2014年9月22日

梅酢と酵素で健康に 21工房手感酵素涼麵

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  [中文]
紹興酢各種

紹興酢各種

太陽酵素麺

太陽酵素麺

招牌滿漢套餐と野菜味噌湯

招牌滿漢套餐と野菜味噌湯

香腸燒肉涼麺佐特調醤

香腸燒肉涼麺佐特調醤

特製小菜

特製小菜

お店の外観

お店の外観

屋外のイートスペース

屋外のイートスペース

 21工房は、埔里出身の姉妹が、酢の醸造職人だった父親の味を台北で広めようとオープンさせた、特製の梅酢ダレと手作りの太陽酵素麺のお店です。埔里の良質な水と食材で作られた「陳年紹興醋(陳年紹興酢/1,280元)」と、酢の醸造過程で生産される酵素を取り入れた涼麺は、炸醤や麻醤といった伝統的な涼麺のイメージを打ち破っています。

 なぜ「21」かというと、21歳が酵素量が減少しはじめるポイントだからだそう。21歳までは、ヒトの体内では自然に酵素が作られ、体の機能を活性化させますが、22歳を過ぎると、この酵素量が減少しはじめ、だんだんと老化していきます。実家が酢の醸造所であるオーナー姉妹は、3年以上熟成させた紹興酢と良質な酵素の良さを熟知しているのです。天然の酵素を加えた麺は、デンプンなどの多糖類が比較的吸収しやすい単糖類に変わり、胃もたれや胃酸の逆流が起こりにくくなるほか、デンプンとグルテンを一体化し、しなやかでコシのある最高の口当たりになるのだとか。最後に平均温度25度の太陽に晒し乾燥させれば、「太陽酵素麺/250元」」の完成です。

 手作りの酵素涼麺には、3種類のタレがあります。まろやかで濃厚な芝麻醤(胡麻ダレ)、熟成貯蔵した甘酸っぱく爽やかな梅醋醤(梅酢ダレ)、13年貯蔵の梅酢と麻醤をミックスさせた、胡麻の香りと酢のさっぱり感を兼ね備えた特製ダレ、とどれも味わい深いですよ。お店の大人気メニューは「招牌滿漢套餐(満腹セット/129元)」です。焼肉と涼麺、小菜、梅酢のセットで、更に単品で「野菜味噌湯(野菜味噌汁/25元)」を追加注文するお客が多いそうですよ。焼肉は、豚肩ロースを海苔と玉ねぎのスープで湯通ししています。湯通しただけなのに、肉だけを食べてみても味がしっかりとしていて、更に梅酢をかければさっぱり感も味わえます。これには大量の野菜を煮込んで作られた味噌汁がよく合い、また梅酢ドリンクが消化を助けてくれます。とても健康的ですよ。

 「香腸燒肉涼麺佐特調醤(ソーセージと焼肉のせ涼麺と特製ダレ/130元)」は、お店おすすめの涼麺です。一皿で焼肉とソーセージが同時にいただける、非常に豊富な内容ですよ。ソーセージは、製作過程で酵素が加えられています。この酵素は余分な脂肪分を取り去るだけでなく肉質をやわらかくする働きもあるそう。食べてみると甘みがあってやわらかく、お店がモットーとしている天然と健康の概念とも非常に合っていますよ。

店内の様子

店内の様子

 「獨家特製小菜(特製小菜/40元)」も逸品揃いです。南投縣信義郷の「特産梅子」を高山キャベツと合わせた、シャキっとした口当たりの「梅子泡菜(梅キムチ)」や「郷村梅釀番茄(梅酢浸けトマト)」、そして梨山産の白菜で作られた「微辣韓式泡菜(ピリ辛韓国式キムチ)」などがあります。また「清燙時蔬(湯で野菜)」のタレにも南部の醸造所で180日以上天日干しされたオリジナルの醸造シロップを使用していて、とても美味しいですよ。

 家庭的な雰囲気の21工房でぜひ酢ダレ涼麺を食べてみてくださいね。酢の醸造に熱心だったお父さんは亡くなられてしまいましたが、その情熱は笑顔あふれる二人の娘さんが受け継いでいます。リーズナブルで美味しい天然ものにこだわった良質な食が、健康を気遣う心を満足させてくれますよ。
(記者:Eleanor)

地図

【21工房 華陰店】
住所:台北市華陰街97號
電話:09-1414-4914
営業時間:月曜日~日曜日 10:00 - 21:00
定休日:無し
交通:MRT台北駅1番出口から徒歩約5分
URL:https://www.facebook.com/goodnaturefood/timeline

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る