旅々台北.com台北日和

2012年9月7日

超~でかいちゃんぽん麺 張吳記什錦麺

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
超でかいちゃんぽん麺

超でかいちゃんぽん麺

お店の外観

お店の外観

店内の様子

店内の様子

香蔥去骨油鶏腿

香蔥去骨油鶏腿

 昔ながらのレストランはたくさんありますが、もう勘弁して~というようなお店は滅多にありません。あ、誤解しないでくださいね。このお店は決して変な食材が使われているのではなく、これってムリっというようなメニューがあるんです。それは、どんぶり1杯を10人で食べても食べきれないくらいの「超大碗公什錦麵(超でかちゃんぽん麺/599元)」。テーブルに運ばれてくると、あまりの大きさに周りの人も興味津々で集まってくるほどです。

手書きのメニューが店内を彩ります 食事時には必ず満席になる人気店、張吳記什錦麵はオープンして4年あまり。その場で調理する手作りのメニューはグルメな人々の舌を唸らせています。壁にはレトロな置物が飾られていて、まるで友達の家にいるような感覚で食事が楽しめます。オーナーは自ら厨房に立ち、おかみさんは親切におもてなしをしてくれ、にぎやかな雰囲気に包まれていて、地元の台湾人が食べる本場の台湾料理を味わいたいならここへ来れば間違いないですよ!

持ち上げる前に店員に許可をもらってくださいね 「超大碗公什錦麺」は大人一人がぎりぎりひと抱えられるくらいの大きなどんぶりを使っています。このどんぶりはおかみさんが市場で買い物をしているときに偶然見つけたものだそうで、笑いながら話してくれました。メニューに加えてからは1杯を10人前後で食べるお客さんが多い中で、一番すごかったのは若者が3人でペロッと食べきったこともあったそうです。ちゃんぽん麺はどんぶりが大きいだけでなく、豚レバー、豆皮、豚肉、肉団子、高野豆腐、青野菜、海老、イカ、かまぼこなどなど、海の幸と山の幸が10種類以上使われていて、本場台湾の麺の旨みが詰まっています。麺も特別に注文製造していて、スープを吸ってもモチモチさが失われることなく、喉ごしの良い食感です。

紅糟鰻 仲の良い友達同士なら通常サイズの什錦麵(ちゃんぽん麺)、米粉(ビーフン)、烏龍麵(うどん)/(それぞれ100元)を1杯シェアして、おかみさんおすすめの料理をいくつか注文するのもよいでしょう。「香蔥去骨油雞腿(鶏もも肉のネギかけ/300元)」は大きな鶏もも肉の骨を取り除いてから冷やし、たっぷりの宜蘭ネギで調理したもので、口の中にネギの香りが残るオリジナルのメニューです。「紅糟鰻(鰻の紅麹揚げ/180元)」は小骨が少ない虎鰻を厳選し、調味料に漬け込んだ後、油で揚げたもので、肉は風味良く骨はサクサクで、一度食べたら忘れられない味です。

入り口に並べられている食器 超ビッグなちゃんぽん麺は、もし一人で食べきったらもちろん無料だそうですよ!もしかしたら美味しくておかわりしてしまうかも・・・ありえない。
(記者:Akira)

【張吳記什錦麵】
住所:台北市北投區大業路280巷35弄2號
電話:02-2892-2207
営業時間:11:00-14:00 / 17:00-21:00
定休日:火曜
交通:MRT奇岩駅から徒歩約5分
近くのスポットを検索