2016年6月24日

ビール好きにはたまらない場所 啜飲室

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

Founder Nitro Rubaeus

Founder Nitro Rubaeus

Modern Times Black House

Modern Times Black House

滷味

滷味

サーバーから注ぐビール

サーバーから注ぐビール

店内の様子

店内の様子

バーエリア

バーエリア

 2001年WTOに加盟以降、台湾政府は民間へ酒の醸造を開放しました。もともと各国のビールブランドを輸入代行していた「臺虎精釀股份有限会社」は、2016年5月、正式に海外へ向けて独自のビール工房をオープンしました。醸造されたビールは経営グループでもある「啜飲室」で販売されています。台北MRT忠孝復興駅にほど近い「啜飲室」は、オープンして一年余りですが、「啤酒體驗室(ビール体験室)」というコンセプトのもと、試飲サービスも提供し、どのお客にも自分の口に合ったビールを探してもらうことに力を入れています。店内は開放的な空間が広がっていて、椅子もそれほど多くないことから、大きなテーブルは自由に立食エリアから座席エリアへと移動することができます。薄暗いライトの光が心をリラックスさせ、心地良い気分にさせてくれますよ。

 窒素を添加した「Founder Nitro Rubaeus(アルコール度数5.7% )/ 200元」は、一般の二酸化炭素を加えるビールに比べ、窒素の泡は比較的細かく綿密で、全体的にまろやかな口当たりです。製造過程でラズベリーを加えて一緒に発酵させるため、ラズベリーの甘酸っぱい香りがたっぷりと吸収されています。またこの甘酸っぱさがホップの苦味もおさえてくれるため、果実酒が大好きな人にはもってこいのビールですよ。

 「Modern Times Black House(アルコール度数5.8% )/ 200元」は、独自のビール工房「Modern Times」のもので、コーヒー風味のビールです。啜飲室ではコーヒー豆の品質の研究にもとても力を入れていて、醸造する過程中、独自に焙煎したコーヒー豆が加えられています。工房によるビールの最適な割合を味わうことができますよ。コーヒー色に染められたビールはまろやかな口当たりで、コーヒーの香りも濃厚です。飲むと口の中にはコーヒーの香りと更にチョコレートのほのかな香ばしい香りも広がるんですよ。

臺虎Tropic Thunder

臺虎Tropic Thunder

店内の様子

店内の様子

 「臺虎精釀」が醸造するビール「臺虎Tropic Thunder(アルコール度数4.8% )/220元」は、たくさんのトロピカルフルーツの香りがするホップを加えて作られています。ドライホッピングの製法を取り入れているため、ビールはホップの香りのみを吸収し、苦味は吸収していません。オレンジ色のビールと濃厚な果実の香りが、グラス全体をまるで小さなパイナップルを手にしているかのような気分にさせてくれる、とても美味しいビールなんですよ。

 もしビールに合わせておつまみもオーダーしたいなと思った方は、おつまみメニュー「滷味(台湾風煮込み/150元)」もおすすめですよ。ミミガー、鶏もも肉、干し豆腐、煮込み卵、肉団子などの材料を燻製にした滷味は、ビールとの相性も抜群で、ビールの味覚を更に引き立ててくれるんですよ。

 熱炒店(炒め物店)や、ナイトクラブ、そして静かなバーだけではなく、「啜飲室」では試飲サービスも提供しているので、新しい選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。自分好みのビールを味わいながら、友人たちとのおしゃべりに花を咲かせ、ぜひ日々の疲れを癒してくださいね。
(記者:Queena)

地図

【啜飲室】
住所:台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號
電話:02-8773-9001
営業時間:日曜日~木曜日 17:00-23:30 , 金曜日、土曜日 17:00-00:30
定休日:無し
交通:MRT忠孝復興駅から徒歩約10分
URL:https://www.facebook.com/chuoyinshi/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る