旅々台北.com台北日和

2013年5月30日

お酒を飲みながら台湾家庭料理を楽しむなら 大眾飯店

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の外観

お店の外観

鹽酥鮮蝦

鹽酥鮮蝦

烏骨鶏

烏骨鶏

牛肉燴飯

牛肉燴飯

食事にも酒のつまみにもピッタリ

食事にも酒のつまみにもピッタリ

店内の様子 大眾飯店は旧中條通(南京東路一段132巷)と旧六條通(林森北路107巷)の十字路にお店を構える40年以上の歴史ある台湾家庭料理のお店です。メニューは台湾の家庭で作られている定番料理が多く、台湾の家庭的な味を求めて地元民はもちろん、多くの日本観光客やビジネスマンが訪れることでも有名なお店なんですよ。また、お酒を飲みながら食事をする人達が多く、おつまみも豊富に取り揃えています。

調理の様子 オーナーの呉さんはお店で取り扱う食材にとてもこだわっていて、海産物は毎朝市場でその日に取れた新鮮な物のみを仕入れていて、お店の代表的メニューである鳥骨鶏は契約農場からその日に使用する分のみを毎朝卸してもらっているそうです。当日仕入れたものはその日の内に使用して、次の日に持ち越さないのがお店のこだわりなんですよ。

 「鹽酥鮮蝦(蝦の塩コショウ炒め/200元)」は取材日のおすすめ食材の新鮮なエビに、葱、ニンニク、唐辛子を入れ塩とコショウで味付けをして強火で炒めたシンプルな料理です。エビの殻がパリッパリですのでそのまま食べられ、少し濃い目の味付けがおつまみにぴったりです。炒筍子今が旬の筍を使った「炒筍子(筍とブタ肉炒め/100元)」は筍、豚肉、葱を豆豉、唐辛子、醤油で炒めた料理です。やわらかい筍と豚肉の相性が良くご飯にもお酒にも合う料理です。お店の看板メニューである「烏骨鶏(350元)」は、烏骨鶏を鶏がらから出汁を取った高湯でじっくりと蒸して、高湯の旨みと香りを染み込ませています。柔らかい鶏肉の食感とジューシーさが味わえる一品です。ピリ辛の唐辛子醤油をつけて食べてくださいね。鹽酥鮮蝦と炒筍子、烏骨鶏は時価で、日によって料金が異なるので、お店で確認してくださいね。

蛤仔湯 がっつり食べたい時にはボリュームたっぷりの「牛肉燴飯(牛肉あんかけご飯/90元)」がオススメです。下味をつけた牛肉と青菜を、高湯と醤油で味付けをして片栗粉でトロミを付けてご飯にかけます。濃い目の味つけがご飯との相性抜群です。これにさっぱりした味わいの「蛤仔湯(蛤と生姜スープ/40元)」を付ければ、お腹一杯になりますよ。

 大眾飯店はお店の名前どおり大衆店ですので値段もとても良心的でお財布にも優しいですよ。台湾の家庭料理を味わいに一度訪れてみてはいかがでしょうか。
(記者:kura)

【大眾飯店】
住所:台北市林森北路107巷49
電話:02-2521-1766
営業時間:11:30-AM1:00
定休日:無休
交通:MRT中山駅より徒歩10分
近くのスポットを検索