2014年1月22日

野菜をあてに酒を飲む 野菜家

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。

[日本語]  
お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

整個牛番茄奶酪燒

整個牛番茄奶酪燒

香草煎鶏腿

香草煎鶏腿

ベジフルドリンク

ベジフルドリンク

新鮮な野菜

新鮮な野菜

 2013年11月1日、日本人向けの飲み屋街といわれる林森北路に日本人オーナーの居酒屋がニューオープンしました。子供の頃からお母さんが作る豊富なレシピの野菜料理を食べてきたオーナーは、旅行で訪れた台湾に惹かれ、台湾でお店を開きたいと思うようになったそうです。その後、日本でのサラリーマン生活に終止符を打ち、数ある食材の中でも野菜にこだわり、野菜をアレンジして提供する「焼野菜ばる野菜家」をオープンしました。「ばる」とはスペイン語で「気軽に立ち寄れる酒場」という意味で、オーナーの人懐っこく心和ませる笑顔に魅せられ、つい長居してしまう常連客も少なくありません。

 お店に入ってまず目に飛び込むのは、カウンターに盛られた数種類の野菜。大葉やししとう等、入手困難な野菜以外はほとんどが台湾産です。仕入れ業者が質の悪い野菜を持ってきたら遠慮なく突き返すというオーナーのこだわりは、サンプルかと目を疑いたくなるほど色艶がよく、しっかりした野菜からも伝わってきます。

 「野菜をあてに酒を飲む」をモットーにするお店のイチオシのメニューは「整個牛番茄奶酪燒(トマトの丸ごとグラタン/200元)」。名前の通り完熟トマトを丸ごと1個使用しています。ベーコンと玉ねぎで炒めたライスにくり抜いたトマトを加え、それをトマトの器に移しチーズをのせ、こんがり焼いています。新鮮なトマトは味が濃く、伸びのいいチーズとの相性は抜群ですよ。

白蘿蔔牛肉味噌

白蘿蔔牛肉味噌

樽格納式ビールサーバー

樽格納式ビールサーバー

紫蘇モヒート

紫蘇モヒート

 店名は「野菜家」ですが、ベジタリアン料理のお店ではなく、お肉や魚を使ったメニューもありますよ。「白蘿蔔牛肉味噌(大根の牛肉味噌のせ/160元)」は年配の方に大人気の一品。二日かけてゆっくりじっくりとホロホロになるまで煮込まれた大根は、お箸がすっと入るやわらかさです。口の中で肉味噌と大根がじんわりと一体化する感覚がたまりません。食材が新鮮だと一つ一つの味がとても優しく感じられるんですね。「香草煎鶏腿(鶏ももの香草ソテー/220元)」は、パリッと焼かれた鶏もも肉の上に、みじん切りにした玉ねぎとトマト、イタリアンハーブを加えたソースがのっています。ほんのり酸味のあるソースでさっぱりといただけます。

 ドリンク類も豊富で、野菜家特製の「健康飲料(ベジフルドリンク/160元、アルコール割り/200元)」は、赤と緑の2種類があります。赤にはトマト、いちご、クランベリーなど、緑にはキウィ、アボカド、りんごなどが入っている野菜とフルーツ100パーセントのミックスジュースです。お酒で割っても、そのままストレートでも、すっきりとした爽やかな後味です。野菜や果物には、ビタミン類やファイトケミカルが多く含まれているので、アンチエイジング効果もあるそうですよ。

 また、生ビールは通常のビールサーバーと違い、樽を冷蔵庫内に格納して冷やすタイプなので、キンキンに冷えた生ビールを飲むことができます。味の違いは、暑い台湾の夏こそ顕著に現れるそうですよ。お店のオリジナルカクテル「紫蘇モヒート/150元」は、ミントの代わりに紫蘇の葉(大葉)を使用しています。北海道産の紫蘇焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」をベースにし、清清しくさっぱりとした飲み口で、最後にほのかに優しい紫蘇の香りがします。

 オーナーは、お客がドアを出て帰る時、来た時より少しでも幸せになっていてもらいたいと願っています。そんなオーナーが作る真心のこもった「酒のあて」で、ほっこりとした夜を楽しんでみませんか。
(記者:Anela)

地図

【野菜家-yasaiya-】
住所:台北市中山區林森北路119巷74號
電話:02-2541-9068
営業時間:18:00-AM1:00
定休日:日曜日
交通:MRT中山駅から徒歩約15分
URL:https://www.facebook.com/yakiyasaibar
近くのスポットを検索

Loading...
矢印最近の記事 矢印全記事リスト 矢印旅々台北TOP

▲ページトップへ戻る