旅々台北.com台北日和

2013年4月25日

とんこつ入りの麻油鶏で夏バテ対策! 泓鼎小吃

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
麻油鶏

麻油鶏

麻油麺線

麻油麺線

生炒花枝羹

生炒花枝羹

お店の看板

お店の看板

多くのお客さんから愛されてるお店 4月も下旬ともなれば台北はそろそろ初夏の装いを感じ始め、気温が30℃近くなる日も増えてきます。暑い暑~い夏本番を迎える前にしっかりと体力をつけておきたいものです。そんなときにおすすめしたいのが麻油鶏。台湾では特に産後の女性が食べると良いとされ、また体の芯から温まることから冬に好んで食べられることが多い食べ物ですが、栄養たっぷりのスープは体力をつけたいときにも最適ですよ。

 通化夜市で30年営業している老舗・泓鼎小吃の「麻油鶏(100元)」は、とんこつから取った出汁を使っているちょっと変わった麻油鶏です。しっかりと油で揚げたショウガと大ぶりの鶏肉を黒ごま油で炒め、そこに毎日新鮮なとんこつを仕入れて作った出汁とその他の調味料を加えます。できあがりはごま油のこうばしい香りが漂いますが、乳白色に近いスープなので一見麻油鶏には見えません。スープはさっぱりとして、とんこつのコクと鶏肉の旨みがバランスよく混ざり合い、表面にほんのりと油は浮いていますが、しつこさがないのでぺろりと完食できてしまいます。店内の様子もう少ししっかり食べたい人には「麻油麺線(35元)」がおすすめです。こちらは鶏肉は入っていませんが、たっぷりの台湾風素麺がスープの旨みを吸いこんで、見た目以上の食べ応えがありますよ。その他「生炒花枝羹(イカ入りスープ/65元)」は、こちらにもとんこつの出汁が使われているお店自慢の料理の一つで、イカがたっぷり入っていて人気があります。

 麻油鶏は脂っこいし、お酒のにおいもきついのでちょっと苦手と言う方は、ぜひ泓鼎小吃の麻油鶏を食べてみてください。実は、私も麻油鶏は元々ちょっと苦手だったのですが、ここの麻油鶏はそういったイメージを一掃してくれますよ。さぁ、夏が来る前にしっかりと栄養補給をしておきましょう!
(記者:Say)

【泓鼎小吃】
住所:台北市大安區臨江街83號
電話:0921-951-705
営業時間:17:00-AM1:00
定休日:無
交通:MRT六張犂駅からタクシーで約3分
URL:http://www.facebook.com/pages/%E6%B3%93%E9%BC%8E%E5%B0%8F%E5%90%83/201175773279134
近くのスポットを検索