旅々台北.com台北日和

2012年11月8日

台南の名物小吃 集品蝦仁飯

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の外観

お店の外観

蝦仁飯

蝦仁飯

鴨蛋湯

鴨蛋湯

蛤仔湯

蛤仔湯

お店の前

お店の前

お店の入り口 台湾の古都である台南には歴史ある建物や文化が数多く残っています。古都らしいのんびりした空気と見どころが集まった街並みは歩いて散策するのにぴったりです。海安路には台南の獲れたての鮮魚が味わえるお店やカフェやパブなどユニークなお店が集まっていてます。その中で食事時にひときわ賑わっているお店が集品蝦仁飯です。

小菜 集品蝦仁飯はお店の前にもテーブル席があり早い時間から満席になっています。食事時にはテイクアウトする人の行列もできますよ。みんなのお目当ては台南の小吃の一つである蝦仁飯(45元)です。これは2010年の府城十大傳統美食(台南10大伝統美食)にも選ばれたことがある料理です。丼物のような外観で、ほんのり茶色のご飯の上にかわいいサイズの海老と葱が乗っています。普通のお茶碗サイズなので手軽に食べることができますよ。ご飯は雲林県の名産である西螺米にラード、かつお節で取った出汁と醤油のタレが混ぜられています。しっとりして鰹だしと醤油の甘めのご飯とプリプリの海老は日本人にも親しみやすい味わいです。

魚丸湯 鴨蛋湯(25元)も見逃せない人気のスープです。鰹だしのスープにふんわりと鴨の溶き卵が浮かんでいて、コクのある豊饒な味わいです。海が近いので海産物の入ったスープもオススメです。蛤仔湯(35元)はアサリ入りのスープ。ぷりっぷりのアサリと澄んだスープは濃い目の蝦仁飯と相性抜群。生姜の細切りがよりすっきりした後味を加えてくれます。魚丸湯(25元)もはじき返すような弾力感あふれる魚のつみれの味わい深いものになっています。店頭には野菜を中心とした小菜もあり、軽く1食でも、がっつり1食でも満足できますよ。
(記者:Charlie)

【集品蝦仁飯】
住所:台南市中西區海安路一段107號
電話:06-226-3929
営業時間:8:00-21:00
定休日:不定期
交通:台湾鉄道台南駅からタクシーで約10分
近くのスポットを検索