2014年7月9日

レトロなデパートが復活 林百貨店

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
建物の外観

建物の外観

1階の特産品売り場

1階の特産品売り場

2階のデザイン雑貨売り場

2階のデザイン雑貨売り場

林咖啡

林咖啡

 2014年6月14日、台南の歴史に新たな1ページが刻まれました! 1年ほど前に修復工事が終了し、館内が公開されていた台南の名所「林百貨店」がこのたび、デパートとして営業を再開しました。

 6階建てのデパートは、館内の内装、エレベーター、店員さんの制服など、当時のレトロモダンな雰囲気が残されています。そして各フロアには、台南をテーマとした商品が所狭しと並べられています。一度に入場できる人数に制限があるため、混雑時は入場待ちとなりますが、その分入場してからは、ゆったりと買い物を楽しむことができますよ。

椪餅

椪餅

合成帆布行の書包

合成帆布行の書包

林百貨手拭巾

林百貨手拭巾

レトロなポスト

レトロなポスト

 デパートの顔ともいえる1階には、お茶やポークジャーキーなど、台湾の特産品が並んでいます。売り場の真ん中でとても目を引くのは「椪餅(ポン菓子/40元)」で、「林」の刻印がレトロでお土産にもぴったりです。

 2階は「台南グッドデザイン」のフロアで、デザイン雑貨店とお茶屋の「奉茶」が入居しています。ここでは台南をテーマにデザインされた商品が数多く取りそろえられています。台南の帆布の老舗、「合成帆布行」が林百貨をモチーフにデザインした「書包(ショルダーバッグ/480元)」は要チェックですよ。

 3階は、洋服やアクセサリー、靴などのファッションフロアになっています。ゆったりとしたBGMに包まれて、のんびりショッピングを楽しむことができますよ。林百貨をモチーフにした「林百貨手拭巾(オリジナル手ぬぐい/300元)」もありました。記念に一枚いかがですか。

 かつて「流れる籠」と呼ばれ重宝されたエレベーターで4階に上がると、そこにはコーヒーのいい香りが漂っています。ショッピングに疲れたら、ここの「林咖啡」で一息いれるのもいいですね。4階フロアには、他にも台南関係の本を多く取りそろえた本屋やCDショップ、展示スペースがあります。

 5階はレストラン横に開放的なテラスが広がっています。更に階段を上って6階に上がると小さなお土産屋さんがあり、台南や林百貨をモチーフにしたグッズが販売されています。オリジナルポストカードを買って、外のレトロなポストに投函する事もできますよ。

 長い間同じ場所に建ち、台南の街の移り変わりを見てきた「林百貨店」。当時の面影を残すデパートは、これからも多くの人を楽しませてくれることでしょう。
(記者:YUKO)

地図

【林百貨店】
住所:台南市中西区忠義路二段63號
電話:06-2213000
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
交通:台湾鉄道台南駅から徒歩約15分
URL:http://www.hayashi.com.tw/

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る