2016年6月15日

台湾と日本の混血カレー 本家台灣咖哩

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
お店の外観

お店の外観

カウンター席

カウンター席

炸鶏塊台灣咖哩

炸鶏塊台灣咖哩

可爾必思

可爾必思

台湾風キムチ

台湾風キムチ

券売機

券売機

綜合台灣咖哩

綜合台灣咖哩

 鮮やかな黄色の看板に、目の覚めるような大きな文字で「本家台灣咖哩」と書かれたお店は、たまたまお店の前を通りかかった人を惹きつけるだけでなく、カレーを食べにお店を訪れる人がすぐに見つけられるようになっています。

 お店は台北の東区エリアにあります。店名が台湾テイストのカレー屋を思わせますが、一歩お店に入れば、濃厚な日本の雰囲気を感じることができます。食券を販売機で買うオーダー方法や、一列に並んだカウンター席とオープンキッチンスタイルは、日本の蕎麦屋や定食屋のような雰囲気です。ここでは単純な台湾スタイルのカレーではなく、日本風カレールーをベースに、台南の伝統の肉そぼろを合わせ、一皿一皿丹精込めて作られたボリュームたっぷりの日台混血のカレーライスが楽しめます!

 オーナーは日本出身ですが、台湾と日本のハーフです。幼い頃から台湾の祖母の自家製肉そぼろを食べて育ち、母親はよく日本の家庭料理のカレーを作ってくれたので、子供時代に食べたこれらの味わいは深く記憶に刻まれているそうです。大人になってから、当時の味わいを懐かしんでいたオーナーは、ふと日本の国民食とも言えるカレーライスと、祖母の味・肉そぼろを合わせた料理を作り出そうと考えました。「台湾の新しいソウルフードになれば」と、試行錯誤を重ね、様々なカレーを作り出しています。

 一番のおすすめは「綜合台灣咖哩飯(ミックス台湾カレー/300元)」で、基本の肉そぼろのせカレーライスに、チキンカツ、唐揚げ、豚しゃぶなどがトッピングされています。最後に新鮮な卵の黄身をカレーの上にのせ、刻み葱とニンニクを添えれば出来上がり。思わずはまってしまうおいしさです。揚げ物は、日本式の調理方法で作っていて、衣がサクサクの食感です。カレーと一緒に食べれば、忘れられない味わいになりますよ!

 「炸鶏塊台灣咖哩飯(唐揚げ台湾カレー/250元)」はコストパフォーマンスがよく、ボリューム満点の唐揚げをたっぷりのカレーライスにトッピングしてあります。お腹も大満足の一品ですよ。ベーシックなカレーと肉そぼろの味を楽しみたい場合は「元祖台灣咖哩(元祖台湾カレー/190元)」がおすすめです。ピリ辛な肉そぼろと濃厚な香りの日本スタイルのカレーは、揚げ物などのトッピングが無くても十分満足できますよ!

元祖台灣咖哩

元祖台灣咖哩

台南風肉そぼろ

台南風肉そぼろ

 テーブルの上には自家製の台湾風キムチが置いてあり、濃厚なカレーの風味があっさりとさわやかな口当たりになります。また、冷たい「可爾必思(カルピス/45元)」を合わせてオーダーすれば、さらに後味がすっきりしますよ!

 お店では、食材の下準備にも、調理にも、時間と労力を費やし、一皿一皿心を込めて仕上げています。また、すべてのお客様に満足してほしいとの思いから、毎月2種類の限定テイストのカレーライスを作っています。そして、ボリューム満点のカレーを食べ終え、お客が帰る際には、「おいしかったですか?次回のお越しを心よりお待ちしております!」と必ず声をかけています。食事だけでなく、お店の情熱やサービスにも満足できるはずですよ!
(記者:Anita)

地図

【本家台灣咖哩】
住所:台北市大安區大安路一段51巷3號1樓
電話:02-2778-9866
営業時間:11:00–15:00,16:00 - 2:00
定休日:無し
交通:MRT忠孝復興駅から徒歩5分
URL:https://www.facebook.com/台灣咖哩-大安店-1603077753348470

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る