旅々台北.com台北日和

2013年2月19日

安さもうまさもサービスも100%! Mr.拉麺

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
Mr.拉麺

Mr.拉麺

ステンレス製の器に蓋付スタイルのラーメン

ステンレス製の器に蓋付スタイルのラーメン

ゴマプリン

ゴマプリン

細麺でもつまみやすいトルネード箸

細麺でもつまみやすいトルネード箸

お店の外観 台湾大学のある公館商圏エリアにはファーストフードやカフェ、小吃店、レストランなど様々なお店が所狭しと建ち並んでいます。「Mr.拉麺」はそんな飲食店の激戦区ともいえるエリアで、食事時には常に満員となるほどの人気を博しています。

 人気の秘密は、なんといってもお手軽価格で本場のとんこつラーメンが味わえるということ。近年、日本のラーメンブームに沸く台湾で、とんこつラーメンが1杯99元から食べられるのですから驚きです。安くても味と品質には絶対の自信を持っていて、手間を惜しまず14時間じっくり煮込んだスープ、視好蛋という濃厚でしっかりとした黄身が特徴の高級卵を使用するなど、全ての食材においてこだわりをもっています。できあがったラーメンは少しでも冷めないように、また虫などが入り込まないようにと言う気遣いから蓋をしてテーブルに運ばれます。ラーメンの器は銀色に光る新潟県燕市で一つ一つ手作りされているステンレス製のものを使用しています。運ばれてきた瞬間、ちょっとびっくりしてしまったのですが、実はこの器は2重構造になっていて外側は触れても熱くなく、でもスープは冷めにくいので最後まで熱々のスープがいただけるという優れものなんです。それから箸もらせん状に溝があるトルネード箸というもので、挟んだものが滑りにくく、麺類を食べるには最適なもので、サービスにも妥協がありません。

店内の様子 ラーメンの蓋を開けるとフワッと良い香りが漂います。クリーミーでしっかりとコクがあるのに、とんこつラーメン特有の臭みはなく、後味がすっきりとしたスープに細麺が良く絡みます。視好蛋を使った味玉もトロリとした半熟加減が絶妙です。「Mr.拉麺」の特徴はスープの濃さと麺の固さを選べることで、台湾人の方はやはり薄味を好む方が多いようです。メニューには3段階の濃さが表記されていますが、もっと濃い目がお好みの方は注文時に言えば対応してくれます。また最初の替え玉はなんと無料という、うれしいサービスもありますよ。平日に限り同料金のものを2つ注文すると2つ目は15%引きになるサービスも行っています。食後にはゴマの風味と旨みがぎゅっと詰まったゴマプリン(39元)はいかがですか?一日に多いときでは70個以上も出るという人気デザートです。

店内の様子 一度聞いたら忘れられない「Mr.拉麵」と言うインパクトのある名前、元々は台北駅付近にも1店舗を構えていましたが、あまりの忙しさに人手も食器類も足りなくなってしまうほどで、苦渋の決断で公館店1店舗に集中したとのこと。それほどの人気店に、足を運ばないわけにはいきませんよ!
(記者:Say)

【Mr.拉麵】
住所:台北市中正區羅斯福路三段284巷11號
電話:02-2367-9060
営業時間:11:00-21:00
定休日:無
交通:MRT公館駅4番出口から徒歩5分
URL:http://mister-ramen.com/
近くのスポットを検索