2016年6月20日

ふわふわかき氷の上のモチモチ湯圓 御品元傳統手工元宵

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

桂花蜜と甜酒釀

桂花蜜と甜酒釀

桂花綜合湯圓

桂花綜合湯圓

酒釀加蛋綜合湯圓

酒釀加蛋綜合湯圓

著名人たちのサインで埋め尽くされたメニュー

著名人たちのサインで
埋め尽くされたメニュー

手作りの湯圓

手作りの湯圓

 台北101からも程近く、おいしい食べ物が多いとして知られる通化街(臨江街)夜市。そんな美食が集う通化街夜市の中でも、最近特に人気を集めているのが台湾スイーツのお店「御品元傳統手工元宵」です。「御品元傳統手工元宵」は、台湾で昔からデザートとして親しまれる「湯圓」という中華風白玉の専門店で、もち米100%で作るこだわりの湯圓が多くの人を魅了しています。

 湯圓は冷めると外の皮が硬くなってしまう為、お汁粉などの温かいスープの中に入れて食べるのが一般的ですが、「御品元傳統手工元宵」では、なんとかき氷の上に湯圓をのせたオリジナルメニュー「冰火湯圓」が食べられます。暑い時期が長い台湾では、温かいスイーツの湯圓は冬の食べ物として定着していました。しかし、夏でもおいしい湯圓を味わって欲しいというオーナーの考えのもと、研究と工夫を重ね、お店オリジナルメニュー「冰火湯圓」を作り出しました。夏は冷たいかき氷と共に、そして冬は温かなスープと共に、一年を通しておいしい湯圓が楽しめます。

 人気メニューの「冰桂花綜合湯圓(キンモクセイソースミックス湯圓/70元)」は、ふわふわのかき氷の上に、丸々とした湯圓がのって見た目もとっても可愛らしいです。かき氷には自家製のキンモクセイの蜜がたっぷりとかかっており、口の中でふんわりと良い香りが広がります。アツアツもちもちの湯圓からは濃厚なゴマとピーナツの餡がとろりと出てきて、甘いものが好きな人にはたまらない美味しさです。「綜合湯圓」のメニューはどれもゴマ餡とピーナツ餡の白玉が各3個ずつのっており、両方の湯圓を楽しみたい人におすすめですよ!

 「冰酒釀綜合湯圓(中華風甘酒ソースミックス湯圓/80元)」は、酒釀という中華風甘酒をかき氷のソースとして使用し、さらに甘みを出すためにキンモクセイの蜜を合わせます。まろやかな甘みにふわりと酒釀のお酒の香りを感じることができ、甘さ控えめでとてもおいしいです。酒釀のお米のつぶつぶ感、口の中で溶けるかき氷とモチモチの湯圓、それぞれの食感が楽しめます。

 寒い冬に特に人気の「酒釀加蛋綜合湯圓(卵入り中華風甘酒スープミックス湯圓/90元)」 は、酒釀とキンモクセイの蜜を使った温かなスープに溶き卵を入れ、卵酒のように仕上げています。そこに湯圓を加えれば、お酒がふんわりと香る、栄養たっぷりで寒い日にぴったりなデザートの完成です。酒釀を作る過程でアルコール分はほとんど無くなっていますが、ほんのりとお酒のテイストが残り、少し大人な味わいです。甘いものが苦手な人にもおすすめしたいメニューですよ!

ふわふわのかき氷に熱々の湯圓をトッピング

ふわふわのかき氷に
熱々の湯圓をトッピング

酒釀綜合湯圓

酒釀綜合湯圓

 味の決め手となっている「桂花蜜(キンモクセイソース/40元)」「甜酒釀(中華風甘酒/90元)」も販売しています。桂花蜜はお砂糖の代わりに料理やお菓子作りに使用でき、水や牛乳で割ってドリンクにしてもおいしいです。甜酒釀は中華料理にはかかせない調味料で、甘酒のようにお湯を加えて飲むこともできます。体を温める効果もあり、特に女性におすすめなので、お土産にもぴったりですね。「御品元傳統手工元宵」では、食の安全にも強いこだわりがあり、防腐剤など余分なものは加えず、シンプルでヘルシーな材料のみを使用しています。

 冷たいかき氷と一緒に食べるアツアツとろりとした湯圓は、一度食べたら忘れられないほどのおいしさで、「冰火湯圓」はその味わいで多くの人たちを虜にしています。数多くの台湾の芸能人もこちらの湯圓がお気に入りで、お店の前のメニュー表は、たくさんの有名人のサインで埋め尽くされているほどです。これからは夏でもおいしい「冰火湯圓」が、台湾の定番デザートになること間違いなしですね!
(記者:Mikiko)

地図

【御品元傳統手工元宵】
住所:台北市大安區通化街39巷50弄31號
電話:0955-861-816
営業時間:18:00-00:00
定休日:無し
交通:MRT信義安和駅4番出口より徒歩約10分
URL:https://www.facebook.com/Ice.Fire.Dumpling/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る